公道カート シートベルト装着義務化へ

あんな連中の安全なんてどうでも良いですから、いっそのこと跳ね飛ばして死傷させても罪にならないくらいのドライバー側への配慮が欲しいところでしたね。子供のご機嫌取りのように「良い子だから怪我しないようにね~」って腫れ物に触るかのような安直な措置。尤もシートベルトが義務ではなかった事が今更ながらに驚愕ですよ。ホント整備されてない部分の法律って穴だらけにも程があります。歩いてて傍目で見る分には愉快なんですけどね。最初は自分も滑稽に笑ってはいましたが、事故報道やトラック目線であの低い車体を想像してみると…下手に追い越しかけてくるバイクよりもよっぽど恐ろしいものに見えますよ。本質的には歩きスマホで周囲の人間の方が気を使わされている現状と同じです。まだ最悪のスプラッター事故は発生していないようですが、派手に人生を破滅させられる人間が出てこないと本腰入れた対策は立てたくありませんかね?お役人さんは問題山盛りだろうと現状維持が可能ならば極力仕事しませんから。


人気ゲームのキャラクター等の衣装を着て走る公道カートの事故の増加を受け、国土交通省は、公道カートにシートベルトの取りつけを義務づけるなど、安全対策を取りまとめた。
外国人観光客らに人気の公道カートは、法律上の規定で、シートベルトの装着義務はなく、また車高が低く、周囲の車両から見えにくいことなどから、接触事故が相次いでいる。
これを受け、国交省は5日、公道カートにシートベルトを取りつけることや、ほかの車両から見えやすくするため、テールランプを地上から1メートル程度の高さに取りつけることなどを義務化する方針を決めた。
国交省は、2018年3月までに省令を改正する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。