宮沢りえ「不快な思いをさせたしまった方達、ごめんなさい」 アンチコメント殺到でインスタ閉鎖

一方的なストーカーならいざ知らず、相手の森田剛さんが選んだ人物と言うこと事実からも目を背けたいんでしょうかね?正直なところそれでファンとは笑わせます。この件に関して宮沢さんを否定するということは、即ち森田さんの感性や趣味嗜好に至るまで否定するに等しいって…まあ自身だけ秘匿防御に守られている立場で情報的に生身に等しい相手を傷つけてウサ晴らしてる連中には分からないのでしょうね。平たく言って醜い連中です。こんなのに限って「私の方が絶対良い!」とか考えているんでしょうかね?それとも誰かのモノになってしまうことが気に食わないと?ジャニーズはファンの質が悪い傾向にあるとよく耳にしますけど、仕事とは言え所属のタレントさんも苦労が尽きないですね。


 女優の宮沢りえさん(44)が2017年12月5日までにインスタグラムのアカウントを削除しており、ネット上で悲しみの声が広がっている。

宮沢さんはこの1年ほど「V6」森田剛さんとの「熱愛」を報じられており、これに反発する森田さんのファンが彼女のインスタに殺到していた。「不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさい」。宮沢さんは11月30日、最後にこんな長文の投稿を残した。

■今まで見て下さった皆様、ありがとう

宮沢さんは11月30日、花の写真とともに「このインスタを始めてどのくらいだったのかな。普段、ファンの方と触れ合う機会が少ない私なので、こういう場を通して共有できる何かがあれば良いな。。と思って…」とインスタを更新した。その上で、インスタを始めた当初の思いを

「私は美しい言葉が好きです。美しい言葉に触れると幸せな気持ちになるし、心が前向きになれるから。私がインスタを初めたきっかけは、そういう想いでした」(原文ママ)

と明かした。

宮沢さんは続けて、

「今まで見て下さった皆様、ありがとう。みなさんのコメントに励まされたり微笑んだり楽しい時間でした。そしてその逆に不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさいね…そんな皆さんの言葉からも学ぶべきものがありました。人には様々なも想いや言葉や感情が溢れていることを改めて知ることが出来ました。感謝です」(原文ママ)

と投稿。

「私はこれからも、演じるという事を通して希望も絶望も表現できる役者を目指して、頑張ろうと想います。求めてくださる方がいたら、劇場で待っています…そこで心から分かち合うことが、私には1番合っているような気がします…今日も笑顔で過ごせますように…今まで本当に本当にありがとう」

と締めくくった。

宮沢さんはその後、12月5日現在までにアカウントを削除している。

「大人気ないと思う」「剛くんファンじゃない」

宮沢さんがこうしてインスタをやめたきっかけは、「V6」の森田さんのファンがコメント欄で批判の声を上げたからではないか、との臆測が広まっている。

宮沢さんと森田さんは2016年10月の「週刊新潮」で熱愛を報じられた。一部週刊誌はその後も沖縄旅行や舞台観劇のデートを報じ、2017年末に結婚するとの観測まで打ち出した。

一方でネット上には、宮沢さんが11月下旬に森田さんが主演する舞台「すべての四月のために」を娘と観劇していた様子を目撃した、との書き込みが流れた。これが森田さんのファンを激怒させ、宮沢さんのインスタに誹謗中傷の書き込みが集まったとみられる。

ツイッターなどネット上では、ファンならこうした行動を慎むべきだとして、

「宮沢りえさんのインスタに舞台行ったからって嫌なコメントするのは大人気ないと思う」
「宮沢りえさんのインスタに誹謗中傷のコメントを書き込んだV6ファンがいるようですが、同じファンとしてとても悲しいです」
「宮沢りえさんのインスタに、愚痴書く剛くんファンは剛くんファンじゃないあそこまで言う必要ないやろ最低」

との意見が多数上がっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。