ターン制を採用した高難易度の新作サバイバル『Overland』のファーストアクセスが配信開始

overland米国のテキサス州に拠点を置くインディーデベロッパーのFinjiは、同社がPC向けに開発を手掛ける高難易度の新作サバイバル『Overland』のファーストアクセス版を2016年4月20日よりitch.ioにて20ドルで配信を開始しました。本作は、崩壊後の北アメリカ大陸を舞台に過酷なサバイバル生活を送るシミュレーションゲームであり、ジオラマのようなビジュアルと高難易度なバランスを特長としています。

『Overland』は、Adam Saltsman氏とRebekah Saltsman氏という夫妻によって、2006年にアメリカ合衆国のテキサス州に設立されたゲームスタジオのFinjiが、2013年よりPC向けに開発を手掛ける新作サバイバルシミュレーションゲームです。本作は、崩壊した北アメリカ大陸を舞台に、プレイヤーは車に乗って自由に横断しながら、さまざまな生存者達とともに過酷な世界で生き延びることを目的としています。サバイバルの舞台となるマップは、毎回自動で生成されるほか、イベントの発生やアイテムの配置なども全てランダムで決定されるローグライク方式になっています。

また、この世界には人間を襲う巨大な虫や謎のクリーチャーなどが存在するため、自分の身を守るために武器や防具になりそうな物を探さなくてはいけません。さらに、広大なアメリカ大陸の移動に必要不可欠な車がガス欠になってしまった場合、待ち受けるのは絶望だけであるため、乗り捨てられた車を見つけたらガソリンも忘れずに確保する必要があります。

なお、本作はターンベースが採用されており、敵との戦闘だけでなく移動や探索など、さまざまなアクションを起こすには毎ターン各キャラクターに与えられるポイントを消費して行います。さらに、プレイヤーが何れかのアクションを起こすたびに敵も何かしらの行動を同時に行う『XCOM』シリーズのような方式であるため、常に敵の動向を予測しながら慎重に動かなくてはならず緊張感のあるゲームプレイを実現しています。例え敵が周囲にいない状況であっても慎重なプレイを心掛ける必要があり、一定の行動を起こすと突如として敵が出現するといったケースもあるため一瞬たりとも油断することは許されません。

戦闘においても非常に戦略性の幅が広いデザインになっており、装備した近接武器や銃火器などでただ敵を攻撃するだけでなく、ガソリンを撃って爆発を引き起こすなど周囲の環境を利用した戦術や、相棒となる主人公の愛犬に命令して連携したりといったことも可能です。なお、『XCOM』シリーズと同様に死んだ仲間を生き返らせる術は無く、一度失ったユニットはそのまま消滅してしまいます。また、乗車人数には定員が決められており、時には生存者を見捨てるといった苦渋の選択を余儀なくされる場面も存在します。マップは、いくつものエリアに分かれており、エリアを移動する際はキャンプを張って休息を取ることも可能です。このエリア移動のタイミングが攻略の鍵になっており、リスクを承知で一つのエリアを隅々まで探索して有益なアイテムを入手することを選択するか、強敵との遭遇を回避したりガソリンの消費を少なくするため早々にエリアを切り替えるかの判断が重要です。しかし、時間を掛けて探索した割りに大した成果が得られず無駄にガソリンを消費しただけだったり、先を急ぐばかり準備を怠ってしまい思わぬ危険に遭遇した場合に対処する術が無く全滅するなど、そういった悲惨な状況に陥らならないよう注意しなくてはなりません。

常に危険と隣り合わせとなる高難易度で歯応えたっぷりな『Overland』は、現在ファーストアクセス版がitch.ioにて20ドルで販売が開始されています。

overland001 overland002
overland003 overland004

  • このエントリーをはてなブックマークに追加