闇に包まれた不気味な町を舞台にした新作ホラーゲーム『husk』のティザートレイラーが公開

husk4人の情熱的なゲーマーによって、2014年に設立された新興インディーデベロッパーのUndead Scoutは、同社とIMGN.PROが共同で開発を手掛ける新作ホラーゲーム『husk』を発表し、またそれと同時に本作の舞台となる闇に包まれた不気味な街並みを紹介するティザートイレラーを公開しました。なお、本作の発売時期や対象となるプラットフォームは現時点ではまだ発表されていません。

『husk』は、2014年にポーランドに設立されたばかりの新興インディーデベロッパーであるUndead Scoutと、ソ連時代の不可思議な事件として有名な”ディアトロフ峠事件”をテーマとして扱った探索型のホラーアドベンチャーゲーム『Kholat』を、2015年6月10日にリリースした同じくポーランドのインディーデベロッパーであるIMGN.PROが共同で開発を手掛ける新作ホラーゲームです。本作は、物語を主軸に置いた一人称視点のサバイバルホラーであり、闇に包まれた町”Shivercliff”を舞台に、Matthew Palmer(マシュー・パーマー)が未来へと進みために、内なる悪魔と彼の身に起きたとある過去と戦う物語が描かれているようです。また、サバイバル要素や十分に熟達したストーリーのほか、銃や近接格闘による戦闘、そしてティザートレイラーで紹介されている通り、不気味な雰囲気を持ちつつも不思議な魅力がある町並みを特長としているとのことです。なお、本作がリリースされる時期や対象となるプラットフォームは現時点ではまだ明かされていません。

husk001 husk002
husk003 husk004

  • このエントリーをはてなブックマークに追加