全世界で大人気のオープンワールドRPG『フォールアウト 4』がMod対応に向けてついに始動

fallout4logo米国のゲーム会社であるBethesda Softworksは、同社がPC/PS4/Xbox One向けに開発を手掛け、海外では2015年11月10日、国内では同年12月17日にリリースした全世界で大人気のオープンワールドRPG『フォールアウト 4』(Fallout 4)において、公式のMod作成ツールとなる「Creation Kit」を海外向けに配信し、PC版にて本ツールのベータテストを開始したことを発表しました。

「Creation Kit」は、2015年にPC/PS4/Xbox One向けにリリースされた全世界で人気のRPGシリーズ最新作『フォールアウト 4』(Fallout 4)の公式Mod作成ツールであり、2016年4月27日より海外向けに配信が開始しPC版にてベータテストが開始されました。本ツールを使用することで、新規エリアやキャラクター、セリフに装備品などあらゆる要素を新たに自由に作成することが可能です。また、本ベータテストにはPC版『フォールアウト 4』を所有しているプレイヤーなら誰でも参加することができ、Steamのゲームライブラリにある本作を右クリックしてプロパティを開いてから、ベータタブにある「beta – 1.5 Update」を選択することで参加できます。さらに、ゲーム内の管理メニューからModの検索や取得を行うこともできるようになっています。なお、他のプラットフォーム版におけるMod対応は、順次対応されていく予定であり、Xbox One版は5月、PS4版は6月が予定されています。

これまでも、『フォールアウト』シリーズや本作と同様にBethesda Softworksが開発を手掛ける『The Elder Scrolls』シリーズのPC版において、新規エリアや新ストーリーなどを追加する大型Modから、さまざまなパロディネタを扱った面白い系まで、多種多様なModがユーザーによって作成され大変な盛り上がりを見せて来ました。そして、最新作『フォールアウト 4』では、PC版だけでなくPS4/Xbox One向けにもModに対応させることが伝えられており、今回のPC版における「Creation Kit」のベータテスト開始によってついにMod対応が本格的に始動しました。

また、『フォールアウト 4』はPC/PS4/Xbox One向けに公式より3種の有料DLC(ダウンロードコンテンツ)の配信が予告されており、すでにDLC第1弾「Automatron」が2016年3月24日に、DLC第2弾「Wasteland Workshop」が同年4月12日に配信されています。さらに、5月には『The Elder Scrolls IV: Oblivion』の有料DLCで追加された新規エリア”Shivering Isles”よりも広大な新規エリアが追加されるほか、新たな派閥クエスト、居住地、クリーチャー、武器、ダンジョンなどが追加され、バレンタイン探偵事務所からの依頼を通じて新たな物語が描かれるDLC第3弾「Far Harbor」の配信が予定されています。なお、これら3種のDLC以外にも新規コンテンツの追加が予定されており、『フォールアウト 4』の盛り上がりは衰えるどころか、これからもまだまだ続いていきそうです。

fallout4_ss_001 fallout4_ss_002
fallout4_ss_003 fallout4_ss_004
fallout4_ss_005 fallout4_ss_006
fallout4_ss_007 fallout4_ss_008

  • このエントリーをはてなブックマークに追加