森の中に佇む不気味な廃校を探索する新作ホラーゲーム『Left Alone』が4月28日より配信開始

left_aloneインディーデベロッパーのVolumetric Gamesは、同社がPC向けに開発を手掛ける新作ホラー『Left Alone』をSteamにて2016年4月28日にリリースすることが決定したと発表しました。また、それと同時にゲームプレイ映像を収録したローンチトレイラーも公開されています。本作は、森の中の廃校を舞台にしたホラーアドベンチャーであり、2015年1月にSteam Greenlightを通過しています。

『Left Alone』は、インディーデベロッパーのVolumetric GamesがPC向けに開発を手掛ける新作ホラーゲームであり、森の中に佇む廃校を舞台にした一人称視点のアドベンチャー作品です。主人公のJoel Dentは、元軍人で最近離婚をしてしまったことにより落ち込み、気を紛らすために週末に親友とキャンプに出かける計画を立てる。そして、訪れたウィスコンシン州の森の中で廃校を見つけ、誘われるように中に入ってしまうが、そこには恐ろしい過去が隠されていた。プレイヤーは、廃校の中やハイキングコースなどさまざまなエリアを探索しながら、当時その学校に通っていた生徒のノート、または訪問者が残した記録などを発見し、そのヒントを手掛かりにパズルを解きながら失踪してしまった友人の跡を追うことになります。

廃校に漂う不気味な雰囲気、一人で探索しなくてはいけない孤独感、そこに待ち受ける得体の知れない恐怖、そして友人を捜索しながら少しずつ明らかになっていく真実など、素晴らしい没入感に満ちたホラーゲームに仕上がっているとのことです。『Left Alone』は、2016年4月28日にSteamにてリリースが開始される予定です。

left_alone001 left_alone002
left_alone003 left_alone004
left_alone005 left_alone006
left_alone007 left_alone008

  • このエントリーをはてなブックマークに追加