未確認物体 一覧

日本航空ジャンボ機UFO遭遇事件

jal-ufo

それはそれは昔の話になるが1986年11月17日に日本航空の貨物機が、アメリカのアラスカ州上空で未確認飛行物体(UFO)に遭遇しUFOに追跡された事件。
ここ最近では何か事が起きる前後などでUFOの出現騒動があったりするが昔は頻繁に場所やタイミングに関係なく現れていたように思えます。

事件当日便はJAL1628便。アメリカアラスカ州のフェアバンクス上空の高度約10,000メートルを飛行中、遭遇したもの。
その時のUFOは両端にライトを点灯させた巨大な母船型のもので同機の寺内機長の証言では自機の大きさの3~4倍にも匹敵する巨大な球形だったという。
旋回して逃れようとした同機と併走するように移動して1時間弱の間追跡されていたようなのだ。機内の気象レーダーにはっきりと写っていたが
雲のような透明状のものとしてレーダー上では写しだされていたようだ。

事件当時のコックピットクルーは当時年齢47歳の機長である寺内 謙寿と副操縦士の為藤 隆憲39歳、航空機関士の佃 善雄33歳である。

この時のUFOは、米国連邦航空局(FAA)の地上レーダーと米軍のレーダー局からも捕捉されていて、刻々と占位を変えるUFOの相対方向を機長が報告する中で、
米軍のレーダー局からはそれに整合するレーダー反応が逐次報告されたのであった。
ただ、後述のキャラハン氏以外の証言で、レーダーには何も映っていなかったということである。
この会話において、管制局からは「調査のため空軍機の飛行を依頼するか」との提案があったのだが、
寺内機長は当該提案を断ったとされている。

この事件は、「機長の錯覚」として20世紀末頃まで人々の記憶から忘れら去られていたのだが2001年に専門関係者などがUFOや宇宙人に関する情報公開を目的とした記者発表会を開催し日航機長の報告を裏付ける証言が為されたこともあった。
またこの一件に関し、レーガン大統領はこのUFO遭遇事件の報道に関してマスコミに圧力をかけたといわれている。HAARPによる何らかの秘密実験との関連を指摘する説もある。

時が過ぎて忘れ去られてはいるがこの騒ぎも未だにどこか謎が残る事件だ。

関連映像
日航ジャンボ機UFO遭遇事件