2017年04月 一覧

美波ゆさ



途中でグダグダになったとしても巻き返せるのがプロフェッショナル。一番重要なのは見ただけで分かるヤル気ですね。

誰もが最初は希望と活気に満ち溢れ、心響きそうなコメントを残してくれるだけに、とりあえず新復興大臣のお手並み拝見といったところ。
1番復興させるための近道は無駄銭をなくす意味で東京五輪潰すことなんですけどね。もしくは費用算出に無駄議員を潰しまくるとあっという間に余裕が出来上がります。
あと地震大国…ってより災害大国になりかけているだけに復興してきたところに大打撃…なんてことが無い様に対策を見据えて欲しいところ。
ともあれ現状だと地道な努力しか無いでしょうけどね。まあ復興相そのものに関しては当人が強調するように、自ら被災者である人間の方が適任であるとは思いますよ。
不自由な点や苦労も理解できるでしょうし。
問題はこの「吉野正芳」氏が結局は人選ミスした安倍首相による起用だということ。今村雅弘前復興相もキレ気味だったりエヴァネクタイだったりと、妙な人物だったので不安は残りますね。


■今村氏発言「許せない」=吉野復興相が就任会見

 今村雅弘前復興相の辞任に伴い就任した吉野正芳復興相が26日午後、復興庁で就任記者会見に臨んだ。

 福島県いわき市出身の同相は、東日本大震災をめぐり今村氏が「東北で良かった」などと述べたことについて、「われわれ東北の被災地にとっては許すことのできない発言だ」と批判。自らも被災者だと強調した上で「本当に被災者に寄り添っていけるのは私だという自負を持っている」と語った。

 会見冒頭、吉野氏は震災による津波で自宅が半壊し、選挙事務所が全壊したと切り出し、「被災者の気持ちは誰よりもきちんと理解している」と述べた。今後に関しては「政府の一員として内部から被災者、被災地の声を届けていくのが私の大きな役割」との考えを示した。

 できるだけ早期に被災地を訪ねる意向を示し、「特に私の場合、福島にずっといたので岩手、宮城の全ての被災地は見ていない。復興の状況やこれからの課題について、現場を歩いて早急に把握し、対応していきたい」と述べた。 


「静岡県最後のコンビニです」 静岡県民の希望を一身に背負ったサークルKが話題に

あまりに意味不明さに、一瞬セブンの業突く張り本社の手によって経営オーナーが全員リタイアしたのかと思ってしまいましたよ。それだとしても直営店があるでしょうし、ローソンなど他のコンビニがないのも不可解。
進出して似た店舗だらけになるならいざ知らず、人が暮らして道路があるのに全く見当たらないってありえませんからね。沖縄ですらセブンは進出しようとしてるくらいですし。
ネタとしては特定の道を通ってきたドライバーに対して「最後の便利ショップですよ」って忠告の様なもの。どう見ても生き残り風にしか見えませんが。
問題は山梨県に入って次のコンビニまで何キロあるかと言うこと。実はそれほど危機迫るものかもしれませんけど、トイレ休憩は無難に済ませておくのが無難です。
それにしてもこの看板って反対側から見れば「静岡県最初のコンビニです」って表記されてるんでしょうかね?


 「静岡県最後のコンビニです」と書かれたコンビニの看板がTwitterで話題です。筆者は静岡出身なのですが、まさか少し帰省しない間に静岡のコンビニが絶滅寸前になっていた……?

一連のツイートを投稿したのは、Twitterユーザーのけいあんさん。最初の写真は2016年8月に撮影されたもので、「静岡にはもうこのコンビニしか残っていないのか……」とツイートしたところ、「なんてこった……」「もうここしかないのかよww」など大きな話題に。最後のコンビニが(ファミリーマートに統合された)サークルKというのがまた悲哀を誘います。

その後もけいあんさんは、ここを訪れるたびに写真を投稿。2017年3月には雨風の影響からか(看板が)倒壊寸前になっている様子を、2017年4月には(看板が)奇跡の立て直しに成功した様子をツイートしています。

ところでこのコンビニ、本当に文字通り「静岡県最後のコンビニ」なのでしょうか。けいあんさんによれば、この看板があるのは「サークルK 富士宮朝霧店」とのこと。ファミリーマート広報に問い合わせてみたところ、次のような回答をいただきました。

ファミリーマート広報:担当者に確認したところ、看板がいつからあるのかは不明ですが、少なくとも1年以上前には設置されていたとのことでした。「静岡県最後のコンビニ」というのは、もちろん「最後に残った1店」というわけではなくて、山梨県に向かう幹線道路沿いにあって、この先県内にはもう立ち寄れるコンビニがないため、このような表記をしているそうです。

――なるほど、(うすうす分かってはいましたが)「この先山梨県へ向かう道沿いでは最後」というのがこの看板の意味だったんですね。よかった、静岡県のコンビニはこれで最後じゃなかったんだ……!


田代マリ



内容を見ての当たり外れのギャンブルからの精神的外傷ならまだしも、普通の怪我は人生を破滅ないし遅れだせるだけですからね。

車って例え石ころでも空き缶でも、音がなるような衝撃があれば大抵本人が自覚できるようなもの。動物を撥ねてしまった人の話では、「明らかに生き物にぶつかったような生々しい感覚が運転席越しで分かった」と分かるくらいです。
自分も雪の日に停車中の車に滑ってぶつけてしまったことがありますが、それはそれは思い出したくもない衝撃。少なくともハッキリ音が聞こえるってことは、体感としてそれが伝わってきたはず。最低限、人間でなくとも公共物にぶつかったくらいには。
となると理解しての轢き逃げでしょうね。常識的には「車が傷ついたかも」ってだけでも降車して確認しますし、ただ事ではない衝撃だったら安否を気にするのが普通。
大方スマホ運転で落としたか飲酒で捕まるわけにはいかなかったってところでしょう。ともあれ運転に慣れきり油断したものの末路かと。


■重傷ひき逃げ容疑で女を逮捕 大阪府警泉大津署

 男性をはねてけがをさせ、そのまま逃走したとして、大阪府警泉大津署は26日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、大阪府泉大津市下之町のアルバイト、岸本庸子容疑者(59)を逮捕した。

 逮捕容疑は、25日午後7時55分ごろ、同市小津島町の路上で乗用車を運転中に、歩いていた同府岸和田市尾生町の会社員男性(34)を後方からはね、右足骨折などの重傷を負わせたにもかかわらず逃走したとしている。

 同署によると、岸本容疑者は「運転席に物を落として拾うときにドンという音を聞いたが、人とぶつかった認識はなかった」と話しているという。


白瀬ここね



醜態晒すにもドラマの様な演技ありきなら面白いものですが、リアルだとドン引きしますね。

アメリカ警察自体がだいぶ腐敗してるイメージですけど、シカゴ航空局も中々のクズっぷり。自らの行動が証拠として全世界配信されていると言う現状だとしても、まだ保身の為に嘘八百を並び立てるんですから。
そもそも不当の扱いに恐怖する大勢の目撃者の前で起こったこの事件。醜態を晒すほど自らの首を絞めると良い大人が分からないんですかね?現状フルボッコ態勢が整ってます。
アチラの警察って腕っ節が強ければオツムが足りなくても勤まるようで…どう逃げようったっても的を得すぎた弁護士による最後の一蹴が全て。これほど無意味な証言も類稀なものでしょう。
本来オーバーブッキングが国に認められた行為だとしても、交渉があり納得して降りて貰うのが利用契約と言うもの。決まらなかったからと身勝手に引き摺りだして良いものではありません。
この発言が流れた時点でユナイテッドの更なるイメージダウンは避けられないでしょうね。


■ユナイテッド乗客強制排除、「男性暴れた」と警官が証言

(CNN) 米ユナイテッド航空の国内便に搭乗した乗客が無理やり引きずり降ろされ負傷した問題で、対応に当たったシカゴ航空局の警察官がこの乗客について、両腕を激しく振り回すなどして暴れたと証言していることが26日までに分かった。情報公開法に基づき公開された事故報告書の内容から明らかになった。

この問題では今月9日、シカゴの空港でユナイテッド便に搭乗した乗客のデービッド・ダオ氏(69)が、オーバーブッキング(過剰予約)を理由に無理やり同機から引きずり降ろされた。

報告書は司法監視団体のジュディシャル・ウォッチが情報公開法に基づいて請求した。

報告書の中で対応に当たった警察官の1人、モーリシオ・ロドリゲス氏は、ほぼ他の乗客が証言している通りだとしながらも、同僚の警察官がダオ氏を座席から引き離そうとしたところ、ダオ氏は「両腕を激しく上下に振り回し始めた」と証言。もう1人の警官、ジェームズ・ロング氏も、「(ダオ氏が)こぶしを握って両腕を上下させた」としている。

ロドリゲス氏によると、ダオ氏は警察官に対し、攻撃的な態度で「私は降りない。金を払って乗ったんだ。逮捕されても構わない」などと怒鳴ったとされる。

一方、ダオ氏の後ろの座席に座っていた乗客の証言は食い違っている。この乗客はCNNの取材に対し、ダオ氏はけんか腰ではなかったと証言。2人目の警察官が来て降りるよう促されると多少興奮した様子だったが、声を荒らげることはなかったと話している。

複数の目撃者によると、ダオ氏が叫び声を上げ始めたのは、警察官がダオ氏を力ずくで座席から引き離そうとし始めた時だった。

ロドリゲス氏の報告によれば、座席から引きはがされたダオ氏が暴れて抵抗したために、警官が手を放し、ダオ氏が前のめりに転んで反対側の座席のアームレストに口の部分が当たったという。

機外へ引きずり出されたダオ氏は、搭乗ブリッジまで連れて行かれたが、そこで警察官を押しのけて再び機内に駆け戻ったという。ロドリゲス氏によると、ダオ氏は「私は降りない。殺すなら殺せ。家に帰りたい」と言いながら機内の柱にしがみついたとされる。

報告書に名前が出ている警察官4人はいずれも、騒ぎから10日以内に休職扱いとされた。

シカゴの警察組合はCNN系列局のWLSに対し、組合とシカゴ航空局が現在、この問題について調査を行っていると説明し、調査が終わるまでコメントは差し控えるとした。

ダオ氏の弁護士は報告書の内容について「情報源を考えれば何の意味もない」と一蹴した。


Amazonマーケットプレイスで「詐欺業者」横行…商品届かず、個人情報漏れる恐れ

数ヶ月延期された挙句、最終的には入荷できませんでしたでチョン切られましたよ!しかも食べ物だっただけに恨みが根深いものに…。
元々ツイッターで見た飯テロ元商品だった為に、注文が殺到したって可能性はありますが、待たされた挙句に蹴飛ばされるって怒り心頭です。唯でさえいつの間にやら消されてる偽商品とかありますからね。Amazon出品の審査や方法を見直すべきタイミングなんじゃないですか?
有名サイトに堂々と出張ってくる詐欺業者って意味分かりませんよ。レビューに明らかな商品詐欺とか不良品とか複数人で書き込まれてるケースとかありますし。
結局新製品やレビューのない品には手を出さず様子を見るのが賢い消費者の買い方です。急ぎでそれらの情報が足りない際には、せめて他の信用できる通販ショップか、倉庫管理と言う意味で信頼できる「Amazon発送」を利用するようにしましょう。


Amazonマーケットプレイスで注文した商品が届かないーー。昨年末ごろから、そんな詐欺業者によるトラブルが増えているようだ。購入代金はAmazonが返金してくれるが、氏名や住所などの個人情報が抜かれてしまうとして、消費者に不安が広がっている。

「マーケットプレイスで洗濯機や冷蔵庫が1円で売られている」。そんな情報がネットを飛び交ったのは4月21日のことだった。プロジェクターや絵画のレプリカなど、通常購入すれば、数万円するような品々もすべて1円。しかし、うまい話には裏があった。1円で売っていたのは、中国系の業者。この業者の商品は消費者のもとに届かないのだ。

約1900点の商品をすべて1円で出品していたのは、この日開店したばかりの「LINGX」というショップ。ショップの評価欄には「明らかな個人情報収集目的の詐欺業者」など、4月24日時点で50件を超える苦情が書き込まれている。商品が途中でキャンセルされたり、「中国発~ロシア着」など嘘の配達情報が送られてきたりするという。

この業者から商品を購入したあるユーザーによると、メールや電話で連絡がつかないため、Amazonのカスタマーセンターに尋ねたところ、「詐欺」とは明言されなかったものの、「アカウントに問題がある」として、「発送中」にも関わらず返金などの手続きを進められたという。

●Amazonユーザーには返金も…氏名や住所が抜かれる

昨年末ごろから、こうした怪しい海外業者が増えているようだ。Amazon出品者による掲示板「セラーフォーラム」には、「ここ半年、海外の新規業者が3~9割引きで人気商品を販売しています」などと問題視するスレッドが複数立ち上がっている。多くの場合、商品が届かなかったり、勝手にキャンセルされていたりするという。業者の狙いは、金を騙し取ることと、個人情報を得ることだと見られる。

Amazonから業者に代金が渡ることもあるが、ユーザーにとって金銭的な損害はほとんどない。「Amazon マーケットプレイス保証」を申請すれば良いからだ。これは30万円を限度として、Amazonが業者に代わって返金してくれるサービス。

むしろ、怖いのは個人情報の流出だ。Amazonカスタマーセンターによると、商品が届かない場合でも、業者にクレジットカードの情報が流れることはない。ただし、(1)購入者の氏名、(2)商品受取人の氏名、(3)商品の届け先、は業者に伝わってしまうという。「万一、個人情報の悪用による被害があった場合には、二次被害などを防ぐため、警察など第三者機関へご相談ください」(Amazonカスタマーサポート)

消費者問題にくわしい岡田崇弁護士によると、消費者に金銭的な被害がなく、相手が海外にいるため、消費者が業者を追及することは困難だという。

「サイトの安全性を高めるため、Amazonが何らかの対策をとるべきだろう。消費者も業者の評価を確認するなどが注意が必要だ。そもそも、個人情報が悪用されたり、商品が届かなかったりするリスクは、Amazonマーケットプレイスに限らず、すべてのネットショップにあることも忘れてはいけない」と話していた。


続出する痴漢疑われ線路逃走、過去には死亡事故も

以前「微物検査」と言う服の繊維から実際に触れたかの証拠とする。って話をしましたが、そもそも急場での弁護士ヘルプも含めて普段から意識的な対策を心掛けている人間じゃないと、「ドブ川人生」か「万が一の死」の二択に迫られたら大半が後者を選ぶんじゃないですかね。
なにせ冤罪により人格の否定から地位の崩壊。人生全てがお釈迦になる不条理。屍同然の状態で息して心臓が動いていれば良いってだけの明日よりも、危険ありきだろうと光を目指すはずです。
元より平和ボケした日本人。小島弁護士が述べるような「冷静な判断」なんてそうできるものではありません。あくまで現場にいない遠くから後出しの様に告げているだけ。
そのパニック状態で突如突きつけられる岐路なんですから、現状は仕方のないこと。
線路逃走でも問答無用で逮捕できるような環境を整えるか、周囲の人間が「加害者や被害者」を公平な目で判断するような世の中にならない限り進展はないでしょう。


 電車内での痴漢を疑われた人物が線路に逃走する事件が、再び発生した。25日午前8時45分ごろ、東京都板橋区のJR埼京線板橋駅で、男が線路に進入したと110番があった。直前に20代の女性が、電車内で男に痴漢をされたと訴えており、警視庁板橋署は都迷惑防止条例違反などの疑いで男の行方を追っている。

署によると、武蔵浦和発新宿行きの上り普通電車内で、体を触られていることに気が付いた女性が男の手をつかみ、板橋駅で男と降車した。その後、2人は口論になり、男は女性らの手を振り払い、ホームから下り線側の線路に飛び降り、線路を横断。線路脇の柵を乗り越え、線路敷地から出ると、その先のフェンスなどを越え、駅の西側に逃走した。

都内では3月以降、痴漢行為を指摘された男がホームから線路に逃走するケースが6件発生していた。痴漢が冤罪(えんざい)の場合、ネット上には逃げることを勧める記述もある。

しかし、鉄道に詳しく法曹レールファンクラブの幹事を務める小島好己弁護士(46)は「逃げる時に振り払ったり、人を突き飛ばしたりすれば暴行罪、線路に入れば鉄道営業法違反に問われる恐れがある」と指摘。「逃げずに、車内で犯人ではないと周囲に伝え、目撃者も探し、自分の身元、連絡先を示す。穏やかに対応し、可能なら弁護士事務所に電話するか、現場に来てもらうことを勧めます」と話した。

JRの線路を逃走する例は多く、過去には死亡事故も発生。電車にはねられたり、線路下の川に転落するなど、さまざまな危険が潜んでいる。痴漢の疑いから逃れるためとはいえ、あまりに無謀な行動だ。

<痴漢と指摘され線路に逃げた最近の事案(すべて平日)>

▼3月13日昼ごろ JR総武線御茶ノ水駅で20代の女性会社員に痴漢と言われた30~40代の男がホームから逃走

▼同14日午前9時ごろ JR埼京線池袋駅で、痴漢行為を指摘された40代くらいで身長165~170センチほどの男が逃走

▼同29日午後8時25分ごろ JR埼京線赤羽駅で女性に痴漢行為を指摘された男が逃走

▼今月5日午後9時40分ごろ JR埼京線板橋駅で痴漢行為を指摘された男が逃走

▼13日午前7時45分ごろ JR総武線両国駅で中2、高2の女子生徒から痴漢行為を指摘された身長160~165センチほどの男が逃走

▼17日午前9時40分ごろ JR埼京線新宿駅で、20代の女性に痴漢行為を指摘された30代くらいのスーツの男が逃走


西川ゆい



この世は色仕掛け以上にヤバイトラップは存在せず、法則や対処法が明確な分だけ日本の詐欺は対処が楽なんです。

中国じゃあるまいし銀行から偽札が出てくるとかありえないでしょう!…とか色々とツッコミどころがあるものの、とりあえず難しいことは考えず、お年寄りに徹底させるべきことはシンプルに一つだけ!変な電話があったら家族ダイヤルをプッシュ!警察からの訪問や電話があったら迷わず110番。
それが真っ当な警察官なら失礼にはならず、面倒だと思われつつも感心されるはずです。唯ですら判断能力の低下したご年配をターゲットにした劇場型詐欺って鉄板になってます。
ワンクッション置かれようが急かされようが、今回の様な偽装警察相手ならばその一手だけで済むのです。
最良の結果として連携することが出来れば、逮捕し他の被害を食い止められる可能性もあります。
これはターゲット層が定番になっているだけで油断しているとどの年代に矛先が向かわれてもおかしくないだけに、国民全員が意識しておくべきこと。


■「偽札かどうか鑑定する…」警察官だと名乗る男、現金約1140万円詐取 奈良県警が注意呼びかけ

 奈良県警は25日、同県天理市の無職女性(79)が警察官をかたる男に現金約1140万円をだまし取られたと発表した。県警は「不審な電話があれば相談を」と注意を呼びかけている。

 県警によると20日午前10時ごろ、女性方に県警の警察官を名乗る男などが「捜査で押収したリストにご主人の名前があった。口座のお金が引き出されるかもしれないので、早くおろした方がいい」などと電話。

 その後、再び警察官を名乗る男から「お金に偽札が混ざっている可能性があるので鑑定する。部下に取りに行かせるので渡してほしい」と電話があり、女性は同日午後1時ごろ、自宅に来た男に現金約400万円を渡した。翌21日にも同様の手口で現金約740万円をだまし取られたという。

 連絡が取れなくなったことを不審に思った女性が天理署に相談し、発覚した。


加藤えま



だからこそ他の狙いがあったとしても人間、タダに弱いんですよね。

商品額と言うのは単に製造コストだけではなく、著作権があるように、様々な人間の努力や成果に対して付けられたものなんです。
普段何気なく買っている商品だって、購入には自身が汗水たらして稼いだお金を支払っているという云わば対等交換になっています。言い換えれば各々が社会に貢献いている労力を交換するようなもの。
よって万引きとはそれらを全て踏み躙る行為であって、万引き教師のエスカレートや県教委の「複数回繰り返した行為は教師としてふさわしくない」発言など人として論外。最初の一回で人道を外れた人間失格です。
どの面下げて教鞭ふるっていたんだか。大人全員は例外なく子供の見本であって、教師とは家族の次に最も接点のある人間です。
単純に免職させるだけではなく、最後に朝礼台にでも立たせて全校生徒の前で詫びるくらいの制裁は必要。断頭台にも等しい場だろうと、責任取るってそういうことなんじゃないでしょうかね?


■スーパーで食料品を万引、小学校女性教諭を免職 兵庫県教委が懲戒処分

 兵庫県教委は25日、同県西宮市内のスーパーで万引を繰り返したなどとして、同市立今津小学校の女性教諭(25)を懲戒免職とするなど、教諭2人を懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、女性教諭は3月9日午後6時半ごろ、勤務後に立ち寄った同市内のスーパーで食料品など24点(約5千円相当)を万引したとして、同店の警備員に取り押さえられた。西宮署が今月12日、窃盗容疑で神戸地検尼崎支部に書類送検したという。

 県教委の調査に対し、女性教諭は昨年12月下旬以降、十回程度万引を繰り返したと説明。「回数を重ねるごとにエスカレートしてしまった」と話したという。県教委は「複数回も万引を繰り返した行為は教諭としてふさわしくない著しい非行」と判断。地方公務員法に基づき免職処分とした。

 一方、当時中学2年だった男子生徒の腹を殴ったとして、南あわじ市立中学校の男性教諭(49)を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にした。男性教諭は顧問を務める部活動の部員に対してふざけた別の部の部員の腹を4回殴ったという。

 県教委によると、この男性教諭は過去にも2回、体罰で訓告処分を受けていた。


復興相不適切発言 今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭

確かに正論ですよ。機能集中させすぎてますし政治機能も止まりかねません。日本としてみれば想定しうる最悪レベルではないでしょう。ただし、客観的に事象だけを眺め機械的に述べた、血の通ってない感想としてですが。
ほら歴史上での合戦や戦争を語る際に大体上がるのは有名人物やその発端に結果であって、巻き込まれた人々や住人なんて気にする人なんていないでしょう?何故って既に終わったことや所詮は他人事だから。
おそらく今村復興相はその感覚。だから素として自然出でた失言であり、暫く踏んだ地雷に気付くことも無かったのです。
少なくとも発端が自然災害と言う不条理に本気で胸を痛めているならば、あんな冷たい言葉は出てきませんって。
なので辞任なんて逃げ方は民意としては許される範疇にあらず。精神的に政界の椅子に座るに相応しくないってバレてしまったのですから。


 今村雅弘復興相は25日、辞任する意向を固めた。東日本大震災に関し「東北で良かった」と発言した責任を取った。今村氏は失言が相次ぎ、被災者らが反発する事態を重く見た安倍晋三首相による事実上の更迭で、後任の人選を急ぐ。後任の復興相は早ければ26日にも皇居で認証式を行う。

昨年8月に発足した第3次安倍再改造内閣で閣僚が辞任するのは初めて。平成24年発足の第2次安倍内閣以降では、昨年1月の甘利明前経済再生担当相以来、今村氏で5人目。

今村氏は25日、所属する自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災の被害に関し「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」と述べた。

今村氏は講演後、記者団に「私の大変不適切な発言で皆さんを大変傷つけたことを深く反省し、おわび申し上げる」と語った。

パーティーに出席した首相は「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。首相としておわびをさせていただきたい」と不快感を示していた。

今村氏は4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還について「自己責任」との認識を示し、謝罪、撤回したばかりだった。

今村氏の発言に対しては、野党だけでなく公明党も辞任を求めた。政府は今村氏を続投させた場合、国会審議が停滞し、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案などの成立が危ういと判断した。


中国人女性ギャンブラーが架空のバカラ必勝法ソフトに約240万円投じる…マカオのカジノ内で勧誘され詐欺被害

理屈の上では例え数度負けを被ったところでカモ候補を変えながら連勝するのを待つだけでお膳立ては完了。その上で的確なアドバイスが出来る実力が磨かれていれば尚良し。
実践における信憑性は思い込みには絶大でしょうし、目撃してなければ他のドラマなんて知りえません。あまり派手に動くと顔覚えられるかもしれませんけどね。
結局のところギャンブルの腕としても上手だっただけのこと。こんな金持ちだらけの舞台なら別の駆け引きがあっても可笑しくはありませんから。
ただ断言して「得をすれば一方で必ず損する者がいる」カジノに対して善意のみの聖人君子はいません。施設内の熱気にやられましたかね?
例え賭け事でなくとも儲け話を振ってくる人間はお尻から尻尾が生えてるような人種です。仮にその必勝法ソフトとやらに何らかの効果があるとしましょう。しかし彼はこう言っているのです。秘匿して永く使い続けるよりも「広まりバレて対策されようとも、貴女に売った方が儲けになる」と。
多分こういう詐欺師って遠くで獲物の人柄や成績を眺めてるんでしょうね。「あれならチョロそうだ」とか。


 マカオのカジノ施設内でギャンブラーに対してバカラ必勝法ソフトの存在をちらつかせ、合計15万人民元(日本円換算:約240万円)を詐取する事件が発生した。

マカオ司法警察局の発表内容によれば、今年(2017年)3月、マカオを訪れていた40代の中国人女性ギャンブラーが、カジノ内で知り合った男から海外の知人が開発したバカラ必勝法ソフトがあると声掛けされたとのこと。女性は男の話を信用し、4月12日にマカオで男と再会。男と複数のカジノのバカラテーブルを巡り、男はスマートフォンの画面を見るふりをしながら女性に指示を出していたといい、最初は複数回の勝ちがあったという。

同月15日、男からソフトのアップデート版をダウンロードするための資金を要求され、4万人民元(約64万円)を支払ったが、そこから3日連続で負けが続いた。その後、アップデートが完了できていなかったとして、再度11万人民元(約176万円)をオンライン決済サービスを通じて支払うよう要求され、これに応じたが、以降、次々と言い訳を述べたり借金の依頼をされたため、騙されたのではないかと疑うようになり、男に事情を聞こうとするも、ほどなくして連絡がつかなくなり、警察に通報するに至ったという。

司法警察局では、すでに捜査に着手しているが、容疑者逮捕には至っていないとしている。


1 2 3 4 16