2016年08月 一覧

武井もな



浮世離れした雰囲気に話題も困るでしょうが、最近では白熱しすぎて政治関連でもウケそうな気がしてます。

まさか都からの返還ってことはこれが小池氏の言う「舛添の追及」ってことじゃ…?まさかあの公約がこの程度の額を納めて終わるわけありませんよね!国民にはこの追求が他の政治家を巻き込んだ大騒動から腐敗への切り込みになることを期待してるんですから。まあまだ忙しい時期ではあるでしょうから、そちらまで手を伸ばしてる余裕は無いと思っています。ただ軽く済んだ久々の舛添騒動って内容が少々不安にさせられるわけですよ。今まで都民じゃなくとも様々な方の選挙で外面に騙され続けてきたのが今の日本国民ですから。因みに任期中の問題があって返還する騒動があったならば、その勤務態度による給料問題も根本から見直す必要があります。この件が舛添終了のお知らせ第一幕であることを期待します。


■舛添氏、都に費用返還=公用車不当利用の6万5000円

 舛添要一前東京都知事が家族同伴で野球観戦やコンサートに公用車を使った問題で、都が舛添氏に対し不当利用分の6万5029円の返還を求め、舛添氏が全額支払っていたことが30日、分かった。

 17日に返還請求したところ、19日に舛添氏から納付があったという。

 都が返還請求したのは、昨年8月18、29両日の東京ドーム(文京区)での野球観戦や、同12月23日にNHKホール(渋谷区)で開催されたコンサートでの公用車の利用。都監査委員が都財務局に今月末までに関連経費の返還を請求するよう勧告していた。

 対象経費は、自宅と目的地との行き来などに掛かった運転手の人件費やガソリン代などから算出した。


「侵略者日本の残虐暴いた英記者」 習氏が称賛、記事存在せず

例えそれが歪曲したものであっても、真実は一つとは限りません。むしろ多くの人が認めれば嘘であろうと真実となります。それが伝えられ続ければ何処にも嘘偽りなどなくなりますから。ただ実際その場で起こった事実は唯一つだけ。過去に起こった出来事の完全なる証明なんて無茶なことですから、しょせん大規模解釈するしかありませんけど、とりあえず違う真実が解明されたようでね。勝ち誇って竹槍突いて来たような歴史が捏造されたものだと発覚。まあ所詮ご都合主義国家ですからね。むしろ今更表沙汰になるとは驚き。嘆くべきは情報規制されてこの歴史も狂ったままってことです。


 【ロンドン=岡部伸】中国の習近平国家主席が昨年10月に訪英した際、第二次大戦で「侵略者日本の残虐行為を暴いた」と称賛した英国人記者が、所属していたとされる英新聞社に在職記録はなく、中国側が「日本の残虐行為だ」と主張する「南京事件」の現場にもいなかったことが30日までに明らかになった。

◆英女王に紹介

習氏がエリザベス女王主催の公式晩餐(ばんさん)会で取り上げたのは英国人のジョージ・ホッグ氏。「第二次大戦の際、記者として侵略者日本の残虐行為を暴く記事を発表した」と紹介した。

中国は2008年にドイツなどと合作で、ホッグ氏を主人公にした映画「チルドレン・オブ・ホァンシー 遥(はる)かなる希望の道」を制作した。この中でホッグ氏は赤十字職員と偽って南京に入り、中国市民を殺害する日本兵を写真撮影。日本兵に見つかり処刑される寸前に中国共産党の軍人に助けられる。

しかし、映画の原作となった『オーシャン・デビル』を執筆した英タイムズ紙記者のジェームズ・マクマナス氏は、「ホッグ氏の中国入りは1938年2月で、彼は南京に行っていない。映画は脚色され、事実ではない」と証言した。

◆在職記録なし

中国側が主張する「南京事件」は日本軍が南京を占領した37年12月13日から6週間程度。2月に上海入りしたホッグ氏が目撃するのは不可能だったというわけだ。

ホッグ氏は大学卒業後、英紙マンチェスター・ガーディアンやAP通信の記者を務めたとされている。ところが、産経新聞が後継紙である英紙ガーディアンに問い合わせたところ、ホッグ氏の署名記事はもちろん、在職記録もなかった。

AP通信やUPI通信には署名記事はあったが、紀行文などで「日本軍の虐殺行為を暴いた」という署名記事は見つからなかった。

マクマナス氏の著書などによると、ホッグ氏は上海入りした後、湖北省黄石市に移り、孤児施設で教師を務めた。中国の国民党政府軍が孤児たちを徴兵しようとしたため44年11月、孤児60人を連れてモンゴル国境に近い甘粛省山丹まで移動。戦火から子供たちを守った「中国版シンドラー」と評されている。

45年8月24日付のマンチェスター・ガーディアンによると、ホッグ氏は同年7月に破傷風で病死した。

ホッグ氏の両親からの依頼で死因を調べた在重慶英国領事館から英外務省に宛てた46年1月9日付公文書(英国立公文書館所蔵FO369/3426)は「ホッグ氏が校長を務めた山丹の学校教育が中国で最も素晴らしい教育の一つで、ホッグ氏が誠実に天職(教師)に尽くし、協同組合活動の指導者として修練を重ねる極めて良質な人物」と記している。


純名つらら



雰囲気的に地味かつ話題性も薄いものがデフォルトならば、くだらなさがあっても若干のお色気要素があったほうが好かれます。

NHKなんて建物壊してそのまま更地にされれば良いのに…と自分以外にも大勢の国民が思っていることでしょう。国民から強奪した受信料で儲けて今度は建て替え費用に使うわけです。まあ放っておいても甘い知る吸われてるわけですから、何に使おうが変わらないんですけどね。ただ費用が嵩むからより取立てがヤクザまがいになるって可能性は否めません。国営であるならば、投票にて必要不必要の是非を問うべきです。不要なものに損失を出させておいて不景気だとか税金が厳しいとか…一部の人間が得するシステムを作って搾取しているだけでは腐敗極まれりですよ。因みに自分は実家暮らしですが、ひとりきりになったらテレビは全部売るか捨てるかします。


■NHK建て替え費用1700億円 渋谷の放送センター

 NHKは30日、東京・渋谷の放送センターの建て替え計画が固まり、建設費は約1700億円になると発表した。2020年の東京五輪後に着工し、現在の敷地に地上18階建ての「制作事務棟」(高さ約90メートル)など三つのビルを順次、建設する。36年までにすべての工期を終える予定という。

 30日の経営委員会で了承された。新放送センターの延べ床面積は計約27万平方メートルで、現在より約4万平方メートル広くなる。スタジオなどが入る制作事務棟のほか、報道部門が入る「情報棟」(地上9階建て、高さ約40メートル)や展示施設などが入る「公開棟」(同4階建て、同約20メートル)を建設する。

 建設費は、11年から積み立てを始め、15年度末現在で約1627億円の残高がある「建設積立資産」などをあてる。NHKホールについては建て替えず、補修しながら現在の建物を使用するという。


北川瞳



記念すべき旅行ならば不安な動力で大空を羽ばたかれたくはないでしょう。

よし、このエンジンが搭載されたジェット機には絶対乗りませんよ!とりあえず大韓航空に対する警戒心が更にアップしました。当面の取引先になりそうですから。ともあれ絵面は美しくとも彼の国に抱く印象は手抜き。ないし儲け第一主義。少数精鋭の真っ当な信用置ける人間だけを集めた集団ならばありかもしれませんが、従業員10万人もいたらそこらじゅうでボロが出まくる未来図しか見えてきませんよ。まあ余所で滑った転んだをやってるだけならば構いませんが。


■中国航空エンジン集団発足、習主席「航空大国への布石」

【AFP=時事】中国は資本金数千億円規模、10万人近い従業員を擁するジェットエンジン製造グループ「中国航空エンジン集団(AECC)」を先週末、正式に立ち上げた。

 中国政府は、航空大国としての地位を確立し、ロールスロイス(Rolls Royce)や米ゼネラル・エレクトリック(GE)などと競合する道を探っている。

 AECCの資本金は500億人民元(約7750億円)。これまでの報道によると、航空機メーカーの中国航空工業集団(中航工業、AVIC)をはじめとする国有企業各社の子会社を合併する予定だという。

 国営新華社(Xinhua)通信によると、習近平(Xi Jinping)国家主席は、AECC設立は中国を航空大国の地位に押し上げ、軍の近代化を図る「布石」だと述べている。


県警、テント通り抜け 60人、隊列組み 市民反発「挑発だ」

根本的な部分としてテントのある土地自体が不法占拠なわけでして…別に誰が通ろうが、それこそ機動隊員だろうと問題にはなりません。よって単なる言いがかりに過ぎないという結論に達してますが…。パッとその時の写真を見ると、どう見ても機動隊員が悪事を働いている光景にしか見えませんよ。憤りや必死さが見えるテント民に対して通り抜け側の最低二人はニヤニヤ笑ってるんですから。どのような意図があったとしても、これを挑発として捉えないのは無理があるでしょう。イラッとくるくらい卑しい雰囲気です。なので個人的にはどっちもどっち。


【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、機動隊員約60人が30日午後、通称「N1裏」のテント奥の山林から現れ、建設に反対する市民らが設置しているテントの中を通り抜けて農道に出た。ビデオを撮影する機動隊員もいた。市民らは「テント撤去に向けた偵察だ」などと反発した。県警は本紙の取材に対して「(通り抜けは)ゲートから出るためだ。公務執行妨害などの事案に備えて撮影した」と回答した。

30日午後2時20分ごろ、沖縄防衛局が設置した有刺鉄線付きフェンス横の山林から県警の機動隊員が約60人現れ「一斉に、2列だ」「横に広がって、ゆっくり前に」などと声を掛け合って隊列を組み、市民らが設置していたテントに向かって進んだ。「挑発だ」「ゲートに帰れ」と反発する市民らに対し、リーダー格の機動隊員は「通るだけ」との説明を繰り返し、テント内を通過した。

通り抜けた後、機動隊は沖縄平和運動センターの山城博治議長に対し、「フェンスをたたく行為があるとの連絡が沖縄防衛局からあり、警戒のために来た。ゲートから出るために通った」と説明した。山城議長は「私たちはフェンスをたたいていない」としている。

機動隊が現れた時間帯に、市民らがフェンスに立て掛けていた脚立とそばに置いていたいすがフェンス内に持ち去られたが、同日中に市民らに返された。

一方、沖縄防衛局は30日午前10時から午前10時半ごろにかけ、N1地区ゲートにダンプカー10台で砂利を搬入した。さらに大型トラックでコンテナ2個を運んだ。コンテナの中身は不明。警察は東村高江の県道70号の3カ所で午前8時半ごろから約2時間にわたり車両の通行を止めた。


「独島は韓国固有の領土」裏付ける文献記録見つかる(1)

さて此処で問題となるのは、証拠と言うならば何故裁判を起こさないのかということ。それだけ自信が持てるならば争って国際的に「ウチの領土だ!」と大手を触れるわけです。しかも定期的にこの手の出てきますよね?恐らく此処で重要なのは、日本を打ち負かせることではなく、韓国民に自分らの正しさを実感して貰い日本への憎悪を絶やさずにいさせるためでしょう。案外その「ページ」ではなく本を開いた状態で見せてくださいってお願いすると挙動不審な態度を取るかもしれません。


「第2條。郡庁位置は台霞洞に定め、区域は鬱陵全島と竹島、石島を管轄する事」。

高宗(コジョン)皇帝が1900年10月25日に公表した『大韓帝国勅令第四十一号』のこの条項は石島〔現在の独島(ドクト、日本名・竹島)〕が韓国固有の領土であることを立証する重要な根拠に挙げられている。

1905年に日本の島根県が独島を不法編入するその5年前、すでに大韓帝国が石島を地方行政単位である鬱道郡(ウルドグン)の管轄領として公表していた事実を明確に示しているためだ。だが、これまで日本学者は「石島」が「独島」を意味するのか明確ではないとし異議を唱えてきた。

最近、韓国の主張通り「石島=独島」であることを裏付ける重要な文献記録が発掘された。社団法人「私たちの文化を培う会」(理事長・キム・ムンス)は29日、「1938年に発行された初めてのハングル辞典『朝鮮語辞典』の初版本を、最近、国内の古本屋で発見した」とし「この辞典の379ページには『ドク』を『トル(石)の訛り』と解説している部分があり、これは当時石島が独島の別の名称であったことを示す明白な証拠」と明らかにした。当時、鬱陵島の住民たちが独島を「トルソム」の訛りである「ドクソム」と呼び、これがその後「独島」に変換されたという主張を裏付ける資料だということだ。

『朝鮮語辞典』は、日帝強占期に国語学者の青嵐(チョンラム)文世榮(ムン・セヨン)先生が主導して作った最初の総合国語辞典で、約10万語の語彙がまとめられている。この辞典の修正増補版は広く知られているが初版本は国内では見つかっていなかった。

大韓帝国勅令に鬱道郡の領域として表記されたチュクド(竹島)が鬱陵島から東に約2.5キロ離れた現在のテッソムを指すことについては韓日両国間で異見はない。だが石島をめぐっては意見が交錯していた。日本学者は石島が独島であることを証明する明確な文献資料がないとし、石島が鬱陵島の横のカクセソム(観音島)を意味すると主張した。


栄倉彩



無理に見せたいものではありませんが、水族館でのひとときを想像すると、いなくなられては困ります。

さすが恥知らず団体、まさか調停から一週間も経過する前に事を起こすとは…このスピードは日本鯨類研究所側も想像しなかったでしょう。まさかあの調停で真っ当にこの方々が黙るとか頭にお花畑が広がっていたわけでもありますまい。まあどうせ聞いても政治家の様に「遺憾です」と憤りを見せるだけでしょうけどね。知性のあるなしで保護捕殺を決めるならば、少なくとも脳味噌金欲しか詰まっていない豪SSは全員海の藻屑ですよ。とりあえず日本鯨類研究所のコメントが楽しみです。


■捕鯨妨害で高速艇投入=豪シー・シェパード

 【シドニー時事】反捕鯨団体シー・シェパード(SS)のオーストラリア部門は30日、日本が南極海で行う調査捕鯨を妨害するため、特注した高速艇を初めて投入すると発表した。

 調査捕鯨を担う日本鯨類研究所などは先週、米裁判所の調停で、米SSとの間で妨害行為を永久に行わないことで合意。しかし、豪SSは「調停の効力は豪州に及ばない」として、妨害活動を続ける構えだ。

 南極海での調査捕鯨は例年、南半球で夏を迎える12月から2月ごろまで行われる。導入する高速艇「オーシャン・ウォーリアー」のスピードは日本の捕鯨船を上回り、以前より効果的な妨害活動を展開できるという。

 豪SSの広報担当者は「2012年以降、米SSとは無関係に反捕鯨活動を行ってきた」と話した。 


京野結衣



もしこの中に自分の家族や初見でも喪失が耐え難き方がいるならば…まずは対処を誤らずに迅速に対応して欲しいものです。

捕まったら実はモデルガン…なんて可能性が一切無い、日本で本気の命の遣り取りをする引き篭もりになってしまいましたね。相手は一人なので、実際逮捕は時間の問題でしょうが、下手な強行突入をすればこれまでの件より犠牲者が出る可能性は圧倒的に高そうです。しかも何か要求するような立て篭りではなく殺人犯の篭城ですからね。死刑が脳裏にチラついてると、一緒に誰を巻き添えにしようとするか分かったものではありません。1番真っ当な選択は報道陣を追い払って狙撃でしょうね。覚せい剤付きで被害が出る前にことを済ますべきです。まあ拳銃や麻薬の出所を知りたいところですけどね。それにしてもホントに今年は例年よりも事件の狂い度スケールが違います。


■拳銃2丁持ち1丁は自分に向ける 手配の男への説得続く

 和歌山市塩屋1丁目の土木建設会社「和大(わだい)興業」で4人が死傷した拳銃発砲事件で、30日夜に同社近くで発見された溝畑(みぞばた)泰秀容疑者(45)=殺人と殺人未遂容疑で全国に指名手配=に対し、和歌山県警は31日午前2時半現在も、投降するよう説得を続けている。溝畑容疑者は集合住宅2階の通路にいるといい、拳銃を2丁持って、1丁を自分に向けているという。

 県警によると、30日午後9時10分ごろ、和大興業近くの同市塩屋5丁目で、元従業員から「溝畑(容疑者)が自転車で走っている」と110番通報があった。パトカーで駆けつけた県警の警察官が自転車で走行中の男を発見。男は溝畑容疑者で、午後10時25分ごろ、追跡中のパトカーに向けて持っていた拳銃を4発発砲し、パトカーの窓ガラスが割れた。

 パトカーは午後10時35分ごろいったん見失ったが、県警が周辺一帯を規制線で封鎖する中、31日午前0時ごろには、溝畑容疑者のものとみられるナイフのようなものが入ったかばんやシャツ、肌着などが見つかった。午前1時すぎには近くで溝畑容疑者を再度発見。集合住宅に逃げ込んだため、警察官らが建物を取り囲んでいる。集合住宅は計11部屋あるとみられ、少なくとも4室には住民がいるという。


笑えれば「いじめ」も「イジり」 河川敷事件めぐる松本人志「持論」に異論噴出

これは芸能界で色んなこれは酷いと思うようなイジりっぷりすら芸として見てきた人の感覚なんでしょうね。個人的には日常における「イジり」の大半はイジメないし迷惑なことだと思っています。その言葉は実行している人間が体良く悪い印象を抱かないための免罪符代わりですから。少なくとも後で「不快ではなかったか?」と聞いたりこれまでの付き合いで知った距離感で初めて行えることでしょう。後は…結婚などの幸せなタイミングにて行うなどは度を過ぎなければ一般的にはありかと。纏めると相手の空気を読め、自分楽しいだけは単なるイジメと思え…って考えてます。仲良い人間同士であっても、無神経になるとき、されるときはあるのでシッカリ自分の口で伝えることがまずは重要です。今回の殺害においても口が通じない相手であるなら、せめて親や警察に相談すべきでしたね。


 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが、2016年8月28日放送の情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で語った「いじめ」と「イジり」の線引きをめぐる持論に、インターネット上で異論が噴出している。

イジりは「笑える」が、いじめは「面白くない」――。両者の違いについて、このように「笑い」を基準に語った松本さんに対し、番組の視聴者からは「いじめた側の言い訳に過ぎない」「イジられて嫌な思いしたらそれはいじめ」と批判が相次いだ。

■「イジり」が子供の「いじめ」を助長するとの指摘に…

番組では、埼玉県東松山市の河川敷で井上翼さん(16)の遺体が見つかり、知人の少年ら5人が殺人容疑で逮捕された事件を取り上げた。井上さんは少年たちに暴行された後、溺れさせられたとされる。

逮捕された少年のうち何人かは、1週間ほど前から井上さんへ繰り返し暴行を加えていたと報じられている。見つかった遺体には、腕に火のついたタバコを押し付けられたようなヤケドの跡もあったという。

こうした事件をめぐり、番組では事件と「いじめ」を関連付けた議論が展開されることになった。その中で、コメンテーターとして出演していたタレントの宮澤エマさんが「いじめ」と「イジり」の線引きについて、松本さんに意見を求める場面があった。

宮澤さんは、バラエティー番組などで行われる「イジり」が、子供の「いじめ」を助長するとの指摘が出ている件について、松本さんに「芸人として、(番組の中で他人をイジることについての)ポリシーはあるか」という質問をぶつけた。

この質問に対し、松本さんは、

「やっぱりそこは笑えるかどうか。でも笑いって、『好み』っていうところで結局片付けられてしまうことが多いから、すごく悲しいんですけど」

といった持論を展開。その上で、今回の事件については

「絶対に面白くないよね、これ。誰が見たって。そこなんですけどねえ」

と語気を強めていた。

テレビ的にはイジりでも、はたから見たらいじめ

こうした松本さんの発言について、番組の視聴者からは「笑えるかどうか基準だといじめる側の言い訳に過ぎない」といった異論がネット上に次々と寄せられることになった。ツイッターなどには、

「イジられて嫌な思いしたらそれはいじめっていう発想に気づかないんだね…」
「面白ければ?誰が?やった方?やられた方、周りの視聴者?」
「テレビ的にはいじりでも、はたから見たら虐めでしかない」
「埼玉の事件も加害者は面白いと思ってやってたんじゃないのか」

といった批判が殺到。そのほか、「いじられる方はお金もらって仕事してるから嫌じゃないんであって、お金につながらないいじりは嫌だろ」と指摘する投稿も数多く出ていた。


中尾彬、高畑容疑者は「人の話聞かない、あいさつできない」 母親の責任も指摘

最近ニュースで多い働かずにコンビニ強盗したり、立場あるのに急に人殴ったりするおバカさんと同類の高畑容疑者。親の七光りだけで労せず芸能界に足突っ込んだだけのボンボンが辿る末路としては…まあこんなもんか。と納得するレベルでしたね。しかし中尾さんの預言者ぶりは凄まじいですね。徐々に愛想付かされるわけでなくピタっと止まったわけですから。一般的には破天荒なキャラだとしても上下関係や最低限の礼儀がある中、更にその型を破るキャラ性を「個性」と見られていたわけでしょう。此度の件で単なる我が侭とバレたわけですが。まあ放映以外の顔を知っている関係者はとっくに知っていたってことになります。ちなみに全然関係ない話かもしれませんが、彼が小さい頃を映した映像の中に、漫画を読んでいたシーンがありましたが…。カバーが掛かっていなかったのを見て、事情があるのかもしれませんけど「汚れても構わない物を大切にしない人間」ってイメージはありました。


 俳優の中尾彬が30日、テレビ朝日系「グッド!モーニング」で、23日に強姦致傷の容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者について「仕事なくなるよ、近々」と本人に“予告”していたことを明かした。礼儀知らず、無礼な振る舞いにたまらず、「初めて怒鳴った」ことも明かした。

中尾は、高畑容疑者逮捕の10日ほど前に、仕事で共演したばかりだった。共演は初めてだったが、「人の話は聞かない、あいさつはできない。私は50年仕事してきてるけど、初めて怒鳴ったね」と、高畑容疑者の態度を非難。社会人として、あまりに基本的なことができていないことから、本人に「お前、仕事なくなるよ、近々」と言ったという。

高畑容疑者と共演した多くの芸能人が、その奔放な性格を指摘しているが「キャラクターが面白いとか、個性とか、買い被っている」とピシャリ。急激に人気が上昇したことについても「あれは母親が人気者にしたんだよ。ペア高畑。だから母親は釈明すべき」という持論を展開。「(高畑容疑者は)仕事も女性も甘く見ていた。その意味では(育てた母親の)淳子の責任は重いと思う」と、親にも責任はあるとした。

テレビ朝日の加藤泰平アナウンサーも「こう見えても中尾さん、普段は実は怒鳴ること、滅多にない方なんですね。それが怒鳴ったというのは、(高畑容疑者に)それなりの態度があったんだろうなと想像できる」と締めくくっていた。


1 2 3 4 16