イメージ 一覧

ゆうき美羽



自分だけのスペース気分でいても誰が隠れて眺めているか分からないと言う意味ではネットの危険は最高潮です。

ディズニーと言ったらジャングル大帝など数々のパクリを我が物顔で仕出かしてきたある種の悪徳企業。窃盗されたところで哀れみを貰うことは出来ないでしょうね。しかし因果応報と笑うことなかれ。現実問題データ誘拐や身代金要求は今後、生身の人間を攫うよりはよっぽど増えてきそうな気がしますよ。むしろ保管場所がスタンドアローンでないことが問題。昨今便利だとしてもオンラインと地続きとか無警戒にも程があります。確かに人間単位では死傷者も怪我人も出ない犯罪ですが、大金が絡んでくるだけに場合によっては人生破滅しますし自殺者も現れるでしょう。もちろん旨味を感じさせないために屈さないのは正解ですが、結局は逮捕できるか否かになりますね。どうあれ犯罪に対してそれなりの罰を与えら無ければ模倣犯や愉快犯があとに続くだけでしょうから。


■ディズニーの未公開新作、ハッカーが窃盗か 「巨額」の身代金要求

【AFP=時事】米ディズニー(Disney)のボブ・アイガー(Bob Iger)最高経営責任者(CEO)は15日、同社の未公開の新作映画1本を入手したと主張するハッカーらから「巨額」の身代金支払いを要求されていることを明らかにした。米メディアが報じた。

 米芸能誌ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)によると、アイガー氏がニューヨーク(New York)で行った傘下テレビ局ABCの社員との会合で言及した。盗まれた作品名は明かさず、脅しに屈しない姿勢を示したという。

 同誌が複数の情報筋の話としてウェブサイトで伝えたところによると、ディズニーは連邦当局と連携してインターネット上への作品の流出を監視している。

 娯楽ニュースサイト「デッドライン(Deadline)」は、盗まれた映画は26日公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン:最後の海賊(Pirates of the Caribbean:Dead Men Tell No Tales)』と伝えている。ただ情報源は明らかにしていない。

 一方、一部の映画ライターはツイッター(Twitter)で、盗まれたのはディズニー傘下のピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)が手掛けた来月公開予定のアニメーション映画「カーズ3(Cars 3)」の可能性があると指摘している。

 ハッカーらは、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」での身代金支払いを要求。支払いが行われなければ、盗んだ映画の5分間、次に20分間分を流出させると脅迫している。

 最近は動画配信大手の米ネットフリックス(Netflix)もサイバー攻撃を受け、人気ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック(Orange is the New Black)」の新シリーズ10話が公開前にインターネット上に流出する被害に遭っている。【翻訳編集】 AFPBB News


姫川ゆうな



既に過ぎ去った青春時代を懐かしむほど多忙な社会生活が待っているわけですが、似たような雰囲気に触れることで一時的にリラックスすることは出来ます。

人間働くのは生きるためであり、総じて自分の為の行為なのです。その意味で休日を重視するのは個がある方なら当たり前のこと。なにせ昨今の残業態勢は、給料が増えるのではなく、結果的に増やされてるだけですからね。勿論増えるだけマシって会社も多いでしょう。ともあれクリーンな人間関係や能力発揮や向上を求めるにも休息は第一。私生活への干渉も同様で、境目があるからこそ区切りをつけて気持ちを切り替えることも出来るのです。本来残業させるって悪循環の始まりですし、社畜化も度が過ぎればどこかで電通のようなボロを産みます。個人的には結婚から子供が産まれると、もうブラック企業のクモの巣に引っかかったも同然なので、企業選択と言うのは家庭を持つ前にある程度の基盤を持っておくべきだと思っています。


■「給料より休日」初めて上回る 新入社員意識調査 私生活重視の「自分ファースト」

 会社に望むのは給料が増えることより、休日が増えること-。今年度の新入社員が「働き方」を重視する傾向にあることが、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが9日、公表した意識調査で明らかになった。「給料」を「休日」が逆転したのは平成16年度の調査開始以来初めてで、同社は「会社に尽くすのではなく私生活を重視する『自分ファースト』のライフスタイルだ」と分析している。

 調査は同社が実施する新入社員セミナーの参加者を対象に、3月下旬~4月上旬に約1300人から回答を得た。

 新入社員が会社に望むことは「人間関係が良い」が最多で、次いで「自分の能力の発揮、向上ができる」。ただ、能力の発揮や向上を望む新入社員の割合は減少傾向で、今年度は初めて6割を下回った。その一方で「残業がない、休日が増える」ことや「私生活に干渉されない」ことを望む割合は増加傾向だった。

 また、理想の上司としてもっとも支持を集めたのは、成長を忍耐強く見守ってくれる「寛容型」。論理的で責任感の強い「論理型」や何事にも熱心な「情熱型」はあまり支持されなかった。


生島涼



このくらい凛々しそうだと口先を見破り行動で評価してくれそうな気がします。

誰かが「この程度のことで貴重な才能がつぶされようとしているのはどうかしてる!」って怒ってましたけど、過去の内面は酷くとも評価されたような作家など比べると、流石に時代が悪いと言わざるを得ません。彼らは後に評価されたり「実は…」って流れですけど、昨今では不祥事悪事はあっという間に全国ネット。人間性だけでも関わる全てが否定されてしまうものです。その中で更なる薄っぺらさを疲労する下種男。好きだった女性に手も差し伸べずに逃げたって告白したようなものですから。それでも一定の視聴率の助けにはなるということで出演させてるのでしょうが、正に「嫌なら見るな」が反映されている現状なだけに、悪手な気がしてなりません。それともCD売るために田辺エージェンシーからゴリ押しされたんでしょうかね?


■ゲス川谷『ワイドナショー』で復帰!ベッキーを「すごく好きだった」

未成年との飲酒デート報道で昨年12月に活動を休止し、今月10日に再開するロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(28)が、7日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演することが6日、分かった。5日に行われた収録で川谷は、飲酒騒動で所属事務所から契約を解除された恋人のタレント、ほのかりん(20)や昨年1月に不倫騒動を起こしたタレント、ベッキー(33)にも言及しており、発言に注目が集まりそうだ。

川谷が当時未成年だった恋人、ほのかりんと一緒に飲酒した責任をとって昨年12月3日をもって活動を自粛して以来、初めてテレビに出演する。

騒動で発売が延期になっていたアルバム「達磨林檎」を今月10日に改めて発売し、活動を再開するにあたり、迷惑をかけたメンバーらのためにも、自分の言葉で一連の騒動について話したいという川谷の思いから、緊急出演が決定。

地上波番組は、川谷がボーカルを務めるもう1つのバンド、indigo la Endとして昨年7月にテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演して以来、約10カ月ぶりだ。

関係者によると、ゲストコメンテーターとして参加した川谷は、5日に東京・台場のフジテレビで行われた収録に緊張した面持ちで登場。オープニングトークで、ほのかりんや、昨年1月に当時既婚者だった川谷との不倫が発覚し、長期休業に追い込まれたベッキーについて触れた。

ベッキーについては、「自分はすごく好きだった」と思いを明かし、交際していた当時のことから、騒動を受けて別れに至るまでを赤裸々に告白。ほのかりんについては「現在も付き合っています」と明言した。

一連の騒動の中で抱いていた思いや、騒動後初のテレビ出演となる現在の心境なども率直に吐露し、ダウンタウンの松本人志(53)や東野幸治(49)らの質問にも正直に自分の言葉で答えたという。

コメンテーターとしては、お笑いコンビ、ココリコの田中直樹(46)とタレント、小日向しえ(37)の離婚などについて、自身の経験をふまえながらコメントした。

アルバム発売の10日には、東京・青海のZepp Tokyoで復活ライブも行う川谷。すべてをさらけ出して、再びファンの前に立つ。


美波ゆさ



途中でグダグダになったとしても巻き返せるのがプロフェッショナル。一番重要なのは見ただけで分かるヤル気ですね。

誰もが最初は希望と活気に満ち溢れ、心響きそうなコメントを残してくれるだけに、とりあえず新復興大臣のお手並み拝見といったところ。
1番復興させるための近道は無駄銭をなくす意味で東京五輪潰すことなんですけどね。もしくは費用算出に無駄議員を潰しまくるとあっという間に余裕が出来上がります。
あと地震大国…ってより災害大国になりかけているだけに復興してきたところに大打撃…なんてことが無い様に対策を見据えて欲しいところ。
ともあれ現状だと地道な努力しか無いでしょうけどね。まあ復興相そのものに関しては当人が強調するように、自ら被災者である人間の方が適任であるとは思いますよ。
不自由な点や苦労も理解できるでしょうし。
問題はこの「吉野正芳」氏が結局は人選ミスした安倍首相による起用だということ。今村雅弘前復興相もキレ気味だったりエヴァネクタイだったりと、妙な人物だったので不安は残りますね。


■今村氏発言「許せない」=吉野復興相が就任会見

 今村雅弘前復興相の辞任に伴い就任した吉野正芳復興相が26日午後、復興庁で就任記者会見に臨んだ。

 福島県いわき市出身の同相は、東日本大震災をめぐり今村氏が「東北で良かった」などと述べたことについて、「われわれ東北の被災地にとっては許すことのできない発言だ」と批判。自らも被災者だと強調した上で「本当に被災者に寄り添っていけるのは私だという自負を持っている」と語った。

 会見冒頭、吉野氏は震災による津波で自宅が半壊し、選挙事務所が全壊したと切り出し、「被災者の気持ちは誰よりもきちんと理解している」と述べた。今後に関しては「政府の一員として内部から被災者、被災地の声を届けていくのが私の大きな役割」との考えを示した。

 できるだけ早期に被災地を訪ねる意向を示し、「特に私の場合、福島にずっといたので岩手、宮城の全ての被災地は見ていない。復興の状況やこれからの課題について、現場を歩いて早急に把握し、対応していきたい」と述べた。 


田代マリ



内容を見ての当たり外れのギャンブルからの精神的外傷ならまだしも、普通の怪我は人生を破滅ないし遅れだせるだけですからね。

車って例え石ころでも空き缶でも、音がなるような衝撃があれば大抵本人が自覚できるようなもの。動物を撥ねてしまった人の話では、「明らかに生き物にぶつかったような生々しい感覚が運転席越しで分かった」と分かるくらいです。
自分も雪の日に停車中の車に滑ってぶつけてしまったことがありますが、それはそれは思い出したくもない衝撃。少なくともハッキリ音が聞こえるってことは、体感としてそれが伝わってきたはず。最低限、人間でなくとも公共物にぶつかったくらいには。
となると理解しての轢き逃げでしょうね。常識的には「車が傷ついたかも」ってだけでも降車して確認しますし、ただ事ではない衝撃だったら安否を気にするのが普通。
大方スマホ運転で落としたか飲酒で捕まるわけにはいかなかったってところでしょう。ともあれ運転に慣れきり油断したものの末路かと。


■重傷ひき逃げ容疑で女を逮捕 大阪府警泉大津署

 男性をはねてけがをさせ、そのまま逃走したとして、大阪府警泉大津署は26日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、大阪府泉大津市下之町のアルバイト、岸本庸子容疑者(59)を逮捕した。

 逮捕容疑は、25日午後7時55分ごろ、同市小津島町の路上で乗用車を運転中に、歩いていた同府岸和田市尾生町の会社員男性(34)を後方からはね、右足骨折などの重傷を負わせたにもかかわらず逃走したとしている。

 同署によると、岸本容疑者は「運転席に物を落として拾うときにドンという音を聞いたが、人とぶつかった認識はなかった」と話しているという。


白瀬ここね



醜態晒すにもドラマの様な演技ありきなら面白いものですが、リアルだとドン引きしますね。

アメリカ警察自体がだいぶ腐敗してるイメージですけど、シカゴ航空局も中々のクズっぷり。自らの行動が証拠として全世界配信されていると言う現状だとしても、まだ保身の為に嘘八百を並び立てるんですから。
そもそも不当の扱いに恐怖する大勢の目撃者の前で起こったこの事件。醜態を晒すほど自らの首を絞めると良い大人が分からないんですかね?現状フルボッコ態勢が整ってます。
アチラの警察って腕っ節が強ければオツムが足りなくても勤まるようで…どう逃げようったっても的を得すぎた弁護士による最後の一蹴が全て。これほど無意味な証言も類稀なものでしょう。
本来オーバーブッキングが国に認められた行為だとしても、交渉があり納得して降りて貰うのが利用契約と言うもの。決まらなかったからと身勝手に引き摺りだして良いものではありません。
この発言が流れた時点でユナイテッドの更なるイメージダウンは避けられないでしょうね。


■ユナイテッド乗客強制排除、「男性暴れた」と警官が証言

(CNN) 米ユナイテッド航空の国内便に搭乗した乗客が無理やり引きずり降ろされ負傷した問題で、対応に当たったシカゴ航空局の警察官がこの乗客について、両腕を激しく振り回すなどして暴れたと証言していることが26日までに分かった。情報公開法に基づき公開された事故報告書の内容から明らかになった。

この問題では今月9日、シカゴの空港でユナイテッド便に搭乗した乗客のデービッド・ダオ氏(69)が、オーバーブッキング(過剰予約)を理由に無理やり同機から引きずり降ろされた。

報告書は司法監視団体のジュディシャル・ウォッチが情報公開法に基づいて請求した。

報告書の中で対応に当たった警察官の1人、モーリシオ・ロドリゲス氏は、ほぼ他の乗客が証言している通りだとしながらも、同僚の警察官がダオ氏を座席から引き離そうとしたところ、ダオ氏は「両腕を激しく上下に振り回し始めた」と証言。もう1人の警官、ジェームズ・ロング氏も、「(ダオ氏が)こぶしを握って両腕を上下させた」としている。

ロドリゲス氏によると、ダオ氏は警察官に対し、攻撃的な態度で「私は降りない。金を払って乗ったんだ。逮捕されても構わない」などと怒鳴ったとされる。

一方、ダオ氏の後ろの座席に座っていた乗客の証言は食い違っている。この乗客はCNNの取材に対し、ダオ氏はけんか腰ではなかったと証言。2人目の警察官が来て降りるよう促されると多少興奮した様子だったが、声を荒らげることはなかったと話している。

複数の目撃者によると、ダオ氏が叫び声を上げ始めたのは、警察官がダオ氏を力ずくで座席から引き離そうとし始めた時だった。

ロドリゲス氏の報告によれば、座席から引きはがされたダオ氏が暴れて抵抗したために、警官が手を放し、ダオ氏が前のめりに転んで反対側の座席のアームレストに口の部分が当たったという。

機外へ引きずり出されたダオ氏は、搭乗ブリッジまで連れて行かれたが、そこで警察官を押しのけて再び機内に駆け戻ったという。ロドリゲス氏によると、ダオ氏は「私は降りない。殺すなら殺せ。家に帰りたい」と言いながら機内の柱にしがみついたとされる。

報告書に名前が出ている警察官4人はいずれも、騒ぎから10日以内に休職扱いとされた。

シカゴの警察組合はCNN系列局のWLSに対し、組合とシカゴ航空局が現在、この問題について調査を行っていると説明し、調査が終わるまでコメントは差し控えるとした。

ダオ氏の弁護士は報告書の内容について「情報源を考えれば何の意味もない」と一蹴した。


西川ゆい



この世は色仕掛け以上にヤバイトラップは存在せず、法則や対処法が明確な分だけ日本の詐欺は対処が楽なんです。

中国じゃあるまいし銀行から偽札が出てくるとかありえないでしょう!…とか色々とツッコミどころがあるものの、とりあえず難しいことは考えず、お年寄りに徹底させるべきことはシンプルに一つだけ!変な電話があったら家族ダイヤルをプッシュ!警察からの訪問や電話があったら迷わず110番。
それが真っ当な警察官なら失礼にはならず、面倒だと思われつつも感心されるはずです。唯ですら判断能力の低下したご年配をターゲットにした劇場型詐欺って鉄板になってます。
ワンクッション置かれようが急かされようが、今回の様な偽装警察相手ならばその一手だけで済むのです。
最良の結果として連携することが出来れば、逮捕し他の被害を食い止められる可能性もあります。
これはターゲット層が定番になっているだけで油断しているとどの年代に矛先が向かわれてもおかしくないだけに、国民全員が意識しておくべきこと。


■「偽札かどうか鑑定する…」警察官だと名乗る男、現金約1140万円詐取 奈良県警が注意呼びかけ

 奈良県警は25日、同県天理市の無職女性(79)が警察官をかたる男に現金約1140万円をだまし取られたと発表した。県警は「不審な電話があれば相談を」と注意を呼びかけている。

 県警によると20日午前10時ごろ、女性方に県警の警察官を名乗る男などが「捜査で押収したリストにご主人の名前があった。口座のお金が引き出されるかもしれないので、早くおろした方がいい」などと電話。

 その後、再び警察官を名乗る男から「お金に偽札が混ざっている可能性があるので鑑定する。部下に取りに行かせるので渡してほしい」と電話があり、女性は同日午後1時ごろ、自宅に来た男に現金約400万円を渡した。翌21日にも同様の手口で現金約740万円をだまし取られたという。

 連絡が取れなくなったことを不審に思った女性が天理署に相談し、発覚した。


加藤えま



だからこそ他の狙いがあったとしても人間、タダに弱いんですよね。

商品額と言うのは単に製造コストだけではなく、著作権があるように、様々な人間の努力や成果に対して付けられたものなんです。
普段何気なく買っている商品だって、購入には自身が汗水たらして稼いだお金を支払っているという云わば対等交換になっています。言い換えれば各々が社会に貢献いている労力を交換するようなもの。
よって万引きとはそれらを全て踏み躙る行為であって、万引き教師のエスカレートや県教委の「複数回繰り返した行為は教師としてふさわしくない」発言など人として論外。最初の一回で人道を外れた人間失格です。
どの面下げて教鞭ふるっていたんだか。大人全員は例外なく子供の見本であって、教師とは家族の次に最も接点のある人間です。
単純に免職させるだけではなく、最後に朝礼台にでも立たせて全校生徒の前で詫びるくらいの制裁は必要。断頭台にも等しい場だろうと、責任取るってそういうことなんじゃないでしょうかね?


■スーパーで食料品を万引、小学校女性教諭を免職 兵庫県教委が懲戒処分

 兵庫県教委は25日、同県西宮市内のスーパーで万引を繰り返したなどとして、同市立今津小学校の女性教諭(25)を懲戒免職とするなど、教諭2人を懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、女性教諭は3月9日午後6時半ごろ、勤務後に立ち寄った同市内のスーパーで食料品など24点(約5千円相当)を万引したとして、同店の警備員に取り押さえられた。西宮署が今月12日、窃盗容疑で神戸地検尼崎支部に書類送検したという。

 県教委の調査に対し、女性教諭は昨年12月下旬以降、十回程度万引を繰り返したと説明。「回数を重ねるごとにエスカレートしてしまった」と話したという。県教委は「複数回も万引を繰り返した行為は教諭としてふさわしくない著しい非行」と判断。地方公務員法に基づき免職処分とした。

 一方、当時中学2年だった男子生徒の腹を殴ったとして、南あわじ市立中学校の男性教諭(49)を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にした。男性教諭は顧問を務める部活動の部員に対してふざけた別の部の部員の腹を4回殴ったという。

 県教委によると、この男性教諭は過去にも2回、体罰で訓告処分を受けていた。


姫川ゆうな



少々ボケ気味でも、この手のニュースを聞いてると、暢気に娯楽に興じられる日本の平和さには有り難味が溢れてます。

弁護士ってこの世の中で最も悪い職業って揶揄されるもの。このサビオ氏も恐らく例に漏れないその類で、十中八九麻薬組織側の人間。
今までのお薬ドップリ漬けで、政治家も警察組織も裏で繋がり当てにならないって無法国家が凄惨ではないと?大量殺人が非人道的で許されざることだとして、貴方は文句言うばかりで打開案の一つでも挙げましたか?これだけの犠牲を出して途中放棄させるというのは、麻薬時代に戻りたい人間の意図にしか思えないんですよ。
冤罪によって家族を失った方は大統領とその政策を憎むでしょう。ただし死者が帰ってこないことを前提に無法国家に戻りたいと願いますかね?確かに触発された人間による冤罪殺人なんて洒落にならない犯罪もありました。それを利用する者もいるでしょう。
しかし結局のところ要点は「じゃあどうやってフィリピンを平和にするんだ?」という一点に集約されます。暗殺の危険や市民の怒りや憤りを一身に背負ってまで強行してるって本気で人生捧げてる次元ですよ。


■フィリピン大統領を「大量殺人」で国際刑事裁に告発 地元弁護士

【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が進める「麻薬戦争」によって約8000人が死亡したとして、同国の弁護士が24日、オランダのハーグ(Hague)にある国際刑事裁判所(ICC)にドゥテルテ氏らを告発した。

 弁護士のジュード・サビオ(Jude Sabio)氏はICCの検察官にドゥテルテ氏とフィリピン政府高官らに対する捜査の開始を要請。「フィリピンで継続的に大量殺人を行い、恐ろしい陰惨な状況をもたらしている」として、同氏らを人道に対する罪で訴追するよう求めている。

 サビオ氏はドゥテルテ氏について、1988年にダバオ(Davao)市長に就任して以降「麻薬中毒者や密売人ら犯罪が疑われる人の戦略的または組織的な排除・殺害」を始めたと述べている。

 サビオ氏は、ダバオ市長だったドゥテルテ氏の元で暗殺部隊の一員だったと議会上院で証言したエドガー・マトバト(Edgar Matobato)氏の弁護人を務めている。

 告発状では「ドゥテルテ大統領は『繰り返し、変わることなく』大量殺人を行い、ダバオ市長時代の暗殺部隊によって少なくとも1400人、国レベルでは麻薬戦争によって少なくとも7000人が死亡している」と指摘している。

 フィリピン政府は疑惑を否定しており、エルニエ・アベラ(Ernie Abella)大統領報道官も24日、既に警察が「手続きに違反した」疑いのある人物らの捜査を進めていると強調。「超法規的な殺害と言われるものを国は認めていないし、支援もしていない。警察当局は業務手続きの順守が求められる合法な捜査を行っている」と主張した。【


双葉みお



没頭したくても多少散漫にせざるを得ないものもありますが、少なくとも運転はそれだけに集中するべき。

程度にもよりますが、大げさなお年寄りも多い昨今として万が一の振動もヤバイような患者でなくて良かったです。
普通に考えてあのサイレンに夜中輝くピッカピカ散光式警光灯に対して、交差点だろうと救急車の接近が分からない…なんてことはありえませんし、乗用車男性が問題運転起こしていたと考えるのが自然。
異常なレベルですが、居眠りかスマホ脇見+スピーカー大音量…くらいでないと接触しませんよ。あとは緊急車両相手に止まろうとしない愚か者か…。
救急車側の落ち度が判明しなければ、修理費請求された上で自身の車も損壊し、挙句首を痛め最悪法に抵触。
どうあれ事故って誰かが踏んだり蹴ったりになりますからね。万が一患者が命を落とすような事態を招いたならば、それこそ人生も奈落行きです。自業自得なら自分だけで落っこちるべき。


■サイレン聞こえなかった? “搬送中”救急車 乗用車と接触 交差点に一時停止”なし” 札幌市

 札幌市清田区で、救急搬送中の救急車と乗用車が交差点で接触する事故があり、男性1人が軽いけがをしました。

 事故があったのは、札幌市清田区美しが丘3条2丁目の丁字路交差点で、4月24日午後10時すぎ、救急搬送中の救急車と乗用車が接触する事故がありました。

 この事故で、双方の車のバンパーなどが破損し、乗用車を運転していた男性が首に軽いけがをしました。

 事故当時、救急車は体調不良の高齢の女性を搬送中で、女性は別の救急車に乗り換え病院に送られました。

 事故があった交差点に、信号や一時停止の標識はありませんでした。警察で事故の原因を調べています。


1 2 3 4 89