年金受給開始、71歳以上も=自民、「1億活躍」で提言

最終的には受け取り可能年齢を71歳からにしたいが為の前段階。どんな条件であれその数字を出した時点で意図を示したも同然です。しかもこの仕組みですら、受け取り年齢を引き上げることで、それ以前にポックリ逝ってしまうケースへの期待も感じ取れますよ?完全現役年齢なんて逆に五年は下げて構いませんから、その代わりに老害議員たちもお早めにその席からご退場願いたい。そもそも決めている人間は後の歴史にも責任がもてない老人達ばかり。失敗に何の痛手も被らず生涯過すには贅沢できるだけの貯蓄があるはずです。将来的には益々年金を納めない人が増加して、民意を得られないような強行的な搾取法が成立してしまうんでしょうね。下々の生活を知らない行政が知ったかぶりで好き勝手できてしまうのが今のシステムです。どんなに選挙でマシそうな方が選ばれたとしても、この膿みを取り除くことは不可能に近いこと。我々国民に出来ることはどれだけ暴利な税金を搾取されようとも、只管自身の働きのみで老後に備えることだけです。


 自民党の1億総活躍推進本部(川崎二郎本部長)は10日、政府への提言をまとめた。

高齢者が働ける環境を整備し、現在60~70歳で選択可能な年金受給開始時期について、希望者には71歳以上も選択できるよう制度を見直すことが柱。

国民年金は65歳を基準に、受給開始時期を繰り上げれば減額、繰り下げれば増額する仕組み。繰り下げ受給を71歳以上にも広げることで、働くことが可能な高齢者には社会保障を「支える側」に回ってもらい、年金財政の安定を目指す。

提言では、65歳までを「完全現役」とする社会を推進しつつ、66歳以上も本人が希望する限り働けるように国や産業界に呼び掛ける。受給開始時期の選択制についての周知も図る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加