ゆうき美羽



自分だけのスペース気分でいても誰が隠れて眺めているか分からないと言う意味ではネットの危険は最高潮です。

ディズニーと言ったらジャングル大帝など数々のパクリを我が物顔で仕出かしてきたある種の悪徳企業。窃盗されたところで哀れみを貰うことは出来ないでしょうね。しかし因果応報と笑うことなかれ。現実問題データ誘拐や身代金要求は今後、生身の人間を攫うよりはよっぽど増えてきそうな気がしますよ。むしろ保管場所がスタンドアローンでないことが問題。昨今便利だとしてもオンラインと地続きとか無警戒にも程があります。確かに人間単位では死傷者も怪我人も出ない犯罪ですが、大金が絡んでくるだけに場合によっては人生破滅しますし自殺者も現れるでしょう。もちろん旨味を感じさせないために屈さないのは正解ですが、結局は逮捕できるか否かになりますね。どうあれ犯罪に対してそれなりの罰を与えら無ければ模倣犯や愉快犯があとに続くだけでしょうから。


■ディズニーの未公開新作、ハッカーが窃盗か 「巨額」の身代金要求

【AFP=時事】米ディズニー(Disney)のボブ・アイガー(Bob Iger)最高経営責任者(CEO)は15日、同社の未公開の新作映画1本を入手したと主張するハッカーらから「巨額」の身代金支払いを要求されていることを明らかにした。米メディアが報じた。

 米芸能誌ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)によると、アイガー氏がニューヨーク(New York)で行った傘下テレビ局ABCの社員との会合で言及した。盗まれた作品名は明かさず、脅しに屈しない姿勢を示したという。

 同誌が複数の情報筋の話としてウェブサイトで伝えたところによると、ディズニーは連邦当局と連携してインターネット上への作品の流出を監視している。

 娯楽ニュースサイト「デッドライン(Deadline)」は、盗まれた映画は26日公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン:最後の海賊(Pirates of the Caribbean:Dead Men Tell No Tales)』と伝えている。ただ情報源は明らかにしていない。

 一方、一部の映画ライターはツイッター(Twitter)で、盗まれたのはディズニー傘下のピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)が手掛けた来月公開予定のアニメーション映画「カーズ3(Cars 3)」の可能性があると指摘している。

 ハッカーらは、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」での身代金支払いを要求。支払いが行われなければ、盗んだ映画の5分間、次に20分間分を流出させると脅迫している。

 最近は動画配信大手の米ネットフリックス(Netflix)もサイバー攻撃を受け、人気ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック(Orange is the New Black)」の新シリーズ10話が公開前にインターネット上に流出する被害に遭っている。【翻訳編集】 AFPBB News


警官同士で結婚、辞令「二人で駐在」 県警、同じ職場に

連携も取れるでしょうし、人生のパートナーが揃って同じ場所で活躍できる試みは大いに賛同できます。流石に若いながらピックアップされるだけあって警察官のイメージアップにも貢献できそうな誠実な雰囲気もありますし。ただどんなにアツアツだとしても職場交えてまで四六時中一緒にいるとどうしても辛くなりますよ?出産も厳しいでしょうし、ある意味最大の嫌がらせに近いものにも感じます。そんな意味では夫婦揃って国民の生贄になるに等しいもの。そして夫婦喧嘩をすると地域にもとばっちりがくると。十年くらい寄り添った夫婦ならば安定するかもしれませんが、共に22歳となるとこれからが少々不安にさせてくれます。尤も上司の考えとしてはこれからの時代に対してのモデルケースくらいのつもりなのでしょう。


 警察官同士で結婚した夫婦が同じ職場で勤められる仕組みづくりに宮崎県警が力を入れている。同じ署で働くだけでなく、少人数態勢の駐在所で夫婦二人きりで働くケースも。単身赴任のイメージが強い警察の印象を変えられるか。

「地域のみなさんからは『図師嫁』『図師旦那』なんて呼ばれています」。夫の図師耕磨(たくま)巡査(22)と妻の真璃亜(まりあ)巡査(22)は昨年結婚したばかりの新婚夫婦。同じ制服を着て同じ都城署山之口駐在所で働く「駐在さん夫婦」だ。

専門学校時代に知り合った二人は、2014年に警察学校に同期入校。運動好きの趣味が合い、翌年から交際を始めた。結婚することを上司に相談したところ、言い渡された辞令は二人での駐在所勤務だった。昨年8月から山之口駐在所での勤務がスタートした。

それまでは職場には常に上司がいたが、良くも悪くも職場にいるのはパートナーのみ。「経験の浅い二人で駐在所を持つのはとても不安でした」と口をそろえるが、夫婦らしく気兼ねなく相談し合いながら、事故対応や地域見回りをして、治安を守り続けている。


人権救済申し立てへ 喫煙者さらに厳しく

利用者にメリットがあるのは需要としては当たり前のことですが、非利用者に対してデメリットを振りまくって、普通倫理的に許されるものじゃありませんよね。それを一方的な我慢に対しておんぶに抱っこしてきたと言うのが喫煙者の現状です。
街歩いてると恐らく会社や取引先では善人面してるようなサラリーマンですら平然とポイ捨てしてる始末。今まで許されていた緩いルールが性根を腐らせてしまったという酷い絵面ですよ。
同時にモラルありきの良識を持った喫煙者も、同類をいさめられなかった時点で同罪。
流石に同類とは言いませんが、喫煙者の人権を守ろうとするなら立ち上がるべきは彼らだったのです。「自分らは迷惑をかけていない」で済まそうとも同じ道具を使った人間が悪さをしてるわけですから、一括りにされるのも已む無しかと。


 いわゆる「ホタル族」らがマンションのベランダなどで吸うたばこの煙が近隣住宅へ流れる受動喫煙に対し、被害者団体が結成され、日本弁護士連合会に人権救済申し立てを行うことが14日、分かった。火災も増えているとみられ、飲食店や公共施設での受動喫煙規制の議論が高まる中、喫煙者への風当たりはさらに厳しくなる。

団体の名称は「近隣住宅受動喫煙被害者の会」。全国で一定程度の会員が集まり次第、人権救済を申し立てるとともに、「ベランダ喫煙禁止法」の制定を目指し、厚生労働省や国土交通省に働きかける。さらに各自治体に対し、近隣住宅での受動喫煙を防止する条例の制定を求めるという。

代表となる埼玉県在住、荻野寿美子さん(49)は、マンション近隣宅の喫煙に悩まされ、解決するまでに5年かかった。「煙を吸うと、涙が出てせきが止まらなかった」。医者に受動喫煙症と診断され、ベランダでの喫煙に注意喚起の紙をマンションに掲示しても変わらず、管理組合や管理会社と掛け合った。人間関係の悪化を恐れ、喫煙者と直接やり取りすることは避けたため時間がかかったという。

荻野さんは小学生の頃、肺炎や気管支炎を繰り返し発症するほど病弱だった。父親は「たばこで死ねるなら本望だ」というほどのヘビースモーカーで、禁煙を泣いて頼んでもやめなかった。突発性間質性肺炎などを患い、父親は平成22年に亡くなったが、荻野さんは「肺が破れて空気が体内に漏れ、上半身が風船のように膨らむなど壮絶な最期だった。本人にとっても家族にとってもつらい目に遭わせた」と話す。

ベランダでの喫煙被害については、24年12月に司法判断が出ている。名古屋地裁は、名古屋市のマンションで、階下に住む男性のたばこの煙により、女性が体調を崩したとして、男性に慰謝料5万円の支払いを命じた(確定済み)。ベランダが出火元の火災も増えている。総務省消防庁によると、たばこが原因となった建物火災のうち、ベランダやバルコニーが出火場所となった割合は、17年の4・6%から26年の11・5%へと増加した。

受動喫煙被害に詳しい岡本光樹弁護士は「ベランダでの喫煙被害については、トラブルを避けて泣き寝入りしているケースも多い。被害者団体は潜在的な被害者の相談窓口になるだろう」と話す。


北朝鮮、新型弾道ミサイル試験発射に「成功」と発表

進展の無い問答をしあい、散々意味の無い警告をしてきた結果がこの「迎撃困難とされるミサイルの発射」ですか。依然我が侭国家としての体裁を保つための脅し手段でしょうけど、既に最後の選択まで放置するほど危機は悪化しているのが目に見えている状況。誰が見ても説得や対話などに意味はなく、もはや北朝鮮が余裕をもてるまで準備時間を与えるか、先制攻撃を仕掛けるかの二択しかありません。何せ放置するほどミサイルの量と質が上がるわけですし、あのお偉いさんはいざ命令一つで勝利を手に出来るタイミングが来たならば迷いはしないでしょう。日本の安否の結局法改正なんて間に合うはずありませんから、命運アメリカに託したり…なんて状態になってます。


北朝鮮は15日、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が視察する中、地対地中長距離戦略弾道ロケット試験発射を成功したと明かした。

北朝鮮官営メディア「朝鮮中央通信」はこの日、「金正恩同志の偉大な核強国建設構想を高く掲げて、世界が新しい未来に向かって果敢に突進しているロケット研究部門の科学者、技術者らは2017年5月14日、新たに開発した地対地中長距離戦略弾道ロケット『火星-12』型試験発射を成功的に進行した」と報道した。

また通信は、今回の試験発射が大型重量核弾頭装着が可能な新型の中長距離戦略弾道ロケットの技術特徴を確証するのに目的を置き、最大高角発射体制で進行されたとし、「発射されたロケットは予定された飛行軌道に沿って、最大頂点高も2111.5キロまで正常飛行し、距離787キロ公海上の設定された目標水域を正確に打撃した」と伝えた。


北朝鮮の軍事力、世界23位に…米国1位・日本7位・韓国11位=米軍事力評価機関

あくまで目安の一つにって感じで、実際の戦争時における軍事力とは丸で違うものって印象を受けましたね。アメリカやロシアあたりは正確な評価だと感じましたが、攻撃も迎撃も出来ずそもそも関連する法整備も未熟な日本が7位というのがまずありえません。むしろそれ以下の国って攻められたら諸手を挙げて降伏ですか?そして何気に酷いのが欠陥兵器だらけの韓国より下方の軍事力しかない国も沢山あるということ。流石に核保持している北よりは弱いと思いますけどね。あと兵器というのは数だけでなく必要なのは性能。そして扱う人間にも質は問われます。それともこのランキングって同盟国の虎の意を借る理論も加算されてるんでしょうか?だとすれば一応米軍基地がある日本やTHAADを配備してある韓国の数字は納得できるものになりますが。


北朝鮮の軍事力が世界23位水準と評価された。アメリカの声(VOA)が12日、報道した。

メディアはこの日、米国の軍事力評価機関「Global Firepower」が集計した世界127カ国の対象国家のうち、北朝鮮が23位を記録したと伝えた。昨年に比べ2段階上昇した。

細部項目別に見ると、北朝鮮正規軍は約70万人、予備軍は約450万人と評価された。また、タンクは約5000台、野砲は牽引砲と自走砲を合わせて約7000門、放射砲は2400台と推算された。その他に軍用機は944台、海軍艦艇は967隻と集計された。

韓国はこの評価で昨年と同じ11位となった。1位は米国で、その後をロシア、中国、インドが続いた。このほかにフランス、英国、日本、トルコ、ドイツ、イタリアが5位から10位に入った。


文大統領、安倍首相に「韓国国民、『慰安婦合意』受け入れられない」

写真はサスペンスに登場する悪~い犯罪者面してますけど、文在寅大統領が出来ることは結局、現状維持を続けていくこと。それは彼が最初に述べた「国民の大多数」というところが示しているわけでして、大統領自身が「受け入れられない」と述べているわけではなく、あくまで立場を弁えた上での客観的な意見を述べているだけです。自分にはこれが「大統領の身であっても覆すことは出来ない」という嘆きように聞こえました。当然安倍首相が破棄を認めるはずはありません。それが分かった上で現状維持の体裁文句なのではないでしょうか?今更韓国政府に対してそう解釈するのは買いかぶりかもしれませんが。北も何時まで経っても一線超えることはありませんし、今年もこんな調子で平行線な外交が続いていくのです。


文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍首相が11日午後、電話会談を行った。

文大統領はこの日午後、安倍首相との電話会談で「韓国国民の大多数は『慰安婦合意』を受け入れられない」と述べた。

また、慰安婦問題に関連して文大統領は「村山・河野談話を尊重し、継承していく姿勢が必要だ」との見解も伝えた。

文大統領と安倍首相は、韓日関係と北朝鮮問題に関しても意見を交換した。この電話会談は約25分間行われた。

共同通信はこの日午後、韓日首脳の電話会談を速報で伝え、安倍首相が文大統領に「大統領選での文氏の勝利に祝意を伝達し、未来志向の日韓関係を発展させていく方針を確認した」と報じた。

また、文大統領と安倍首相は「核・ミサイル開発継続など、挑発行為を繰り返す北朝鮮への対応についても協議するとみられる」とも伝えた。

安倍首相との電話会談に先立ち、文大統領はこの日の昼12時から約45分間、中国の習近平国家主席とも電話会談を行った。


結婚「しない」?「できない」?カギ握る“結婚の理想”と“男女数の地域差”

何処かでナンパは顔立ちスタイルよりも、身なりを整えて数撃ちゃ当たるが真骨頂ってありましたね。10人にアタックしかければ1人くらいは耳を傾けてくれて、更にその中の10人に1人は本当の電話番号をいただけると。詳細な統計は知りませんけどそれを鵜呑みにするならば、この方々の結婚を阻んでいるのは動かずと非現実的、ないし身の丈に合ってない理想の高さにあるのではないでしょうか?ルックスや若さに高収入。勿論性格の良さは大事ですが、優良物件は引く手数多で、最低限自分もどれか一つは持ち合わせていなければ争奪戦の舞台にすら上がれません。まずは自身の価値を客観的に評価するところから始めましょう。そしてハードルを落とすのが嫌ならキッパリ結婚は諦めてしまうのが吉。あと若さの面で、自身が最高に優良物件である間に遊ぶことを選び婚期を逃すって方もいますね。その逆に遊び盛りの年頃で家庭に軟禁状態になり結婚生活破綻するって若者もいますけど。どうあれ自分と相手を良く知ることです。


男性が約4人に1人、女性が約7人に1人 50歳で一度も結婚を経験しない人増加の原因は?

厚生労働省が所管する研究機関「国立社会保障・人口問題研究所」によると、50歳までに、一度も結婚していない人の割合は、男性はおよそ4人に1人、女性は7人に1人と、男女ともこれまでで最も高くなった。

公表されたのは、2015年10月1日時点のデータ。前回2010年の調査結果を男性はおよそ3.2ポイント、女性はおよそ3.4ポイント上回り、調査開始以来、男女ともに最高値を記録したという。

「お金が足りないから結婚できない」という意見や、雇用の不安定化なども要因として挙げられるが、果たしてそれだけなのか?「結婚できる」「できない」の“境界線”はどこにあるのか? 未婚化、少子化対策が専門のニッセイ基礎研究所の天野馨南子研究員に聞いてみた。
.

結婚「しない」それとも「したいけどできない?」

そもそも結婚できないのか、しないのか。天野さんによると、男女ともに多数が結婚を希望するものの「できない」というのが実情とのこと。

「国立社会保障・人口問題研究所」の第15回出生動向基本調査によると、結婚する意思をもつ未婚者は、18~34歳の男女に聞いたところ9割弱で推移している。

では、結婚したい人は多いものの、50歳の時点でも結婚を経験していない人が増加している理由は何なのか。それは、2つの点で「マッチング」がうまくいっていないためだと考えられる。
.

うまくいっていないマッチング〈1〉結婚の理想

男性、女性ともに、結婚の理想を変えず相手を探し続ければ年齢とともに、マッチングが難しくなるので「発想の転換」が必要になると、天野さんは指摘する。

例えば、結婚相手に求める年齢について、18~34歳の未婚男女への調査(「国立社会保障・人口問題研究所」の第15回出生動向基本調査)を見てみると、男性は同じ年齢から2歳年下、女性は同じ年齢から2歳年上までの相手を希望する人がそれぞれおよそ6割で、同じ年齢、同年代で探している人が半数を占めている。

同世代の異性が結婚すれば、その分結婚相手として選べる異性が減るため、年齢の上昇に伴い、自分の年齢に近い人を探しづらくなるはず。しかし、男性はいくつになっても結婚できると思っていて、自分の足元を見ない傾向があり、女性は年齢の上昇とともに、結婚相手に求める最低年収が上昇する傾向がある。そのため、年齢が上がれば上がるほど、マッチングが難しくなるのだ。


年金受給開始、71歳以上も=自民、「1億活躍」で提言

最終的には受け取り可能年齢を71歳からにしたいが為の前段階。どんな条件であれその数字を出した時点で意図を示したも同然です。しかもこの仕組みですら、受け取り年齢を引き上げることで、それ以前にポックリ逝ってしまうケースへの期待も感じ取れますよ?完全現役年齢なんて逆に五年は下げて構いませんから、その代わりに老害議員たちもお早めにその席からご退場願いたい。そもそも決めている人間は後の歴史にも責任がもてない老人達ばかり。失敗に何の痛手も被らず生涯過すには贅沢できるだけの貯蓄があるはずです。将来的には益々年金を納めない人が増加して、民意を得られないような強行的な搾取法が成立してしまうんでしょうね。下々の生活を知らない行政が知ったかぶりで好き勝手できてしまうのが今のシステムです。どんなに選挙でマシそうな方が選ばれたとしても、この膿みを取り除くことは不可能に近いこと。我々国民に出来ることはどれだけ暴利な税金を搾取されようとも、只管自身の働きのみで老後に備えることだけです。


 自民党の1億総活躍推進本部(川崎二郎本部長)は10日、政府への提言をまとめた。

高齢者が働ける環境を整備し、現在60~70歳で選択可能な年金受給開始時期について、希望者には71歳以上も選択できるよう制度を見直すことが柱。

国民年金は65歳を基準に、受給開始時期を繰り上げれば減額、繰り下げれば増額する仕組み。繰り下げ受給を71歳以上にも広げることで、働くことが可能な高齢者には社会保障を「支える側」に回ってもらい、年金財政の安定を目指す。

提言では、65歳までを「完全現役」とする社会を推進しつつ、66歳以上も本人が希望する限り働けるように国や産業界に呼び掛ける。受給開始時期の選択制についての周知も図る。


姫川ゆうな



既に過ぎ去った青春時代を懐かしむほど多忙な社会生活が待っているわけですが、似たような雰囲気に触れることで一時的にリラックスすることは出来ます。

人間働くのは生きるためであり、総じて自分の為の行為なのです。その意味で休日を重視するのは個がある方なら当たり前のこと。なにせ昨今の残業態勢は、給料が増えるのではなく、結果的に増やされてるだけですからね。勿論増えるだけマシって会社も多いでしょう。ともあれクリーンな人間関係や能力発揮や向上を求めるにも休息は第一。私生活への干渉も同様で、境目があるからこそ区切りをつけて気持ちを切り替えることも出来るのです。本来残業させるって悪循環の始まりですし、社畜化も度が過ぎればどこかで電通のようなボロを産みます。個人的には結婚から子供が産まれると、もうブラック企業のクモの巣に引っかかったも同然なので、企業選択と言うのは家庭を持つ前にある程度の基盤を持っておくべきだと思っています。


■「給料より休日」初めて上回る 新入社員意識調査 私生活重視の「自分ファースト」

 会社に望むのは給料が増えることより、休日が増えること-。今年度の新入社員が「働き方」を重視する傾向にあることが、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが9日、公表した意識調査で明らかになった。「給料」を「休日」が逆転したのは平成16年度の調査開始以来初めてで、同社は「会社に尽くすのではなく私生活を重視する『自分ファースト』のライフスタイルだ」と分析している。

 調査は同社が実施する新入社員セミナーの参加者を対象に、3月下旬~4月上旬に約1300人から回答を得た。

 新入社員が会社に望むことは「人間関係が良い」が最多で、次いで「自分の能力の発揮、向上ができる」。ただ、能力の発揮や向上を望む新入社員の割合は減少傾向で、今年度は初めて6割を下回った。その一方で「残業がない、休日が増える」ことや「私生活に干渉されない」ことを望む割合は増加傾向だった。

 また、理想の上司としてもっとも支持を集めたのは、成長を忍耐強く見守ってくれる「寛容型」。論理的で責任感の強い「論理型」や何事にも熱心な「情熱型」はあまり支持されなかった。


浦和 社長と森脇が謝罪「今後、二度とこうした行動はしないように」

さて反省の意と言うのも怪しいところ。「熱くなっていた」だから仕方ないくらいの誠意しか伝わってきませんけどね。あと臭い発言ですけど、当人唾が飛んだからと小笠原選手対する言葉であって、決してレオシルバ選手に対する差別発言ではない述べてます。しかし冷静に考えて見ましょう。相手から唾が飛んでいて第一声として発するのは「汚い」という類になるのでは?しかも理性が壊れる最中ですよ?もうどうにかこうにか穏便な形で締めようと言い訳三昧になっているようにしか見えないんですよね。そもそも最初は「自分は言ってない」って断言した上での話しなので、丸で親に無理矢理謝されてる悪餓鬼の様な印象。ビデオ映像もしっかり残ってますし世間としてはアウト判定でしょう。


 J1浦和は9日、4日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節・浦和―鹿島戦(埼玉)の試合中に鹿島のMF小笠原満男(38)と小競り合いを起こしたDF森脇良太(31)が同日Jリーグから2試合の出場停止処分を科されたことを受け、クラブの公式サイトで謝罪した。

クラブは「森脇良太への裁定を受けて」とのタイトルで公式サイトを更新し、「弊クラブ所属選手の森脇良太と鹿島アントラーズ小笠原満男選手の間で発生しましたトラブルにつきまして、鹿島アントラーズのみなさま、浦和レッズに関わるみなさま、Jリーグを応援し、支えてくださるみなさまに、ご迷惑をおかけしましたことを、お詫びいたします」と謝罪。淵田敬三社長(62)の名前で発表した声明の中で森脇について「クラブとして、今後、同様の問題が起きないよう、本人への啓発を強めるなど努めて参ります」とし、「みなさまにご迷惑をおかけしたことを、重ねてお詫びいたします」と陳謝した。

また、森脇もクラブを通じて長文のコメントを発表。「自分の発言が、子供じみたもので適切ではなかったと思いますし、深く反省しています。僕や浦和レッズを応援してくださっているみなさんに、ものすごく悲しい思いをさせてしまったと思いますし、サッカーを好きで他のクラブを応援してくださっている方、また鹿島アントラーズを応援する方にも不快な思いをさせてしまいました。そして、試合の中で熱くなっていた中で、小笠原選手にも不快な思いをさせてしまいましたし、結果的にレオシルバ選手にも同様の思いをさせてしまいました。本当に申し訳なく思っていますし、今後、二度とこうした行動はしないようにしていきます」などとしている。


1 2 3 4 182