「小池百合子」都民ファーストの会代表が1100万円の公金横領 アントニオ猪木が告発

えっ!?まさか、汚職事件が発覚!?去年に都知事選を実施して新たな都知事が小池百合子さんに決定したばかりなのに、早くも辞任となり再び東京都知事選をすることになんてなりません…よね?「都民ファーストの会」なんていう何とも胡散臭い名前だなと思っていましたが、どうやら胡散臭いのはその名前だけでなく実情そのものが何だかヤバそうな雰囲気になってきました。しかし、まだこの告発が正しいと決まったわけではありませんし、詳しく調査してみないことには真実は分かりません。ただ、この国においてはその調査によって真実が暴かれることや、またその事実を正しく国民に知らされるといったケースが珍しいと感じてしまうためどうなるか全く予想できません。それにしても、お金に纏わる事件が多すぎますね。

 小池百合子東京都知事の特別秘書、そして「都民ファーストの会」代表を務める野田数(かずさ)氏は知事の参謀役である。そんな野田氏の公金横領を、アントニオ猪木参院議員(74)が告発する。

***

都知事選では小池陣営の選対責任者だった野田氏は、それ以前に猪木議員の秘書を約1年間務めていた。

問題が発覚したのは2014年6月。“政治活動”と称し、野田氏がキャバクラなどで金を使っていたことが明るみに出たのだった。かねてより野田氏は「文書通信交通滞在費」として支給されるのは月50万円だと事務所に説明していたが、

「それは全くの嘘で、実際には月に2回、計100万円が振り込まれていました」(猪木議員)

猪木議員の個人名義口座とは別に事務所名義口座を開設し、そこに残り50万円分を振り込ませ、野田氏は数カ月にわたりひそかに引き出していたという。

これを受け野田氏は猪木事務所を解雇されるも、その際、経理データの入ったパソコンのデータを消去するなどの行動に出る。その後も不自然な金の流れが多々明らかになったことで、14年12月に告訴状を警視庁に提出した。

「告訴状には、文通費から820万円、政党助成金から300万円、計1120万円を着服して横領した旨を記載しました」(猪木事務所の担当者)

これに対し、野田氏は“金は全て猪木氏の指示に基づき使った”旨を主張するが……。

5月18日発売の「週刊新潮」にて猪木議員の告発を詳しく掲載する。


いろはまりん

「月収400ドルしかない」という被害者の悲痛な叫びに同情し、犯人は身代金の要求を撤回して無料でファイルのロックを解除してあげるという驚くような話が本当にあった!?意外にも人間の優しき心を持ち合わせていた犯人ですが、身代金の要求を下げるでもなく無料にし、さらにランサムウェアに感染したパソコンを救いだしてくれるという優しさにちょっと笑ってしまいました。しかし、元を辿れば犯人たちがランサムウェアを作成しそれをバラまいたのが原因なわけですから、決して「いい話」ではないということを忘れてはなりませんね。それにしても、台湾の平均年収が安すぎてその事実に一番驚いてしまいました。


「月収400ドルしかない」–ランサムウェア被害者の悲痛な訴えに犯人が同意?

世界が大量のデータを失う可能性に怯えるなか、台湾は無傷で切り抜ける可能性がある。

ランサムウェア「WannaCry」の開発者は、台湾の一部被害者のデータを解放することにしたようだと、シンガポールのメディアChannel 8 Newsが現地時間5月14日付で報じている。

被害を受けた台湾のユーザーが公開したメールのスクリーンショットでは、月収が400ドルしかないと主張する被害者に対し、WannaCryを仕掛けたとみられる相手が、自分たちの台湾でのキャンペーンは「完全な失敗」とみられるため、この被害者に対して、データの暗号化を無料で解除すると述べている。

メールの相手は失敗の理由として、台湾人の「収入を高く見積もりすぎた」ことを挙げている。

調査によると、2016年の台湾人の平均月収は1344ドルだという。

WannaCryに脆弱な未パッチの「Windows」旧バージョンを利用している人が多いとみられるほかのアジア諸国も、台湾のような扱いを受ける可能性があるのだろうか。

WannaCryは、米国時間5月12日から世界各国で大規模感染が報告されるようになった。14日の時点で、150カ国の10万を超える組織に被害を与えている。

感染したコンピュータでは、ファイルがロックされ、300ドルの「身代金」を仮想通貨のビットコインで支払うよう要求するエラーメッセージが表示される。身代金を支払ってデータを回復しなければ、19日までにデータが削除されるという。


なぜ2代にわたって乳が出たの? 淡路の雄ヤギに関係者びっくり

子ヤギに乳を迫られた父親のコタロウが仕方なく乳を出す。当然、コタロウは父親ですから雄ヤギなのですが、人生において不可能など存在せずやる気と才能さえあれば何とかなるということを教えてくれる素晴らしいニュースです。なお、コタロウのお父さんであるネギも乳を出したことがああり、またコタロウの乳もネギの乳も子ヤギは全く飲まなかったようです。一体、このヤギの親子は何者なんだ!?そして、子ヤギが飲まなかったということは、それは乳ではなく乳のようなものでしか無かったという事ですかね。自然や人体の神秘、さらにはオカルトも大好きな私ですがなぜか雄ヤギから乳が出た謎を解明して欲しいとは全く思いません。

兵庫県南あわじ市倭文(しとおり)庄田で飼育されている雄ヤギ「コタロウ」の乳からミルクが出始め、関係者を驚かせている。コタロウは今年2月、雌ヤギとの間に3頭の子を授かったが、3月に雌ヤギが病気にかかって乳が出にくくなり、子ヤギたちは乳欲しさに鳴くことが多かったという。

コタロウは2歳6カ月で人間なら20代ぐらい。5月上旬、コタロウの右乳が張っているのを飼い主が見つけ、連絡を受けた地元の獣医師、山崎博道さん(72)が16日、現地へ調査に訪れた。

山崎さんが搾ると白く甘いミルクが出たほか、左乳も張っているのが確認された。ただ、子ヤギがコタロウの乳を飲むところは、確認されていないという。

コタロウの父の「ネギ」(平成26年死亡)も、同様の状況でミルクが出たことがあるが、子ヤギが飲むことはなかったという。

山崎さんは「全国でもあまり例のない現象。なぜ2代にわたって乳が出たのか、どんな成分なのか、今後調べたい」としている。


新たな大規模サイバー攻撃、水面下で進行 WannaCry超える規模

現在、世界中を恐怖の渦へと陥れているランサムウェア「WannaCry」によるサイバー攻撃。しかし、さらに恐ろしいことにそれを上回る規模のサイバー攻撃がすでに始まっていると言うのです。その名も「Adylkuzz」!?「WannaCry」と同様の脆弱性を使った新たなサイバー攻撃ですが、感染したコンピュータのファイルをロックしその解除に身代金を要求する「Adylkuzz」とは異なり、「Adylkuzz」は感染しても利用者には気付かれないように水面下で動作しながら仮想通貨を生成しウイルス作成者に自動的に送金してしまうとのことです。つまり、被害に気付いた時には時すでに遅しといった状態であり、気付かないうちにお金を奪われてしまうというのは本当に恐ろしい事態です。これなら、「WannaCry」のようにウイルス感染者が情報弱者であるため、身代金として使用されているビットコインが何なのか理解できないいった状況や、英語が読めずに何が起きてるのかすら理解できないといった状況を回避できるため、これまで以上に大きな被害を生んでしまいそうです。

先週から世界中のコンピューターを襲っているランサムウエア「WannaCry」による大規模サイバー攻撃を上回る規模のサイバー攻撃が現在、密かに実行されていることが分かった。国際サイバーセキュリティー企業プルーフポイント(Proofpoint)が17日、AFPに対し明らかにした。

プルーフポイントのニコラ・ゴディエ(Nicolas Godier)研究員によれば、WannaCryによるサイバー攻撃が12日に明らかになった後、同社の研究者らは、WannaCryが利用したものと同じ脆弱(ぜいじゃく)性を使った「Adylkuzz」という新たなサイバー攻撃が実行されていることを発見した。Adylkuzzには既に数十万台のコンピューターが感染したとみられている。

Adylkuzzでは「NSA(米国家安全保障局)によって最近明らかにされ、マイクロソフト(Microsoft)が修正対応したハッキングツールを、より目につかないやり方で、別の目的のために使用している」とゴディエ氏は説明している。

WannaCryはデータを暗号化し、感染したコンピューターを完全に使用不能にするが、Adylkuzzでは、コンピューターを動作させたまま、仮想通貨「モネロ(Monero)」の「採掘(マイニング)」をバックグラウンド処理で行い、その通貨をウイルス作成者に送信する。

モネロやビットコイン(Bitcoin)のような仮想通貨は、取引を記録するために有志の協力者のコンピューターを使用している。協力者は仮想通貨の「採掘」を依頼され、時に仮想通貨の形で報酬を受け取る。

プルーフポイントはブログで、Adylkuzzに感染すると、ウィンドウズ(Windows)の共有データにアクセスできなくなったり、パソコンやサーバーの動作が低下したりするなどの症状が出るが、ユーザーはすぐには気づかない可能性があると指摘している。

同社は、Adylkuzzの感染は遅くとも今月2日、あるいは先月24日に始まったが、動作が目につきにくいために、すぐには発見されなかったとの見方を示している。【翻訳編集】 AFPBB News


華城まや

チャイナ服とスクール水着が融合!?可愛いだけでなくセクシーなデザインの「チャイナスクミズ」が、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアの新商品として登場したようです。お値段は、なんと1万3500円!うーん、これはちょっと高い!しかも、私は従来のデザインの方が可愛く見えてしまいます。また、以前ネットで見かけた肩の部分にフリフリが付き、さらに腰の辺りにはパレオのようなフリルが付いたデザインのスク水の方が好きですね。これは、全国のスク水ファンの皆さんはどのような感想を持つのでしょうかね?しかし、最近はいろんなデザインのコスプレが発売されるためいろいろな意味で捗りますな。


 チャイナ服×スクール水着 かわいさとセクシーさが合体した「チャイナスク水」が誕生!

チャイナ服とスクール水着が1つになった「チャイナスク水」が、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアに登場しました。

デザインのポイントはチャイナ服のような首回り。伸縮を抑えるために硬めの芯を貼り、華やかなチャイナボタンで仕上げてあります。

水着部分はローレグ&フルバック。濃い目の色なので透けにくく、サイドの切り替えで視覚的な引き締め効果も期待できそう。おとなしめに見えてデコルテ部分が大胆にカットされたデザインは、周りの視線をくぎ付けにしそうです。

ラインアップは2種類。「RED×GOLD(1万3500円)」は赤をベースにサイドに黒、パイピングテープとボタンにゴールドを使用。「BLUE×SILVER(1万4999円)」は青をベースにサイドには白×水色のレース、パイピングテープとボタンにシルバーを採用しています。

素材は縦横に伸びる伸縮タイプ、サイズはレディースのS〜M相当、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアで予約を受け付け、7月初旬の発送を予定しています。


YOSHIKI緊急手術無事終了も、即レコーディング再開にはドクターストップ

先日、日本の人気ロックバンド「X JAPAN」のドラマーであるYOSHIKIさんが「頸椎椎間孔狭窄症」であり、緊急手術が必要な状況であることが報道され心配していたファンも多いことと思いますが、本日手術は無事に成功したことが伝えられました。アスリートなら即刻引退を余儀なくされる状態という話も出ていたためかなり心配でしたが、無事に手術が成功して本当に良かったと思うとともに心から安心しました。しかし、驚くことにYOSHIKIさんは手術直後にも関わらず、全身麻酔が切れると同時に新曲のレコーディングのためにスタジオに向かったとのことです。この人は、本当に命を懸けて音楽を作っていますね。だからこそ、世界中の人を魅了する素晴らしき音楽が書けるのだと納得してしまいます。しかし、周囲の人たちはファンたちは全員医師の言う通りしばらく安静にしていて欲しいと願っていることでしょう。

X JAPANのYOSHIKIが、米国時間5月16日、アメリカ・ロサンゼルスのシーダースサイナイ病院にて頚椎人工椎間板置換の緊急手術を受け、無事に終了、成功したとマネジメント会社が発表した。

激しいドラミングスタイルにより、「頸椎椎間孔狭窄症」と診断され、 ニールアナンド医師により執刀された人工椎間板置換手術は、非常に繊細な作業を要し、数時間に及んだが、現在YOSHIKIの容態は安定しているという。

医師の話によれば、術後声を発することが困難な状態がしばらく続くが、時間の経過とともに、本来の声を少しずつ取り戻すであろうといわれている。

傷口は6週間で部分的な治癒、6カ月後には90%の回復が期待されるとのこと。しかし左腕から左手に走る電気のような痛みの症状は、改善にどれだけの時間がかかるのかは現段階では分からない。

通常であれば最低でも術後数日は入院することが望ましい状況だが、YOSHIKIは全身麻酔から覚醒後、鎮痛剤を服用した意識がもうろうとした状態で昨夜から手術の直前まで書いていた曲をどうしてもレコーディングしたいと言い、術後数時間で医師に直談判、退院したその足でスタジオに向かった。

30分ほど作業をしたが、術後すぐの体調では想像以上の負担があり、同行していたスタッフ、ナースの説得に応じて自宅に戻り、現在は医師の管理の下に静養中だ。

7月に予定されている「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」、8月から9月にかけて予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショー、および世界ツアーの日程含め、今後の活動に関しては、術後の回復状況を見ながら判断の上、近日中に報告されるという。


世界が注目、13歳天才物理少年が本気で警告「CERNがパラレルワールドを破壊中、宇宙滅亡する」

な、なんだってー!?えっと、つまり…一体、どういうことなんだ!?私の知識と理解力では、この天才少年が一体何を訴えかけているのかサッパリ理解できません!しかし、こんな私でもCERNという研究機構の存在は知っています。なぜなら、私が大好きなアニメ『シュタインズ・ゲート』に登場しましたからね。その作品では、後に地球を支配しディストピアへと変えてしまう悪の組織として描かれていたため、読んでも全く理解できないだろうと分かっていてもこの記事を読みたくなってしまいました。そして、案の定全く理解できなかったー!つまり、具体的な理由については全くわかりませんが、記事のタイトル通り「CERNがパラレルワールドを破壊中、宇宙滅亡する」可能性が存在するということみたいです。世界が注目する天才物理少年が言うんだからきっとそうなんでしょう!ただ一つ分かったことは、『シュタインズ・ゲート』の脚本を書いた人はCERNの研究にかなり興味を持つ物理マニアであるということぐらいです。

宇宙はかくも広大で複雑であり、理解しようと試みても目を白黒させてしまうばかり……。ところがアメリカ人少年、マックス・ローハン君はこれらの難解な理論を全て理解し議論までできるほどの天才少年だ。

■ローハン君「CERNがパラレルワールドを破壊した」

13歳のローハン君は昨年、小規模ながらたった1600円で空気中の電磁エネルギーを集め直流電流に変換するフリーエネルギー装置を自作して、世界中から注目された天才物理学少年である。

そんなローハン君がここにきて、ジュネーブ郊外にある素粒子物理学の総本山「CERN」(セルン/欧州原子核研究機構)に対し強い危機感を抱いているという。

CERNが研究を行っているパラレルワールド=並行世界について、ローハン君はCERNが最も近いところに存在していたパラレルワールドを破壊した可能性があると主張しているのだ。

量子物理学の最新研究では、無限の多次元世界が存在する可能性が指摘されており、それぞれの世界が相互に干渉した際に、人々にパラレルワールドの方の現実が一部記憶されてしまう事態があるという。その現象は「マンデラ効果」と名づけられ昨今注目されている。

CERNが研究を行っているパラレルワールド=並行世界について、ローハン君はCERNが最も近いところに存在していたパラレルワールドを破壊した可能性があると主張しているのだ。

量子物理学の最新研究では、無限の多次元世界が存在する可能性が指摘されており、それぞれの世界が相互に干渉した際に、人々にパラレルワールドの方の現実が一部記憶されてしまう事態があるという。その現象は「マンデラ効果」と名づけられ昨今注目されている。

ローハン君は今回、このマンデラ効果がまさに起こった可能性と結果について独自の見解と理論をビデオで20分以上(!)にわたり熱弁を振るっている。ローハン君は無限にあるパラレルワールドは絶えず生みだされ、中には神が存在するものさえもあると語る。

また無限のパラレルワールドには、逆に神が存在しない宇宙や、神がさらに強力な力を持つ宇宙もあるだろう、とも……。

■専門家からも指摘されているCERNの危険性

ローハン君は、絶対に持ち上げることが不可能な石を作り出せる神の例を挙げ、これが真実であるとすれば神自身も石を持ち上げることができなくなると指摘する。そして逆に、もし神が全権を有する場合にはおそらく神だけはその石を持ち上げることが可能で、いわば全知全能になるとも語る。こうしたパラドックス(逆説)を挙げながら、ローハン君はパラレルワールドについてよどみなくビデオで自説を展開しているのだ。いやはや、もはやローハン君自身がパラレルワールドから来たのではないかと疑ってしまうくらい異次元レベルですごいのだ。

CERNのパラレルワールドの実験は世界最大の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」によって、ビッグバンの再現やブラックホールの生成を目的とした、13兆電子ボルトという超高圧状態下における陽子高速衝突実験など、計り知れないほどの規模の試行を繰り返している。

それゆえ、一歩間違うと人類に想像もつかない異変をもたらす危険があると、ローハン君だけでなく、以前より一部の研究者から懸念や非難が相次ぐこともしばしばだ。

我々一般人が知る由もないところで無限に生まれているかもしれないパラレルワールドとその研究。宇宙はやはり理解するには広すぎるようである。


王者「週刊少年ジャンプ」が200万部の大台割れ! 「マガジン」「サンデー」も苦戦が続く

集英社が発刊する人気の週刊少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の印刷部数が減り続け、ついには200万部の大台を下回ってしまったようです。ていうか、未だにそんなに印刷されていたことに逆に私は驚きましたけどね。ところで、下の週刊少年ジャンプNo.24の表紙のイラストですが何かおかしくないですか?90年代に同じく「週刊少年ジャンプ」で連載していた大人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場するキャラクター斎藤一(さいとうはじめ)の得意技である「牙突」のような構えをした少年の顔が不自然で仕方ありません。しかも、画力が低いのか構えがとにかくダサい!この変な絵の漫画は読んだことはありませんが「つまらなそう」と思ってしまいます。しかし、こちらの漫画は調べてみたところ『鬼滅の刃』というタイトルの作品であり、意外にも現在の週刊少年ジャンプでは人気がある方なのだそうです。何だか、ジャンプの人気が落ちてしまった理由を計り知れたような気がしました。

5月16日、「一般社団法人 日本雑誌協会」が2017年1~3月の印刷部数を公表した。なかなかに景気の悪い数字が並んでいるが、あの「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」/集英社)がついに大台割れ! というショッキングな数字も飛び出した。「少年向けコミック誌」の数字を表記する。

●「少年向けコミック誌」

月刊少年マガジン講談社43万7,120(46万6,600)
週刊少年マガジン講談社96万4,158(98万6,017)
月刊少年シリウス講談社8,500(8,583)
ウルトラジャンプ集英社4万1,000(4万1,667)
週刊少年ジャンプ集英社191万5,000(200万5,833)
コロコロコミック小学館76万3,333(84万3,333)
サンデージェネックス小学館1万0,000(1万0,000部)
週刊少年サンデー小学館31万9,667(32万3,250)
少年サンデー超(スーパー)小学館1万4,333(1万2,333)
別冊コロコロコミックスペシャル小学館11万5,000(13万5,000)
ジャンプスクエア集英社22万0,000(24万0,000)
ゲッサン    小学館3万5,000(3万5,333)
コロコロイチバン!小学館6万5,000(7万3,333)
別冊少年マガジン講談社6万5,333(6万6,000)
※()内の数字は前回2016年10~12月の印刷部数

なんと日本最強の週刊少年マンガ誌、「ジャンプ」が200万部の大台をついに割ってしまった! よく知られているとおり、『ドラゴンボール』(作:鳥山明)を筆頭に、『幽☆遊☆白書』(作:冨樫義博)、『SLAM DANK』(作:井上雄彦)など人気マンガが揃った1994年に653万部の歴代最高部数を記録したジャンプ。

しかし人気作の相次ぐ連載終了もあり、97年には「週刊少年マガジン」(講談社)に印刷部数が抜かれてしまう。マンガ誌全体の数字が落ち込む中、それでも新たなヒット作もあり02年には再び少年マンガ誌の発行部数トップに返り咲いてから後、この15年間は常に少年マンガ誌トップの座をキープしている「ジャンプ」。

一方、95年に歴代最高の発行部数653万部を記録して以来、基本的には緩やかに部数は右肩下がり。08年には約278万部にまで落ちた数字が、『トリコ』(作:島袋光年)、『バクマン。』(作:大場つぐみ、画:小畑健)、『黒子のバスケ』(藤巻忠俊)といった00年代後半に連載を開始した作品のヒットで、10年に300万部の大台に復活という粘り腰も見せたのだが、その後は再び下落傾向へ。1978年に公称発行部数200万部を突破して以来、39年ぶりの200万割れということに。

前回16年10~12月期の200万5,833部から約9万部も部数が落ちたのは、やはり人気作の相次ぐ連載終了が響いているのだろう。16年はTVや一般紙でも話題になった超長期連載『こちら葛飾区亀有公園前派出』(作:秋本治/全200巻)をはじめ、『トリコ』(全43巻)、『BLEACH』(作:久保帯人/全74巻)、『ニセコイ』(作:古味直志/全25巻)など、いずれもTVアニメ化もされた人気・長期連載作の連載が終了している。その後、新たに連載が始まった新作たちの多くが比較的短命(いわゆる打ち切り)になってしまっており、大物たちの穴を埋めるのに苦戦している印象だ。

ちなみに、「3大少年マンガ誌」とかつては括られたライバルたち、「週刊少年マガジン」は96万4,158部(前期16年10~12月期:98万6,017部)、大改革絶賛施行中の「週刊少年サンデー」(小学館)も31万9,667(前期16年10~12月期:32万3,250部)とそれぞれ数字を落としているので、ジャンプだけではなく少年マンガ誌全体が苦戦しているといえそう。

とはいえ、ジャンプには単行本が1巻あたり400万部を超える絶対的エース『ONE PIECE』(作:尾田栄一郎)を筆頭に、現在放送中の新作TVアニメも『ONE PIECE』、『銀魂』(作:空知英秋)、『僕のヒーローアカデミア』(作:堀越耕平)、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』(画:池本幹雄、原作・監修:岸本斉史、脚本:小太刀右京)と4本もあるなど、底力はある。今後どう数字を盛り返していくのか、それとも下落を抑えられず衰退へひた走ることになるのか、少年マンガの王者の動向に注目してみたい。


希美かんな

さまざまな物や人物をディスることで笑いを取る日本テレビの人気バラエティ番組『月曜から夜ふかし』。こう書くとかなり印象が悪いですが、実は私もこの番組のファンで毎週のように見ています。放送時間が少し遅いので見ずに寝てしまうことも多いですが、寝る前に少しだけと思いテレビを付けようものなら、いつも面白くてだいたい最後まで見てしまいますね。スタッフさんの制作したVTRも面白い上に、MCのマツコ・デラックスさんと村上信五さんがVTRに対して入れるツッコミもとても面白いです。特に、今回の記事にもある通り「綺麗な桜を見るのが目的ではなく、綺麗な桜の写真を撮ってインスタグラムに載せることが目的のSNS中毒者」たちに対して、視聴者の大多数が思っているであろうことをテレビで代わりに言ってくれるのがとても気持ちが良いです。


マツコ・デラックスも大ウケ 中目黒在住の少年が地元を一刀両断

15日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、番組MCのマツコ・デラックスが、東京・中目黒在住の少年の直球コメントに大ウケする場面があった。

番組では「夜ふかし的 路線調査 Part4 東横線」と題して、東京・渋谷駅を出発して神奈川・横浜駅までの「東急東横線」沿線の主な駅を紹介した。

中目黒駅を紹介するシーンでは、VTRを見ていたマツコが「日本で一番感じが悪い街よ」と酷評。取材VTRでは、ちょうど花見時期で、多くの人々が中目黒に訪れていた。番組の取材に応じた女性たちは「イチゴシャンパン」を片手に持ち、桜を背景に自分撮りをしていた。撮影した写真は、画像共有サービス「Instagram(インスタグラム)」に投稿しているそう。

花見が目的かと思いきや、実はInstagramに投稿する用の写真を撮影するのが目的になっている人々も多いのだとか。マツコや関ジャニ∞・村上信五は、理解に苦しむ様子でVTRを見ていた。

そんな中「地に足をつけている若者を発見」と紹介されたのは、中目黒で素振りをするふたり組の少年だった。

自宅の駐車場で素振りの練習をしていたこのふたりの少年は、番組スタッフのインタビューに「毎年どんどん重ねるごとに、人が多くなってます」「みんなオシャレって言いますけど」「学校でも最寄り駅を聞かれて『オレ中目だよ』って言うと、『中目メッチャきれいじゃん!』とか『いいなー!』って言われるんすけど、目黒川から下のほうになんかあるゴミとか異臭がする」「よくこんな臭いところに集まれるなって」と“中目”を一刀両断したのだ。これにはマツコも大ウケ。

VTR後のスタジオトークでは、村上とマツコがふたりの少年について「かわいかった」と、口を揃えた。一方でマツコは、目黒川の横の道路幅が狭いことに触れ「だから、もう(花見の時期は)車も通れなくなっちゃうから、地元の人は車庫にも入れられないんだって」と、地元民の悩みの種を明かした。観覧客から驚きの声があがる中、マツコは「ダメ!だから東横線なし!」と東横線沿線のエリアを全否定して、笑いを誘っていた。


「悲しすぎるだろ……」架空の友達とチャットできるメッセージアプリが大流行の予感!

最近、「妄想ちゃっと。」というヤバすぎるアプリが密かに流行っているのをご存知ですか?これは、架空の友達とメッセージのやり取りができるというアプリであり、架空の友達の名前や顔写真などプロフィールを自由に設定することができるため、大好きな芸能人と同じ設定にして楽しんでいるユーザーも多いようです。さらに、作成できる友達は一人だけでないため、理想の友達をどんどん増やして「リア充」になった気分を味わえるとのことです。えぇ、これはもうヤバすぎでしょう…。ネタとして試しに遊んでみる程度なら良いですが、こんなアプリに熱中するような悲しい人間だけにはなりたくないものです。普通は、こんなことしてもすぐに飽きてしまいますからね。

LINEなどのメッセージアプリは、いまや定番のアプリとして多くの人に利用されている。しかし最近では、「悲しすぎる」メッセージアプリが流行の兆しを見せており、「何のために使うんだ…」「余りにも寂しい」と話題になっているのだ。

「自給自足で」友達を増やす!?

話題になっているのは、「妄想ちゃっと。」というアプリ。「iTunes」のアプリ情報には、「自分で作成した架空の友だちと、登録したキーワードで妄想上の会話が楽しめます」とさっそく悲しげな説明文が。このアプリは自分で友達を設定し、その架空の友達とメッセージをやり取りできるというシステム。アプリの説明には、「『自給自足』で好きなだけ友達を増やそう!」という説明があり、これが「自給自足って…」「強烈なキャッチコピーすぎる!」と話題を呼んでいる。

架空の友達は、名前や自己紹介文、さらにプロフィール写真も自由に設定でき、「LINE」の友達一覧とそっくりな画面に彼らを登録することが可能。メッセージは、例えばこちらが「おやす」という文字列を含むメッセージを送れば、友達が「おやすみ」と返してくれるという具合だ。自分の送るキーワード、相手の返答ともに自由に追加できるので、理想のやり取りを実現することができそう。

このアプリのレビューには「好きな芸能人とほんとに会話してるみたいです」「めっちゃ良い!」という評価が並ぶ一方で、「面白いけど悲しくなる」という声も。「大切な何かを代償にしている気がする」と言いつつ星5つの最高評価を付けているユーザーもおり、虚しさを感じつつも楽しんでいる人が多いようだ。

なお、ネット上では「チャット通知が来まくってるリア充アピールするために使うのかな?」という声も上がっているが、残念ながら通知画面には「妄想ちゃっと」としっかり表示されてしまうので、「普通のチャットに見えるようなアプリ名よろしくお願いします」とのレビューも付けられている。

「架空の相手とやり取り」には需要があるのか

架空の相手とやり取りするアプリとしては、少し前に流行した「妄想電話」が有名。ほかには、自分側と相手側両方のメッセージを自分で書くことができる「チャットノベル」というアプリも「好きなキャラと話してる感じがして最高!」と評判だ。

それ以外では、芸能人や企業のLINE公式アカウントに「暇なときに話しかける」という人もいるよう。特にケンタッキーフライドチキンのアカウントは、カーネルおじさんが「フォッ フォッ」「若いのぅ」「わしもじゃ~っ」などと個性的な自動返答をしてくれることもあり、人気を博していた。

最近では、LINEで会話ができる人工知能「りんな」が話題になったりと、意外と需要のありそうな架空のメッセージ。「妄想ちゃっと。」の今後の進化にも期待したい。


1 2 3 4 5 147