安岡沙希

ヒエッ!?何て恐ろしい展示会を開催するんだッ!しかし、行ってみたい!怖いけど見てみたい!絶対に後悔するし全身の鳥肌が立つことは間違いありませんが、怖いもの見たさで興味を持ってしまうのが人間の性。東京で開催してくれたら絶対に見に行くのですが、大阪は遠すぎますしさすがにこれのために大阪まで行こうとは思えません。もちろん、大阪には他にも魅力的な観光地がたくさん存在しますから、それらの観光地を同時に楽しめるように長期休暇を取って予定を組めるようなら行きたいですけどね。と思ったら、大阪だけでなく東京でも開催予定だったー!しかも、東京のほうが早く開催されるようです。入場料も800円と安いですし、これは行くしかないのか…。イヤだー!行きたくない!でも、見てみたいー!覚悟を決めて友達と一緒に行ってみようと思います。ちなみに、シリアルキラー展IIも気になっているのですが、こちらはちょっとチケット代が高くて躊躇しています。


 ぞわっ…気持ち悪い生物を集めた『キモい展』、東京・大阪で開催

2015年『ごきぶり展』を開催し話題になった山口県周南市徳山動物園協力のもと、東京・大阪にて『キモい展』が開催されます!!

東京は東京ソラマチ(R) スペース634にて6月8日から7月9日まで。大阪は京セラドーム大阪9Fスカイホールにて7月15日から8月31日まで行われます。それぞれ入場料は前売 700円(当日 800円)。

『キモい展』は「何でそんな色なの?」「何でそんな形なの?」「何でそんな動きするの?」など、疑問ばかりが浮かんでくるような形態の生き物を約30種類以上集めたイベント。 協力する周南市徳山動物園は、2013年・2014年夏、気持ち悪い生き物ばかりを世界中から集めた『ぞくぞく!ふしぎ動物キモだめし』を開催し話題になりました。さらに編集部も取材した、2015年の『ごきぶり展』にはおよそ3万人もの人が怖いもの見たさに足を運んだそうです。

『キモい展』自体は、昨年2016年に名古屋と横浜で開催。多くの人が足を運び、来場者数は累計7万人を突破。「マジ無理!」「キモ」などの奇声や大変衝撃だったなどの声などたくさんの声が上がったものの大好評でした。

ガラス越しでも気持ち悪いけれど、何故か魅入られる生き物たちの展示や、入り口から大量のミルワームを通路の両サイドに展示した「キモいトンネル」が待ち構えているそうです。
また前回の展覧会でもご好評いただいた「ふれあいコーナー」を毎週2回 月曜日・水曜日に実施する予定です。今回触れ合える生き物については、当日のお楽しみ。他にも会場限定でゴキブリなどをモチーフにしたキモいグッズが多数用意されます。

今年の夏も猛暑が予想されていますが、キモいアニマルでちょっぴりひんやりしてみるのもいいかもしれませんね!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加