水咲あかね

皆さんは、「私、日本人でよかった。」という下記のポスターをご存知だろうか?これは、先月あたりにツイッターを中心に話題になったポスターです。何を言いたいのか意図が不明のキャッチコピーが不気味だったり不快に思う人が多かったらしく悪い意味で話題になりました。なお、こちらのポスターは全国の神社を包括する「神社本庁」が6年前に制作したものであり、なぜ最近になって急に話題に挙がったのか不思議に思う人々も多かったようです。しかし、その理由は簡単であり全国に貼ってあるポスターではなく京都などの一部の地域でのみ見ることができないからでしょう。それがSNSに拡散されたことにより急激に知名度が上がったというわけです。私としては、このポスターがどのような意図があって作られたものなのかはどうでも良かったのですが、「このポスターに写っている女性が、日本人ではなく中国人だった」いう衝撃のオチが面白すぎてぜひ皆さんに紹介したくなりました。クライアントから使用する写真を提供されたわけでもなく、デザイナーが写真を撮影したわけでもなく、さまざまな写真から好きなものを購入して広告に使用することができる所謂素材集から持ってきたようです。まぁ、デザイナーが使用する写真に写った女性の国籍なんていちいち確認しませんから仕方ありませんよね。それにしても、見ただけでは意図がサッパリ分からないポスターなんて作って何の意味があるのだろうか。


「日本人でよかった」モデルは中国人騒動 神社本庁の見解

あるポスターの存在が、ネットを中心に話題になったのは4月末のことだった。「京都のあっちこっちにあったポスター」などの紹介文でツイッターに写真が掲載されると、「春頃から京都で貼られまくっているポスター」として広まり、思わぬ騒動に発展しているのだ。

瞳を閉じてうっとりとした笑顔を浮かべる美女の頬には日の丸を連想させる赤くて丸いマークが描かれ、背景には日本国旗が広がる。大きな文字で「私 日本人でよかった。」というキャッチコピーがあり、下部には日の丸とともに「誇りを胸に日の丸を掲げよう」との一文がある。

しかしポスターには制作者や関係団体の名称は一切記されておらず、誰が、何の目的で作ったのかわからない。そんな“日本人でよかったポスター”に関心が集まったきっかけは、ポスターの制作者として、全国の神社を包括する「神社本庁」の名前が挙がったことだった。

折しも、森友学園騒動で神社本庁と関係の深い「日本会議」や「愛国教育」が話題になっていたことが重なり、“神社本庁製作”情報はネットを席巻。ポスター騒動は否定・肯定の両陣営に分かれて一段とヒートアップした。

否定派が「わざわざ日本人を強調するのは恥ずかしい」「京都の外国人観光客が見たらどう思うのか」「戦前の日本と変わらない」と主張すれば、肯定派は「愛国心や郷土愛を持つことは当たり前」「何が悪いかわからない」「たかがポスター」と反論。「きれいな女性だから家に飾りたい」などの“第三極”も交えて侃々諤々の激論となった。

だが、驚きはここからだった。

議論がヒートアップする中、「日本人でよかった」ポスターの美女モデルが、「実は中国人だった」との仰天情報が駆け巡ったのだ。

報道写真や宣伝用写真など世界的に数多くの写真を配信する通信社ゲッティイメージズのサイトを見ると、確かにポスターと同じ女性の写真が配信されている。写真の情報として、「Beijing」(北京)で撮影されたものとあり、説明するキーワードの中には「中国人」とある。

同社に確認すると、「『中国人』とは、撮影者が設定したキーワードで、サイトでもそう記載しています。騒動を受けて正確なモデルの情報を確認したところ、確かに中国人でした」と説明した。

「日本人でよかった」ポスターのモデルは、“日本人じゃなかった”のだ。

◆「国籍は知らなかった」

ポスターを制作したとされる神社本庁はこう答えた。

「私たちは祝日の意義と休日の国旗掲揚を啓発するために、何年かに一度ポスターを作っています。当該ポスターも神社本庁が作成して各神社に6万枚配布したものです。

東日本大震災が発生し、日本人の秩序正しい行動が世界中で称賛されました。そうした日本人の礼儀正しさを応援するために、『私 日本人でよかった。』というコピーになりました」(神社本庁教化広報センター)

それにしても、なぜコピーにある「日本人」ではなく、「中国人」がモデルだったのか。神社本庁は「国籍は知らなかった」と話す。

「デザインや画像使用はすべてデザイン会社に一任しており、神社本庁はモデルの国籍について承知していません。たとえ中国人だったとしても、トータルのデザインとしてのイメージなので、特段の問題はないと考えます」(同前)

だが『日本会議の正体』の著者でジャーナリストの青木理氏は、ポスターに見られる神社本庁の姿勢を批判する。

「あからさまな日本礼賛のようなキャンペーンは、安倍政権が進める歴史修正、復古主義的な空気の中、政権のコアな支持層である日本会議のキャンペーンなどと歩調を合わせているのでしょう」

青木氏は、「私 日本人でよかった。」というコピーについてもこう語る。

「日本には様々な国籍の人が暮らしています。このコピーはそうした人びとへの排除意識を感じさせ、差別とも受け止められかねない。しかもモデルが中国人だったなんて、まったくレベルの低いブラックジョークのようなものです」

◆「6年前のものですから」

もっとも、なぜこのポスターが今話題になったのかについて、疑問が残る。というのも、このポスターが作成、配布されたのは6年も前のことだった。前出の神社本庁はこう説明している。

「平成23年に作ったものです。掲示はそれぞれの神社にお任せしていますが、このポスターは6年前のものですから、すでに使い切ったと考えています」(前出・教化広報センター)

神社本庁で抱えている“在庫”もないという。問い合わせの多さに困惑している様子だった。

もはやレアなポスターにもかかわらず、現在進行形であるかのような大騒動になったことについて、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、「一部の左翼的な人たちが騒いだから」と呆れるのだ。

「実は京都でも、今はそれほど貼られていないとも聞く。日本では日本人であることを誇ると『レイシスト(差別主義者)だ』と騒ぐ人がネットにはいますが、この騒動もその一環にすぎないのではないでしょうか。このポスターを『打倒安倍政権』の道具としてネットで問題にする人たちが、政治的な論調の仕掛人になってしまう状況はまずいと思います」(中川氏)

6年前のポスターをめぐる、どこまでもおかしな大騒動である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加