健康ブームで芸能界の“デブキャラ”崩壊?

デブタレントの代表各になりそうなのがグルメタレントの彦摩呂さんですが、最近の太り具合を心配する視聴者の声が増えています。芸能界デビューした当初はイケメンアイドルグループで売り出されていたはずですが、「宝石箱や~」などのグルメレポートが話題を呼んでその関係の仕事が急増しました。仕事で高カロリーなものを食べるだけでなく、私生活でも高級食材を食べ漁ることが多くて現在のようなジャバザハットみたいな体型になってしまいました。安田大サーカスのHIROがダイエットを成功しましたが、彦摩呂さんもそろそろダイエットした方が健康のためにいいですね。ホンジャマカの石塚さんは太り過ぎないように痩せすぎないようにジムで調整しているようです。デブタレントの本気のプロ意識を感じました。

多数のお笑い芸人がTVを賑わした正月特番もひと段落。芸人たちの“今”の姿を見ていると改めて、2017年はデブキャラとして定着していた芸人の激やせニュースが相次いだことが思い返される。そこで今一度、芸人とダイエットの関係について考えてみる。

 

ライザップのCMでの芸人の激やせパフォーマンスも世に衝撃を持って受け入れられたことも指摘し、「現在はダイエットブームも加速しており、広告代理店や芸能事務所が、タレントを激やせさせることが話題作りに有効であると気づいた。

つまり“デブキャラ”が定着してしまうと、安易には痩せられない。イメージを持続するために太っておかなければならず、それが“ビジネスデブ”と呼ばれる所以なのだ。

ヘルシーブームの中にあっても、痩せる気配のないタレントも多数いる。実際、ふくよかな体型の人気者の数は非常に多い。


白石真琴

当時起こった際には見逃していたのか、初耳だったのですが…なにやら今年の5月に児童館施設に勤務している20代女性が、何と小学2年児童にバットで殴られ、命はあるものの完治不能な障害を負わされることになっていたそうです。突然背後から首を殴打され、右耳が使い物にならず、自律神経損傷から突如眩暈を覚える生活を余儀なくされたとのこと。背景的に余程苦しめられるようなことが児童の身に引き起こっていたのか?なんて思考を巡らせていたら、なんと他の児童にも暴力を振るう問題児だったことが発覚。当然のことながら14未満として刑罰は受けないながらも被害届は提出したそうです。しかしこの事件はそれだけで終わらず、今度は別方面から彼女の精神を蝕むようなことが起きてしまいました。何と教育関係者らの交流会にて、この人生を狂わされると同義の暴力を「事故」として断じられ、「児童が感情を出すのは良いこと」なんて、完全に他人事としてしか見れない頭の可笑しい発言をしでかしたのです。あまつさえ被害届を出したことを「小学生を追い詰める行為」だと非難する始末。とりあえずその教育関係者とやらの名前と所属を発表して欲しいところですね。ネットで炎上させて謝罪会見を開かざるを得ない状況にまで発展させないと「何が悪かったのか」すら理解できないでしょうよ。

健康的な太ももの輝かしさに快活な笑顔が眩い。

憂いのある表情こそ素材のレベルを際立たせてくれるもの。

ガード堅そうなところからの薄っすら見える谷間は破壊力抜群。

工夫した髪型とちょっと珍しい後姿。このままお持ち帰りしたくなりますね。

偉人が残したカワイイは正義を体現するかのような絶対的な笑みがここにあります。


竹達彩奈に嫌がらせメール20万超…32歳男を脅迫の疑いで逮捕

数万単位で迷惑メールを送信して、4年も経ってからようやく逮捕というのはいくらなんでも時間がかかりすぎているんじゃないでしょうか?これではストーカー事案としてエスカレートして、間に合わずに最悪の結果を招いてしまいます。容疑者は以前は熱心なファン活動からクラブリーダーとして認められましたが、最愛の存在から脅迫するほど憎んでしまった経緯に興味がわきます。しかし、これくらい粘着質な嫌がらせをしているので、オタクみんなそんな括りで見られてしまうんじゃないでしょうか。

人気アニメ「けいおん!」などで知られる若手声優、竹達(たけたつ)彩奈に脅迫メールを送ったとして、警視庁捜査1課は10日、脅迫の疑いで静岡県菊川市の無職、横山英彦容疑者(32)を逮捕した。竹達の熱烈なファンで容疑を認めており、2014年から竹達の所属事務所などへ「絶対に許さない。死ね」などと20万通を超える嫌がらせメールを送り続けていたとみられる。


成宮寛貴さん、クリエイターとして「再起」模索か 黒一色の「公式サイト」開設

人気芸能人として前線で活動していた時も、ブログはほとんど黒でしたね。急に消えるようにいなくなったのは、もしかしたら悪意ある人間に嵌められたなんて考えてしまいます。正直、男性が好きでも女性が好きでもどちらでも個人の自由なので構いません。でも、薬物を使用したかもしれない?なんていう記事を目にしたことがあるので、それが気になります。ちゃんと説明責任を果たしてないので、問題から逃亡して有耶無耶にした感はあります。消えた当時は、マレーシアやバリ島で目撃談があるなど、日本を一時期離れていたみたいですね。しかし、これで相棒の再放送も可能になるかもしれないので、その点は喜ばしいことです。主演している作品は面白いものが結構あるので、とりあえず良かったです。

2016年12月に芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴さん(35)が、新たにウェブサイトを開設したことが分かった。

成宮さんの近影などを発信しているインスタグラム「Hiroshige_narimiya」に、サイトのURLが掲載された。J-CASTニュースが、このサイト上の連絡フォームから取材を依頼すると、成宮さんの本名名義でメールの返信があった。

本人の希望により文面の引用は控えるが、このメールによれば、サイトは仕事の依頼を受け付ける窓口として立ち上げたという。


人身事故で遅延、「飛び込みやがって」と悪態つく男を「蹴ってやった」 島田洋七に賛否両論

率直な意見を述べると、島田洋七氏の行動は暴行であり、偉そうなことを口走れるような資格すらないと感じてしまいます。確かに他者の神経を逆撫でする類の言葉を公共の場で発する…そのこと自体は不快なものであり、実際に苛立ってしまうのも仕方ないかもしれません。ただ彼の行動は自らの怒りを形にした身勝手かつ自己満足でしかないのです。挙句「強そうだったら蹴らんかったけど」…自らの意識による行使を、云わば外見的弱者に対してのみ行使すると明言してますね。丸で武勇伝の様に語っている口ぶりも含めて、平たく言って最低男です。さてそれとは別に件の暴言についてですが…これ飛び込みの際の状況が分からないとなんとも言えないんですよね。誰かとぶつかったことによるホームからの落下だったなら、それも自分の事しか考えていない嫌な考えになってしまいます。しかしこの手の事件の半分を大きく上回っているのが自殺関連なんですよね。もしそちらの方だとしたならば、「自分の都合で他者を巻き込むことを非としない愚か者」相手なので、心配する道理はありません。冥福ではなく地獄に落ちて永遠の苦しみを味わって欲しいと願うばかりです。

 漫才コンビ「B&B」の島田洋七さんが駅のホームで激怒したエピソードを明かし、インターネット上で議論が起きている。

 島田さんは電車を待っていたが、「人身事故」が起きて遅延が発生。近くにいたサラリーマンが電話で話す内容が聞こえて――。

■「こんな急いでる時に誰かが飛び込みやがってよォ」

 島田さんは2017年12月15日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。駅ホームで自身が遭遇したエピソードを明かした。

 羽田空港へ行くため、京浜急行電鉄の品川駅ホームで電車を待っていた島田さん。アナウンスで、人身事故のため40分ほど遅れるとの知らせが流れた。そこで

  「前におったサラリーマンが携帯で、『すみません40分遅れます。こんな急いでる時に誰かが飛び込みやがってよォ』って」

という電話の内容が聞こえてきたそうだ。

 これに島田さんは

  「俺、後ろから蹴ったからな。お前もうちょっと考えることないんかと。どんな事情であろうが可哀想やなとか。こんな時に飛び込みやがってて…、俺はね、ボーンて蹴ってやったんよ」

と怒りの表情で話した。「強そうやったら蹴らんかったけど。何となく勝ちそうやなと思って」と笑いを誘ったが、「4年前ですよ。ほんまに、こういう奴おんのよ」と憤っていた。
.

「今後の人生左右するような要件に遅れる人もいるんだぞ?」

 人身事故遭遇時のこのエピソードはインターネット掲示板で議論に。怒った島田さんに対して

  「島田正論」
  「低能なクズ発言したら後ろから蹴られて当然だろ」
  「自分も人身事故で遅滞すると腹が立つだけで冥福祈る気持ちにかけてたわ」
  「転落事故で遅延で、こんな発言するサラリーマンは頭おかしいけ思う」

と同調する声が出ている。

 一方で、

  「電車の中にも他にもギリギリのスケジュールで生きてるひとがいるのに 余裕持ってるひとが偽善者ぶって他人に強要して暴力とか信じられない」
  「暴言吐いた方も日々追い詰められてる人だと思えばケツを蹴ったりするのはよろしくない」
  「そいつのせいで自分の予定が狂った 悪態の一つでもつきたくなる」
  「この40分の遅れで今後の人生左右するような要件に遅れる人もいるんだぞ? そういった人の都合が分からん暇人」

と、島田さんが遭遇したサラリーマンに同情する意見は少なくない。また、「口より先に足が出るのか 怖い」「どんな事情であれ、暴行」と、蹴った事実を咎める声もある。

 さらには「倫理とか道徳的に言えば洋七は正しいのかもしれないけどなんかうまく言えないけど賛同できないなぁ そのサラリーマンは飛び込んだ人の人生の苦悩を知ってて否定してるわけじゃなくて自分が40分も遅れることに対して怒りがあるわけだろ そこをごっちゃにして死者を冒涜とか受け取るのはどうかと思う」と複雑な心境をのぞかせるユーザーもいた。


神田るな

最近JR蘇我駅の男子トイレでシンプルながら画期的なアイデアが実装されました。大きなイベントなどに行くと、開催前付近のトイレには大勢の列が出来てたりしません?すると混雑解消のために、「大待ち列」と「小待ち列」が出来ていて、場合によっては最後尾看板まで作られていることもある盛況っぷり。まあ大規模な催しになると、近くのコンビニじゃあ下手すると混雑解消のために使用禁止になっていたりしますし、一部目に見えて利用できるところに人が集まってしまうのは仕方ないことなんですよね。場合によっては早朝どころか前日から…なんてケースもあるでしょうし。個人的には列に戻るまでに間に合うのであれば、電車に乗ってその区域から脱することをオススメしたいところ。さて派手に横道に逸れてしまいましたが、この蘇我駅では万が一の場合でも先程の大小看板は必要なくなる形になりました。それは、丸で道路の車線の様に、三本のラインで区切られているのです。ほら病院で目的地に対して方向指示がされていたりするでしょう?あれと同じで大小に出口を引かれた形に工夫されてましたよ。

優雅な酒の席と油断すると昨今、お持ち帰りが定例になってしまっている紅一点の酒盛りの場。

顔色には変化は薄いものの、早くも出来上がってしまっているようです。

脇と上着の間の僅かな隙間が気になって仕方ありません。

実はコップの中身が微動だにしていない事実。寄ったふりして狙っているのは彼女の方?

この期に及んでも男二人だけの世界に浸っているバックが気になって仕方ありませんが、もしかしたら気づいてないかも。


学校での「10分昼寝」は爽快?疑問? 集中力アップに効果 「強制」に批判、廃止の例も

自分も仕事の細かい休憩中に突っ伏して夢近くに落ちることがありますね。軽く休むだけでリラックスは出来ますし、悪い話ではないでしょう。勿論大人と成長途中の子供にどの程度の差があるかは、既に実感できる年齢ではないですけどね。ただ皆が全員、良好な成果が出るかと問われると、是とは言えないんですよ。単純に意識が落ちれず暇を持て余してしまう子には苦行になることもあります。そうですね…現代人としては就寝時間が遅くなり、スマホで目を傷める習慣が増えているなら、昔より休む行為が効率よくなっているのかもしれません。むしろ野比家長男でもあるまいし、十分程度の時間で眠れるお子さんがいることに驚きましたけどね。あとマイナスになりやすいケースとしては、消化不良の様にまだ寝たいのにたたき起こされること。まあ個人的には大抵の学校が昼食の後に長時間の休みが待っているでしょうから、寝たければそこを活用すれば良いと思っちゃうんですけどね。

全国の小中高校で注目される「午睡」

 眠気がなくなり、集中力が上がるなどとして全国の小中高校で注目される「午睡」。医学的にもその効果は証明されており、福岡市では4月、西区に新設された西都小が開校と同時に実践を始めた。一方、午睡を取り入れたものの、子どもや保護者の反対で廃止した学校も。教室での定着には課題もありそうだ。

 午後2時25分。「今からリフレッシュタイムを始めます」との校内放送と同時に、モーツァルトのBGMが全校に流れ始め、児童たちが机に突っ伏して目を閉じた。「マイ枕」や「マイクッション」を持参している子もいて、気持ち良さそうだ。担任の先生も一緒に机に突っ伏していた。

 西都小の昼下がりに、毎日見られる光景だ。10分後、午睡を終えた5年生の松野佑大君は「少し寝られて頭がすっきりした。午後からの授業も頑張れそう」と笑顔を見せた。

 同校では集中力の高い午前中に5こまの授業を行い、給食と昼休み、掃除の後、10分間の午睡。眠気をとばしてから、午後の授業に臨んでいる。朝も全校一斉のラジオ体操をしてから授業を始めるなど、オンとオフの切り替えを促す。斉藤啓一校長は「児童からも教師からも評判は上々。1年間行ったら、具体的な効果の検証をしていきたい」と前向きだ。
.

「全員に強制するのは良くない」

 一方、福岡県筑前町の夜須中は2014年に午睡タイムを導入したが、1年で廃止した。

 全校一斉に午睡を取り、当初はうまくいっていたが、やがて「全員に強制するのは良くない」といった声が保護者らから上がった。別室での自由参加に切り替えて続けたが、参加者は徐々に減っていき、全校で10人程度になったため年度末でやめたという。

 清武道男校長は「寝るより体を動かしたい、図書館で本を読みたいという生徒が多かった。学力向上を狙っての取り組みだったが、現在は別の方策を模索している」と話した。

 学校での午睡の先駆けとされる同県久留米市の県立明善高は05年の開始以来、今も昼休みに10分間の午睡の時間を設け、毎年アンケートを実施して効果を検証している。

 午睡により午後からの授業の眠気を抑えられ、授業に集中できるという声は多く、受験を控えた3年生も睡眠不足を補おうと積極的という。同校の午睡は当初から任意参加。現在、日常的な参加は全校生徒の2割程度という。

 同校の午睡を指導した久留米大医学部の内村直尚教授(睡眠医学)は「全国の学校から取り入れたいという相談を受けるが、半数以上が導入を断念したり、一度始めても1年でやめてしまったりしている」と説明。原因として、日本では午睡について怠けているというイメージが根強いことや、効果を明確に感じづらいことなどを挙げる。

 内村教授は「午睡の取り組みを続けるためには、目的をはっきりさせた上で効果を定期的に検証し、生徒や保護者にフィードバックしていくことが大切」と呼び掛けている。


「忖度御膳」空振りのうわさから考える、ファミマの“迷い”

売り上げに関しては普通に想定できる結果ですけどね。まず第一に高く第二に話にあるとおり、好む年齢層がハッキリしすぎなコンセプトをしていること。写真で見るよりパッケージのデザインなど真っ当だったので、当初の印象よりは悪くはありませんでしたけど。…まあ中身が見え難いからこそ、そう感じたのかもしれませんね。恐らく二択のけもフレであったならば、もう少し若者に好まれる層の、まだ万人受けに近い料理の詰め合わせになったでしょうし、一般層には届かなくともファンがある程度興味本位で買ってくれます。そもそもバラエティに富みすぎて弁当の主役が見当たらない。誰に対して忖度したいのか見えてこない。いっそのこと何種類かサンプル作ってから、そのビジュアルを元に投票すればいいのに…と思ってしまいます。本社の人間だけが浮き足たって、一般人の多くが想像に及ぶ程度のことも分からないって、既にそれ自爆路線に突入してますよ?

 ファミリーマートは12月1日、話題となったキーワードを盛り込んだ数量限定の和風弁当「忖度(そんたく)御前」の販売を開始した。価格は同社が販売した弁当としては最も高額の798円(税込)に設定した。なかなか凝った作りになっており、弁当に入っている9種類の食材と忖度に関連した言葉を結び付け、文章になるよう工夫されている。

セブン-イレブンは凍食品や総菜を大幅に拡充し、女性客を取り込む

 例えば「この案件、うまくいくとめでたいです」という部分は「案件」を「あんかけ」に、「うまく」を「うま煮」に、「めでたい」を「金目鯛」にかけている。「腹黒くはありませんがマメにお会いして」というくだりでは、「腹黒く」は「のどぐろ」に、「マメ」は「枝豆」となっている。

 弁当箱は9つのブロックに分けられており、このうち3つには御飯が、6つにはおかずが盛られており、コンビニ弁当としてはなかなか豪華な作りだ。

 忖度御膳は11月21日から予約を開始し、12月1日に店頭での販売が始まったが、その直後から、ネット上では「売れていない」という声が多く聞かれるようになった。真偽の程は不明だが、ある店舗ではほとんどの商品が廃棄されたとのツイートもあった。

 売れ行きが良くないことが本当なのだとすると、一体、何が原因なのだろうか。一部からは「政治家を揶揄(やゆ)した企画内容が不快感を呼んだ」との意見もあったが、それが理由とは考えにくい。政治に強い関心を持ち、感情を移入する人はそれほど多くないのが実情であり、商品が売れないケースの大半は、消費者ニーズとのミスマッチである。

 ネットでよく目にしたのは「メニューが高齢者向け」という指摘である。確かに使っている食材を考えると、弁当そのものは中高年をターゲットにしたものに思えるし、798円という価格設定もそれを裏付けている。若年層は中高年ほどお金が自由にならないので、おいそれと800円の弁当を買うことはできないだろう。やはり財布に余裕のある高齢者が主な顧客層と考えた方が自然だ。

●コンビニは誰をダーゲットにすべきなのか

 この商品はコンセプト自体は社内で生み出されたものだが、商品化に際してはTwitterの意見を活用した。TVアニメ「けものフレンズ」に関連した商品と「忖度」に関連した商品のどちらを具体化して欲しいかとの問いに対して、圧倒的多数で「忖度」に支持が集まったことで商品化が決まった。

 Twitterで回答した人の属性は不明だが、恐らく中高年よりは若年層の方が多いと考えられる。もしそうだとすると、若年層に対するアンケート結果をもとに高齢者向けの商品を作ったことになり、消費者との間に何らかのミスマッチが発生してもおかしくはない。

 ファミリーマートにとっては数ある商品の1つであり、仮に販売が不調でも経営に大きな影響を与えることはないだろう。だが、今回の一件は、コンビニビジネスが抱える課題を浮き彫りにした。それは、コンビニは今後、どのような属性の顧客にフォーカスすればよいのかという、いわゆるターゲティングの問題である。

 コンビニは加工食品が多かったこともあり、当初は若年層の男性客の利用が多かった。コンビニの店舗では大抵の場合、入り口の横に雑誌コーナーが設置してあるが、これは外の歩行者に雑誌を見せ、来店を促すことが目的である。雑誌に引き寄せられて来店するのは、大抵が男性客である

 その後、コンビニは化粧品などのラインアップを拡充して女性客を確保するとともに、ファストフードを幅広くそろえるようになり、あらゆる客層をターゲットにするようになった。最近では、人口構成の変化に伴い、高齢者の利用も目立つようになっている。

●セブンとファミマは次世代戦略において好対照

 だが、あらゆる顧客層に対象を広げ、店舗数を増やした結果、コンビニ市場はほぼ飽和状態となった。今後も企業として成長を続けるためには、新しい顧客層を開拓するか、既存の顧客層を深掘りする必要がある。その点において、業界トップのセブン-イレブンと2位のファミリーマートのスタンスは好対照といってよい。

 セブン-イレブンは創業以来、初となる本格的な店舗レイアウトの変更に乗り出す方針を掲げている。冷凍食品や総菜を大幅に拡充することで、これまでスーパーで買い物をしていた女性客を取り込む戦略である。イオングループのコンビニであるミニストップが成人向け雑誌の取り扱い中止を決めたのも同じ流れといってよい。高齢者や主婦層向けの商品ラインアップを拡充することで、売上高と単価の上昇を狙うシナリオである。

 これに対してファミリーマートは異なる方向性を模索しているように見える。それはIT企業であるLINEとの提携や、ディスカウントストアであるドン・キホーテとの提携、コインランドリー事業への進出などからも伺い知ることができる。

 一連の提携を見ると、ファミマが深掘りしたいと考えているのは若い世代の顧客層である。ドンキと共同開発したユニークな商品を並べ、LINEでキャンペーン情報を流し、コインランドリーの待ち時間に商品の購入を促すというシナリオに、主婦層や高齢者層はあまりマッチしない。

 Twitterを使った今回の商品開発はこのシナリオに沿ったものかもしれないが、完成した商品は従来型シナリオ(高齢者、主婦層)との相性がよい。

 現時点では高齢者の購買力が大きい事は明白であり、高齢者に訴求する従来型マーケティングを展開した方が効果は大きい。だが長期的に見た場合、新しい顧客層を開拓しないとコンビニは確実にじり貧になってしまう。現時点においてどこに軸足を置くのかは非常に難しい問題だ。

 Twitterから生まれたという今回の限定商品が、顧客層の絞り込みにおける一種の「迷い」を示したものなら、それなりに納得できる話である。コンビニが置かれた複雑な状況を「忖度」するのが、この弁当の正しい味わい方かもしれない。


如月ジュリ

本当に働けない人にとっては命綱にも等しい生活保護。このたび政府が3年の間になんとか約160億円削減しようという方針を打ち立てました。何やら段階的に一部世帯で下げていくとか…。その一部と言うのがどのあたりの基準なのかもう少し明確にして欲しいところですね。自分としては削っても大丈夫と思われるような人間ならば、いっそのこと叩き切るべきだと思うのですが…。まず政府が優先すべきはそんな体裁のような削減案ではなく、受給するべき人間のハードルを再設定しなおして、不正ないしそれに近い人間への保護を打ち切ることです。色々話に聞いてると、これ徹底するだけで維持費が半分は吹き飛ぶのでは?と頭を抱えずにはいられません。少なくとも日中から保護費でパチンコ打てる人間には不要でしょう。手首指先が動いて店舗に向かう為の足が動きます。ついでに長時間座りっぱなしも出来、周囲に人がいる環境や騒音に耐えることも可能です。一体何が身体的に問題があり、どんな理由で遊び暮らしが許容されているのでしょう?

懇願するような瞳で誘惑を仕掛けている、割と男の扱いに慣れた類。

少々困惑したご様子なれど、太ももを前面に出す辺り余裕はありげ。

吸い込まれそうな瞳を向けつつ艶めいた唇。

どうしようもない彼氏にやれやれと呆れたような表情。何だかんだで尽くしてくれる系でしょうか。

順序を踏んだ流れも何処かで失敗してしまったのか、挑発するようなポーズを取りつつも呆れられたようです。


SHINeeジョンヒョンさんの遺書公開「私は内側から壊れた」

ここまで崖っぷちに追い込まれた人間の心境を察することは出来ませんが、友人に遺書を託したり徐々に思い悩んでいるなら、どうして最悪に至る前にその苦行から逃げようとしないのですかね?日本のブラック企業からの自殺と比べて、ノイローゼになりつつも幾分か自分で事を思考できる余地が残されていたように感じるので、尚更そういう見解になってしまいます。責任感って社会人にとっては信用を得る為に必須となりますが、度が過ぎると自らを蝕むガン細胞でしかありません。尤もそれで死に走っているのである意味では逃げた無責任ってことにもなってしまうんでしょうけどね。少々死者に鞭を振るうかのようなキツイ文言を発してますが、本当に死ぬことが解決と安直に走ることに納得がいかないのです。姉に家族が追い詰められて亡くなるという悲劇を与えるならまだ苦しみを一緒に背負わせた方がマシに感じてしまいますけどね。まあ直前に相談出来るような間柄だったとのことなので、仲の良いことが前提になりますが。

 フジテレビ系「とくダネ!」は19日、韓国の人気男性グループ「SHINee(シャイニー)」のジョンヒョンさん(享年27)が18日に死去したことを報じ、遺書とされる文書の一部を公開した。

 番組では、ジョンヒョンさんは友人に「音楽の能力が足りない。期待に応えられない」「睡眠薬なしでは眠れない」「治療を受けているけど良くならない」など、仕事に関する悩みを打ち明けていたと伝えた。また仲が良かったアーティストが「自分が死んだら公開してほしい」と託されていた“遺書”を公開。番組では、長文のため抜粋した部分を次のように伝えた。

「私は内側から壊れた」「ゆっくり私を食い荒らした憂鬱は結局 私をのみ込み私はそれに勝てなかった」「私は私を憎んだ」「ただ『お疲れさま』と言って『これくらいやったならご苦労だった』と言って」「笑うことはできなくても とがめて見送らないで」「お疲れさま 本当にお疲れさま さようなら」

 MCの小倉智昭(70)は「悲しい文面だね」とポツリ。「ドームツアーも決まったし、作詞作曲もするし、彼は歌もいいですからね」とジョンヒョンさんをしのんだ。

 現地報道によると、18日夕方にジョンヒョンさんの姉から警察に「弟が自殺したようだ」と通報があり、警察が倒れているジョンヒョンさんを発見した。室内には練炭を燃やしたような形跡があり、姉は通報直前に「今までつらかった」「最後のあいさつ」などと自殺をほのめかすメッセージを受け取っていたという。警察では自殺とみて調べている。