コムニュース一覧

紙巻きたばこ販売激減 前年度比90%割れ 加熱式人気

日本だけの支店でなく、世界的に見れば健康被害を紙巻に比較して抑えられるのか?という点には疑問を持ってしまいます。加熱式は税額が低く抑えられているのが基本なのに、本当におかしな問題です。健康志向が広がりを見せていますが、そのブームが加熱して「国民がみんなタバコ辞めたら税収が減る!」なんて問題視するのはいけませんね。このことを予想してタバコを規制したんじゃないですか?と言いたくなります。もしかして、その場の気分の問題で新しい法案なども決めているのではないでしょうか?これから考えられることは、この少なくなった税収の尻拭いに新しい税金が制定されることです。現在はグローやプルームテックといった銘柄も喫煙者の中で増えていて、全国に広がるのも時間の問題です。臭いのない加熱式への移行は、これからさらに増えるはずと断言します。

平成29年度の紙巻きたばこの国内販売数量が28年度比で90%を割り込む大幅減となり、平成に入り最大の下げ幅を記録する見通しとなったことが8日、分かった。喫煙者の需要が急速に「加熱式たばこ」へと移っているためだ。たばこ葉の使用量が少ない加熱式は課税額が低く、国は税収の確保へ向け段階的な増税を決めている。

日本たばこ協会によると、紙巻きたばこの販売数量は8年度の3483億本をピークに右肩下がりへ転じ、28年度は1680億本と半分以下まで減少。それでも、下げ幅が前年度比10%を超えたのは、たばこ税の大幅引き上げがあった22年度(10・1%減)のみだ。

一方、今年度は4~11月累計で12%のマイナス。国内たばこ市場に占める加熱式のシェアは昨年末時点で2割弱に達したとみられ、各社が加熱式の販売エリアを広げていることから、紙巻きの需要がさらに落ち込むのは確実だ。

 


中国、象牙の取引全面禁止=続く闇売買、日本も供給源

もう何年も前にとっくに禁止になっているとと思ったら違うんですね。今でも取引があったことに驚きました。時代に全くそぐわないと思いますが、この材質が好きだという根強いユーザーが多いんですかね。風水的にはあまり良くないようで、運気を上げるなら柘植が良いみたいですよ。今は象牙なんかなくても、他にもっと色々と綺麗な素材があります。それを考えても早く禁止すればいいのにと感じてしまいます。昔は技術的に無理だったチタンやパワーストーンでも印鑑が作れるんですから、絶滅する前に規制して、徹底して禁止にしないといけないと思います。そういえば、こないだ買取ショップの売り場にありました。なんでも、ワシントン条約の規約範囲内の証明書があれば高価で買い取ってくれるそうです。世の中も変わりましたね~。

【北京時事】中国政府は昨年末、国内の象牙取引を全面的に禁止したと宣言した。

中国は世界最大の象牙市場とされてきたが、すでに正規の宝飾店やインターネット通販では購入できない。一方、隣国の日本は象牙の売買が禁止されておらず、中国の闇市場への供給源になっていると指摘されている。

象牙は、ワシントン条約に基づき1990年に国際取引が禁じられた。だが、アフリカでは象牙を売る目的で年間2万頭以上のゾウが密猟されているとみられている。中国政府は国際的な批判を受け、象牙取引の禁止を決定した。


「動く抗うつ剤」「ストロングゼロの擬人化」―― バーチャルYouTuber輝夜月(かぐや・るな)を見て今年も元気にやっていこう

声がその辺の声優さんよりも可愛いし、見ていて面白いですね。初音ミクなどのボーカロイドのMMDが一時期台頭したことがありましたが、その延長線にある作品だと思います。電脳少女シロ、ミライアカリ、のじゃおじ、キズナアイ、輝夜月など電脳系ユーチューバーも増えてきました。ヒカキンなどを真似して極端なことをする動画に飽きてきたユーザーが流れているのかもしれません。キャラデザの3D制作を依頼して、それを動かすハイスペックなPCを用意すると、数百万単位でお金が必要なんて言われています。顔出しするデメリットのなく個人のブランド力を高めることができるので、これは新しい方法ですね。数十分や数時間の再生時間だと見るのに疲れてしまうことがありますが、長くても数十秒くらいなので簡単に見れるのもいいですね。

2017年12月9日にスタートし、登録者数21万(2017年12/31現在)、動画再生回数ミリオン連続という輝夜月(かぐや・るな)が、Twitterやpixivなどで人気大爆発中です。人間も含めたYouTuberの12月22日から28日のチャンネル登録者上昇ランキング1位。冬コミではコスプレも薄い本もあったらしいぞ。

人気に火がついてから広まるのが、極端に早い爆弾娘です。まだ動画数本しかないのにね。

そもそもバーチャルYouTuberってなんだよとか、なんで人気なんだよとか考える前に、見ましょう。お願い、3分半だから!

この有無を言わさぬテンションの高さ。もうバーチャルとかYouTuberとか、そんなのどうでもよくなる。押し切られて最後まで見てしまう。声質がくせになる。わちゃわちゃ動くキャラかわいい。トークがいい意味で雑。

 


ネットゲーム依存症、業界団体が反対声明 WHOに異議

どんなものにも依存症はありますが、ネトゲは結構な中毒性があると思います。以前、友人がオンラインで遊べるネトゲにどっぷりハマっていました。リアルの予定よりもゲームのイベントを優先して、食事中でもギルドのメンバーと会う予定があるからと帰宅したときはびっくりしました。最近のネットゲームは、パソコンではなくスマホで手軽にできるものが増えました。武器や防具を手軽に課金して強いものが揃えられることもあって、廃課金者と呼ばれる人が増えてきました。課金でもガチャと呼ばれる行為にはギャンブルと同じくらいの中毒性があり、当たりが0.01%であっても、そのアイテムやキャラを持っている優越感に浸りたいユーザーがこぞってガチャを回します。社会人でお金をもっているならいいですが、未成年者が親のカードを黙って使うなどの問題もあるみたいです。

米国や日本のゲーム機メーカーやソフト会社で作る業界団体「エンターテインメント・ソフトウェア協会」(ESA、本部・米ワシントン)は4日、世界保健機関(WHO)がネットゲームへの過度な依存を病気と指定することに対し、「ビデオゲームに中毒作用はないと客観的に証明されている」として反対する声明を出した。

ESAは「世界中で20億人以上がゲームを楽しんでいる」と主張。そうしたユーザーを病気とみなせば、「うつ病などの本来の精神疾患がささいなものと位置づけられてしまう」として、WHOに方針の見直しを強く求めた。

ESAには、任天堂やバンダイナムコエンターテインメント、スクウェア・エニックスといった日本の大手ゲーム関連企業も加盟している。


チケキャン運営元社長ら書類送検 詐欺容疑で京都府警

胡散臭いダフ屋と転売屋とチケキャンと並べると、結局出品者が転売目的で販売しているのでどれも同じだと思っていました。カテゴリーを分けると転売の斡旋ということで、やぱり相当なグレイゾーンですもんね。耳にタコができるほどCMが流れている過払い金のアディーレなどもそうですが、功罪相半ばするような業種でラジオやテレビでガンガンCMを流しているところは何かしらすねに傷を持っているんじゃないでしょうか。そろそろヤフオクも取締りの目が向けられるべき?なんていう意見もあります。中古なのに送料を含めれば新品と同じくらいの商品が売っています。わたしも自転車を購入したことがありましたが、写真ではわからないようなところがボロボロで買い物を失敗しました。「欲しいものが値段が理由で買わないなら買う、値段が理由で欲しいなら買わないほうがいい」という格言もあるとおり、変な安物買いの銭失いをしたくはないものですね。

 国内最大手のチケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」で高額転売するため、安室奈美恵さんのコンサート入場券を不正に入手したとして、京都府警サイバー犯罪対策課と西京署は11日、詐欺の疑いで、東京都渋谷区の同サイト運営会社「フンザ」の元社長(38)=千代田区=と、大阪市に拠点を置く転売業者グループの33~42歳の男3人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。
 チケット転売仲介サイトを巡っては、2020年に東京五輪・パラリンピックを控える中、チケット価格の高騰を招いているとして批判が強まっている。インターネットを通じた転売行為に関連し、サイト運営会社のトップや転売業者が書類送検されたのは初めて。


<晴れ着トラブル>被害総額は数千万円か 東京と神奈川

晴れ着レンタルのトラブル、当日の予定が狂ってしまった人は気が気でない時間を過ごしましたね。業者は騙そうと思ったのではなかったという意識で倒産したようですが、それならなぜ注文を受けてお金を受け取ったのでしょう。せっかくの成人の日がこんなトラブルに巻き込まれてしまい、不安を感じていると思います。わたしは男性なので持っていたスーツで出席しましたが、女性の場合はあまり使用しない晴れ着は借りたほうがお財布に優しいという意見の人が多いと思います。当日に間に合わなくて、お母さんやお姉ちゃんの持っていた着物を着て出席したなんて意見もネットで見ました。かなり悪質な詐欺に近い業者だと思うので、徹底的に責任を追及して欲しいです。倒産得なんてことにしてしまったら、これからも同じような業者が出てくるはずです。

晴れ着のレンタル・販売会社「はれのひ」(横浜市)と契約した新成人に振り袖が届かず、連絡が取れなくなった問題で、神奈川県内の警察署に「代金を払ったが店と連絡が取れない」などの相談が少なくとも60件寄せられた。被害総額は東京都内も合わせると数千万円に上る可能性もあり、神奈川県警は実態把握に乗り出した。

県警によると、被害は横浜、川崎、相模原の各市などで確認され、9日朝現在で60件に上る。晴れ着の購入費や着付け料金など、被害額は1人数十万円に上るとみられる。

 


矢口真里、再婚に向けて「準備はしてます」 ラブラブな私生活も明かす

最近見かけるようになりました。仕事を選ばず新人お笑い芸能人がやりそうな仕事も平然とこなしている点は好印象です。一時期は「ヤグる」なんて言葉も誕生しましたが、再婚する予定の相手の方はそういう部分まで含めて結婚するなんて器のでかい人かもしれません。フリンして人気絶頂から転落してベッキー、矢口さんも含めて女性はそういうイメージが一度ついてしまうと第一線に戻るのは難しいのかもしれません。逆に、さんま、たけしなど、男性はフリンしても全く人気が陰ることはありません。もう34歳、アイドルとしてではなく新たな道を開拓する必要がある彼女は大きな分かれ道に立たされているのかもしれません。

元モーニング娘。でタレントの矢口真里(34)が8日、都内で行われた「第1回eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ」に参加し、交際中の元モデル・梅田賢三氏との再婚について「準備はしてます」と前向きに発言した。

離婚騒動時もたっぷりいじられ、「(人生の)途中でゲームをする時間がいっぱいありましたが」と聞かれると「ありましたね。朝から晩まで」と即答。「謹慎中はどんなゲームを?」という質問には「癒やし系のものが多かったです。パーティーゲームをやろうにも1人しかいないんで。1人でマリオカートとか」と、自虐的に打ち明けた。


健康ブームで芸能界の“デブキャラ”崩壊?

デブタレントの代表各になりそうなのがグルメタレントの彦摩呂さんですが、最近の太り具合を心配する視聴者の声が増えています。芸能界デビューした当初はイケメンアイドルグループで売り出されていたはずですが、「宝石箱や~」などのグルメレポートが話題を呼んでその関係の仕事が急増しました。仕事で高カロリーなものを食べるだけでなく、私生活でも高級食材を食べ漁ることが多くて現在のようなジャバザハットみたいな体型になってしまいました。安田大サーカスのHIROがダイエットを成功しましたが、彦摩呂さんもそろそろダイエットした方が健康のためにいいですね。ホンジャマカの石塚さんは太り過ぎないように痩せすぎないようにジムで調整しているようです。デブタレントの本気のプロ意識を感じました。

多数のお笑い芸人がTVを賑わした正月特番もひと段落。芸人たちの“今”の姿を見ていると改めて、2017年はデブキャラとして定着していた芸人の激やせニュースが相次いだことが思い返される。そこで今一度、芸人とダイエットの関係について考えてみる。

 

ライザップのCMでの芸人の激やせパフォーマンスも世に衝撃を持って受け入れられたことも指摘し、「現在はダイエットブームも加速しており、広告代理店や芸能事務所が、タレントを激やせさせることが話題作りに有効であると気づいた。

つまり“デブキャラ”が定着してしまうと、安易には痩せられない。イメージを持続するために太っておかなければならず、それが“ビジネスデブ”と呼ばれる所以なのだ。

ヘルシーブームの中にあっても、痩せる気配のないタレントも多数いる。実際、ふくよかな体型の人気者の数は非常に多い。


竹達彩奈に嫌がらせメール20万超…32歳男を脅迫の疑いで逮捕

数万単位で迷惑メールを送信して、4年も経ってからようやく逮捕というのはいくらなんでも時間がかかりすぎているんじゃないでしょうか?これではストーカー事案としてエスカレートして、間に合わずに最悪の結果を招いてしまいます。容疑者は以前は熱心なファン活動からクラブリーダーとして認められましたが、最愛の存在から脅迫するほど憎んでしまった経緯に興味がわきます。しかし、これくらい粘着質な嫌がらせをしているので、オタクみんなそんな括りで見られてしまうんじゃないでしょうか。

人気アニメ「けいおん!」などで知られる若手声優、竹達(たけたつ)彩奈に脅迫メールを送ったとして、警視庁捜査1課は10日、脅迫の疑いで静岡県菊川市の無職、横山英彦容疑者(32)を逮捕した。竹達の熱烈なファンで容疑を認めており、2014年から竹達の所属事務所などへ「絶対に許さない。死ね」などと20万通を超える嫌がらせメールを送り続けていたとみられる。


成宮寛貴さん、クリエイターとして「再起」模索か 黒一色の「公式サイト」開設

人気芸能人として前線で活動していた時も、ブログはほとんど黒でしたね。急に消えるようにいなくなったのは、もしかしたら悪意ある人間に嵌められたなんて考えてしまいます。正直、男性が好きでも女性が好きでもどちらでも個人の自由なので構いません。でも、薬物を使用したかもしれない?なんていう記事を目にしたことがあるので、それが気になります。ちゃんと説明責任を果たしてないので、問題から逃亡して有耶無耶にした感はあります。消えた当時は、マレーシアやバリ島で目撃談があるなど、日本を一時期離れていたみたいですね。しかし、これで相棒の再放送も可能になるかもしれないので、その点は喜ばしいことです。主演している作品は面白いものが結構あるので、とりあえず良かったです。

2016年12月に芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴さん(35)が、新たにウェブサイトを開設したことが分かった。

成宮さんの近影などを発信しているインスタグラム「Hiroshige_narimiya」に、サイトのURLが掲載された。J-CASTニュースが、このサイト上の連絡フォームから取材を依頼すると、成宮さんの本名名義でメールの返信があった。

本人の希望により文面の引用は控えるが、このメールによれば、サイトは仕事の依頼を受け付ける窓口として立ち上げたという。