コムニュース一覧

昨年のビール類出荷は過去最低更新、新ジャンルでアサヒが首位

飲み会などで「とりあえずビール」なんて言葉も定着しましたが、そんな流れははもう戻ってこない気がします。若い人は飲まなくなったり、カロリーの低いチューハイ系を頼む傾向があるようです。ビール以外にも様々な商品があるので、時代の流れとして需要が減ったのでしょう。税金を高くしすぎて、消費者に節約を強く意識させたことも原因です。今までのユーザーがビールから離れて、低価格の第二第三のビールに流れたりしたからです。お酒なら何でもいいのであれば、いくらでも色々な種類のお酒が手に入ります。この結果を受けて、また酒税を大幅に上げるのでしょうか?上げるのではなく、もっと手軽に購入できるようになれば新たな消費者も増えると思います。プレミアムフライデーなどで需要が伸びたみたいですが、一時的なもので継続的に固定客を定着させる魅力的な戦略を各社に考えてもらいたいです。

ビール各社が16日に発表した2017年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は前年比2.6%減となった。ビール類の出荷量は1986年並みの水準へと切り下がった。少子高齢化に加え、過度な安売り抑制による店頭価格の値上がり、天候不順、缶チューハイなどのRTD(Ready To Drink)やワインなど他のアルコールへの需要の拡散などが要因。

大手を含めて、ユニークな新商品が予想され、「市場が厳しい中で活性化の一助になる」(サントリービールの山田賢治社長)、「大きなチャンス、プラスととらえている」(アサヒビールの平野伸一社長)と期待する声は多い。


焼きいもにショートケーキ、なぜ飲料化? 駅ナカ自販機に風変わりドリンクが並ぶワケ

バニラミルクはアイスの爽みたいで美味しい、ソフトクリームみたいな感じでおやつ感覚で飲んでしまいます。あと、意外と美味しいのがトマトスープです。この時期だからかもしれませんが、手軽に飲めるので小腹が空いたときに買います。でも、ちょっと手を出しにくいのはショートケーキ味です。ミルク系でも、多分中に入っている苺が人工的な甘さと香りで誤魔化されているので、最初は美味しく感じても時間が経つにつれてキツくなってくると思います。これまでに見たことのないような創意工夫がされている商品が売っているのはありがたいですが、天然の素材にこだわった体にも美味しいものにしてもらいたいです。

 焼きいも、ソフトクリーム、ショートケーキ。一見、おやつの名前を並べたように見えますが、実はこれらすべて、ソフトドリンクとして商品化されているものです。

 自販機は、基本的には各メーカーさんの商品を集めて販売する「ブランドミックス」というかたちをとっていますが、既存商品から集められない部分に関しては、独自で商品開発を行っています。飲料を製造できる自社工場はないため、様々な飲料メーカーと共同で開発しています。


20年にも「コメ抽出検査」 福島県が方針、1農家当たり数点

ずいぶん原発事故から時間が経ちましたが、未だに被災地に住んでいる人の中には仮設住宅で住んでいる人もいるようです。復興は急ピッチで進められていますが、立ち入り禁止区域、帰還困難区域は手付かずで、あの瞬間のまま止まってしまったかのような町並みだそうです。何よりも住民が恐れていることは、人々から災害の記憶が風化してしまうことだと言います。そうならないために、他の県には移住せずに頑張っている人たちが農家の方々です。放射能汚染されていて体に毒だなんていう風評被害を撥ね退けて頑張って欲しいです。以前に観光で仙台を訪れた時に、旅館の従業員さんや御土産屋さんの温かい笑顔に触れて心が安らぎました。今度はこちらが助ける番なので、福島産の農作物をどんどん買って食べて応援しましょう。

 東京電力福島第1原発事故後、福島県内全域で行われているコメの全量全袋検査について県は、原発事故による避難指示が出なかった市町村などであと2~3年間継続した後、野菜や果物と同じ抽出検査へ移行する方向で最終調整に入った。全農家を対象として、1農家当たり数点を抽出する方式を軸に検討が進む見通し。移行時期は今後の検討課題だが、県の内部には、東京五輪、パラリンピックが開かれる2020年産からの導入案が浮上している。

 素案の提示は、カリ肥料の追加散布による放射性セシウムの吸収抑制対策や農地除染などで、安全なコメの生産体制が確立されたことを踏まえた対応。全量全袋から抽出に移行することで、検査場への運搬など農家負担の軽減を図る。


セガ、謎めくカウントダウンサイトを公開─「0」を迎える1月19日に新たな動きが?

ソニーや任天堂が跋扈する中で、新ハードで参戦は荷が重い感じがしますが、ドリキャスやセガサターン時代にゲームを始めたわたしは次なる一手に期待してしまいます。藤岡弘改めせがた三四郎が11年ぶりに復活するのだろうか?とワクワクしてきました。URLにsenkiと含まれているので、「○○○戦記」という新作ゲームなのかもしれません。最近、任天堂がミニファミコンで成功した事例を受けて、ミニサターンやミニドリキャスなんて発売されるなら是非とも欲しいです。ハードは作らないと公言しているので、やはり新作ソフトの発表に関連したイベントであることが一番濃厚です。大穴で、斬新な自己破産なんじゃ?なんて予想する人もいるみたいです。確かに、ここしばらく大きな成功らしい成功を収めていないので否定はできません。

セガ・インタラクティブは、謎めくカウントダウンサイトを、本日1月15日の15:00にオープンしました。

このたび同社が公開したサイトには、青い台座を取り囲む砂時計と、時計らしきものを中央に据えた画像が掲載されているのみで、詳細などは一切が不明です。また、約4日後に向けたカウントダウンが進行しています。

このカウントダウンが0を迎える1月19日の15:00に、なんらかの動きがあるものと思われます。気になる方は、今後の動向もチェックしておきましょう。


センター試験 「ムーミンの舞台はフィンランドではなくムーミン谷」 ネット上で「出題ミス」の指摘相次ぐ

最初にこのニュースを目にした時、センター試験を受ける年代の受験生がどこまでムーミンを知っているか?が気になりました。初期の放送では1970年代、2回目は2000年代の初めに放送されました。根強い人気で関連商品も残っていますが、それでもムーミンの舞台がノルウェイかフィンランドかなんていう問題は分かるはずないと思います。受験生も思わぬダークホース、いやムーミンなのでダークヒポポタマスに驚きを隠せなかったと思います。来年はアルプスの少女ハイジあたりでも出題されるでしょうか?勉強の合間になつかしアニメもチェックする必要があるかもしれません。この問題、厳密に正解を分析すると、ムーミン谷はどこの国か具体的に言及されておらず、ストーリーの元になったトロール神話は北欧全体に広がっています。「ねえムーミンこっちむいて♪」がトラウマになってしまった学生もいるかもしれません。今度は出題者も出題する際に、年齢層を考える必要があります。

大学入試センター試験で「ムーミン」の舞台についてフィンランドを正答とする問題が出題されたことについて、ネット上では「ムーミンの舞台はムーミン谷という架空の場所。そこがフィンランドという説明は作品にないはず」として、出題ミスを指摘する書き込みが相次いでいる。

ツイッターでは「ムーミンの舞台はフィンランドじゃなくてムーミン谷」「ムーミン谷はムーミン谷であって、作者の出身地と同じということはどこにも確証がなく。センター試験レベルでも、未だに作品と作者を同一軸で見る、テクストの外側の作家作品論がまかり通っている、それこそが問題だわ」「全員正解とすべきだ」などのつぶやきがされている。


ガンホー、「パズル&ドラゴンズ」でレアガチャの的中確率表示へ

大手のガンホーが確立表示を姪にするように対応してから他の会社も対応するようになりました。それまでは完全なブラックボックスで目隠しされた状態でひたすら当たるまで課金していたユーザーにはありがたい目安となりました。ただし、的中率を出したところであまり意味はないというユーザーもいます。それは、300分の1のパチンコであっても300回せば当たるというわけではありません。なので、あくまで目安として捉えてそういうものだと思って飲み込むしかないのです。パズドラはモンストに人気を抜かれてから最高レアリティのモンスターの排出確立が下げられているなんていう意見もあり、ユーチューブのガチャ動画でも目的のモンスターが出ないパターンが多い気がします。パズルということで新規参入者も比較的手を出しやすいジャンルではありますが、0からモンスターを集めて育てると膨大な時間がかかります。それを楽しめるかそうであるかで向き不向きが決まってくるゲームですね。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、提供するスマートフォン向けパズルゲーム「パズル&ドラゴンズ」「パズドラレーダー」内で有料で提供されていたガチャ(ランダム型のアイテム提供方式)の的中確率を表記すると発表しました。

無料で提供されるガチャに関しては対象外。具体的な日程は未定ですが、次回アップデート時に対応予定です。なお、具体的な表記の方法については明かされていませんが、「モンスターごとの的中確率を表示いたします」(パズドラ)、「ソウルアーマーごとの的中確率を表示いたします」(パズドラレーダー)」と書かれていることから、個別アイテムごとの排出率を表記するものと思われます。


浜松科学館でリニューアル前最終展 「鉄腕アトムの生まれた研究室」再現展示も /静岡

鉄腕アトムを知らない世代でも、これは実際に見て触れられることで良い経験になりそうですね。ファンならずともこの完成度をチェックしてみるのもいいと思います。見た目だけの再現ですがとても精巧に作られているので、今にも目を開けて「御茶ノ水博士!」なんて叫びそうなくらい生き生きとしています。手塚治虫先生が描いた漫画が500点弱展示コーナーに置かれているので、ちょっとした漫画喫茶です。体験コーナーでは会話ロボットである「パルロ」の豊富なコミュニケーションでおもてなししてくれます。年齢を問わずに楽しめる施設で、明るいロボット社会の到来を一足先に教えてくれるようです。現在の科学館は3月の終わりにリニューアルされることが決定しているので、古き良き展示室が変わる前に見たい人は早めに行って下さい。

浜松・北寺島町の浜松科学館(浜松市中区北寺島町、TEL 053-454-0178)1階特設会場で現在、「しばらく さようなら浜松科学館特別企画 鉄腕アトム ロボットとクラス未来展」が開催されている。(浜松経済新聞)

「ロボット社会は近い未来にやってくる。当展示を見て、想像を膨らませてもらえたら」と館長の鶴田雅之さん。「子どもからお年寄りの人も一度は来たことのある科学館がもうすぐ見られなくなる。今の姿が無くなる前に、今一度思い出づくりに来てもらいたい」とも。


日本酒「三井の寿」中国で人気 漫画『スラムダンク』との意外な縁 4カ月で1万本完売

軍事境界線に潜水艦を航行させたとして非難されている中国。そんなお隣で人気を集めているのが日本酒です。米から精製する独自の製法で作られいて、長年に及ぶ酒蔵のレシピは再現不可能ということで注目を浴びています。中国のお酒は香りがかなり強くクセがあるので、若い人の中で飲む人は限られていますが、日本酒のフルーティーなフレーバーは女性でも手軽に楽しめるということで富裕層の老若男女に親しまれています。輸入する際に高い関税が課せられることもあるので、庶民には手を出しにくいです。バスケ漫画のスラムダンクの知名度もあり、スリーポイントシューターの三井寿の人気も再び燃え上がっています。

 福岡県産の日本酒「三井(みい)の寿(ことぶき)」が中国で人気を集めている。高い関税が課せられる日本酒は中国では高級品だが、昨年6月の販売開始から約4カ月で約1万本を完売。新酒が出来上がり、今月にも中国での販売が再開される見通しで、注文中の飲食店が心待ちしている。人気の秘密は、日本のバスケットボール漫画「スラムダンク」との意外な関わりにあった。


iPhoneバッテリー発煙、アップル直営店で避難騒ぎ スイス

たまたまその製品にだけ発生したバッテリー関係の人為的なミスなら一過性のものですが、バッテリーの構造自体に不具合や製造工程に何らかのミスがあるのであれば大きな問題となる可能性があります。今までもニュースにならないだけで、爆発とまでいかなくても膨張する程度なら相当な数があるなんて言う人もいます。信者の方には申し訳ありませんが、iPhoneだから100%安全なんていうことは決してありません。フランスの国内向けニュースでは、アップルがネット接続を意図的に遅延させて利益を独占する仕組みを作っている疑いがかけられていて、フランスの捜査機関が動いているみたいです。スマホの分野でほとんどの需要を占めているiPhoneがこれからどうなってしまうのか気になります。とりあえず、状況がわかるまではアルミ製の容器に密閉することをおすすめします。

ロンドン(CNNMoney) スイス・チューリヒ中心部にあるアップルの直営店で9日、スマートフォン「iPhone」のバッテリーが過熱して煙を吹き出し、店内にいた客や従業員が避難する騒ぎがあった。

チューリヒ警察によると、この騒ぎで建物内にいた客など50人が避難。iPhoneからバッテリーを取り出そうとしていた同店の従業員が軽いやけどを負った。7人は手当てを受けたものの、入院した人はいないという。


コロプラ、昨年来安値 特許侵害で任天堂が提訴 

任天堂は提訴しなくてもいいんじゃないだろうか?と最初は考えましたが、時間が経過して概要が鮮明になるほどに、コロプラに非があるのがわかってきました。ゲーム会社の中でも年収面で大きく出遅れている感のあるコロプラですが、この問題により新規雇用のメンバーが集まらないのでは?と噂されています。働く人が集まらないということは、新規開発事業にも着手できないのでますます後手に回ることになりそうです。好き好んで悪評のある会社に募集する人はいませんからね。白猫プロジェクトの公式ツイッターを見たら、リプライが擁護するファンとアンチ勢力が対立していて、見ている分には飽きませんね。白猫テニスが発表された時はAppランキングでも上位にありましたが、最近は全然ですね。

大幅に値下がりしている要因として、特許問題が挙げられる。任天堂は10日、コロプラに対し、スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の配信差し止めと損害賠償44億円の支払いを求めて東京地裁に提訴。コロプラが「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」など5件の特許権を侵害したと主張している。

一方、コロプラは「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針」としている。