コムギャラリー一覧

市来美保

超限界集落ってご存知ですか?頭漢字三文字の辞典では若者が使いそうなギブアップに聞こえますが、これ実際にウィキにも乗っている「人々が住まい集う地域」を維持するギリギリ限界の状態を指す言葉なんです。前段階の準限界集落って表現もありますが、要するに「過疎が過ぎてお年寄りしかいない。そのうち誰もいなくなるだろここ」って状態。確か住人の半数以上が55歳を越えていた場合に準となったはずです。というわけで宮城にある七ケ宿町の集落が一つ、超が付く限界を迎えようとしてるとのこと。去年まではそれでも危うい4人三世帯だけだったそうですが…お年を召して老人ホームに入居。現状71歳の佐藤さん唯ひとりと言う状況になってます。畑仕事をする元気なまだおじさんと呼称する方がイメージに合っている男性でしたが…「気が楽だ」と口にするものの、何かあったときに誰もいないってちょっと心配になりますよね。今回の話は実際に珍しい話でもなく、交通の便や仕事の関係で若者はどんどん過疎地から離れていく傾向にあります。日本も国としては然程大きくは無いんですけど、ますまず重要ある地域の密集化が進むと憂いを感じさせる一件でした。

くらい美人より明るいブスって言葉がありますけど、良いところが重なる人生勝ち組な例もあります。

しっかり胸元をアピールしつつ、無頓着な振りをするって個人的にはかなりツボです。

昨今の季節柄、ずっと重たい厚着仕様で過していると、たまには軽装で解放感に浸りたくなります。

これほどの面積がありつつもそれを超える質量があるならその場所に収まれるかは別問題。

一部部位が大きい人って服を探すにも丁度良いサイズが見つからなくて大変って聞きます。


さくら杏

前にも述べたかもしれませんが、何連携したところで土台無理な話でしかなく、首相や国連関連の人たちがそんなこと理解していないはずも無いと思うんですけどね。ミサイルの破棄ではなくそれごと破壊するくらいの強行に出る以外に核の懸念を吹き飛ばすことは敵いませんよ。あの国はあくまで「金正恩の俺様帝国バンザイ」のスローガンで成り立たせている非人道組織なので、人権で口五月蝿く突いてくる外野を黙らせるには相応の力が必要なのです。だってあの国から兵器取り除いたらその後、国連や加入している国々らは北をそのまま現状維持で放置出来ますか?その答えがそのまま北朝鮮がひたすら強気の暴挙に出続けている理由となります。というより銃をチラつかせながら「ちょっかい出すな!」と虚勢を張るしか出来ないんですよ。撃ったら国際リンチの刑、核放棄したら金正恩体制の終焉。対する世界のお偉いさん方は、北を追い込みすぎることで起きうる最悪に対しての引き金を誰も引きたくないからこその、ビビリと化した最低限「仕事してますよ」アピールだけになっているのです。

髪は綺麗に整えてあるのに、笑みのふっくら感と前湧けおでこの所為で田舎っぽく見えてしまいますね。

ちょっと前髪を崩すだけで優等生っぽさから近寄り難さがなくなります。

自宅の中で靴を履いていると実は日本ではなく海外にホームステイしてるのかな?と勘ぐってしまいますね。

ややはしないながらも夏に扇風機の前で涼を取るスタイル。目線を外すあたりがまだ理性強しってところです。

遠目からはピンクの水玉っぽく見えますが、これさくらんぼプリントされてますね。魅せる際にはノリと勢いがコツ。


目々澤めぐ

電車関連のトラブルの大半は、犬に噛まれたと思って諦めるしかない不条理でしかありません。自分も1度遅延に巻き込まれたことが経験があり、その時は帰宅まで三時間遅れましたね。しかしこの一件はJR東海の体制に難あるもののちょっと一回くらいは遭遇してみたいものだったそうです。それは前代未聞の乗客スルー。13日8時31分頃に名古屋駅に到着したものの、待っていた乗客200人がドアが開くのを待っていたところ…そのまま発車。さぞや当事者達は唖然としたことでしょう。直後気づいた駅員さんが緊急停止させて事なきを得たようですが、その際に起こった事がレア過ぎる戻る為の逆走。まあ遅れは発生してしまったでしょうが、不幸中の幸いと言うことで直接目で見たかったな、と感じたわけです。ちなみに原因は最後尾の車掌によるドアの開閉作業が行われていなかったことによる、運転士「既にことは済んでいるであろう」とされた勘違い。それもそのはず。何故か3人乗車のはずの車掌が1人しかいなかったんですから。2人分の作業が何処かで抜けてしまっていたんですね。これはシンプルに考えると運転士のミスってだけの話になりますけど、この人手不足に至ったJR東海の体制がどうなっていたかが一番の疑問なのではないでしょうか。

黒のボディースーツにウェーブのかかった髪形。この二つで色気が重なった時点で、とある有名キャラクターを連想してしまいます。

ギリギリを駆け抜きつつスリルを満喫するアグレッシブさは正に豹。

ポーズは決まってるんですけど、表情がまだ甘い感じですかね。ちょっと困惑しすぎです。

前のファスナーを悪戯気分で下げたい気分ですが、その瞬間打ち抜かれそうなビジョンしか湧きません。

緊張走るワンシーン。結果的には切り抜けるでしょうが、途中で捕獲されてしまうのはお約束。


葵千恵

毎日実例を挙げるのが面倒なほどオレオレや架空請求詐欺が横行してますけど、その際に良く聞く注意喚起が「手口は常に巧妙になっている」や「絶対騙されないと過信してる者ほど被害に遭う」とあります。私めも実際後者側である過信が過ぎる分類に放り込まれるのでしょうが、自分としては過信ではなく理屈として断言できるだけなんですよ。例えどのような指向の形態に詐欺が意向しようとも、引っ掛からない為の大前提が一つあります。トラブル「発生時点」から解決するまでの「外部から来た情報」を全て信用しないこと。声も性格も容姿も職業も所属も全部関係ありません。訪問した人間は詐欺犯で、鳴り響いたコールは偽電話で、送られてきた封書やメールは全てでっち上げでしかないと思ってください。まあ相手を怒らせない範囲の対応でって前提はありますが。その上で事実だったときの為に念を入れて真偽を確認するのです。ただここで注意すべきことは、先の三点から得た情報は一切きり離して単独で最初から事に当たること。例えば相手が企業名を語るならネットや口コミで実態や電話番号が実在するかを調べる。ただし得た情報内でのネットのURLやメルアド、電話番号などには絶対アクセスしない。ついでに家族・友人・110番など既に安全性が確かな手段のみを頼れば、簡単にその手の詐欺に引っ掛かることはありえません。その上で万全を期すならば、先の「安全である」という思い込みすら疑い、常に金銭が絡む外部からの話には2~3ヶ所の人間の話を聞いて判断すべきですね。

水で濡れているわけでもないのにこの薄生地の張り付き方。控えめに表現しても最高なのでは?

未知とは畏怖であり関心であり希望とも呼べます。ただしこの状況はパンドラと呼称するほど重くはありませんね。

服が吸い込まれるかのように密着フィット。差し詰め下のクッションはまな板といったところでしょうね。

ひたすら表情を変えず唯微笑みこちらが踏み込むのを待ってくれています。

どんなポーズを取ろうともこのプロポーションの前では繊細な芸術品のように扱わざるを得ません。


大咲萌

外側に目を向けずに只管下を向いているという手もありますが、一般的にはもうそろそろ「リア充爆発しろ!」と彼方此方で独り身の方向が炸裂するクリスマスがやってきます。既に街もその装いで11月から早くも商戦は勃発してますからね。ちなみに自分も特定の相手はいないものの、特に嫉妬に身を燃やすようなことはなく、至って季節の風情を楽しめるタイプで、「普通じゃないのかな?」と思いきや…。携帯の大御所KDDIが40代までの男女1000人にクリスマスに対しての、正確に言えば恋人有無の意識調査を実施したところ、恋人がいない人の中で「焦りはない」と回答した人がまさかの九割超え。まあ何割か負け惜しみが入っている可能性も否めませんけど、「普段と変わらない日常を過す」と、あまり関心も無い結果でしたね。流石にちょっと寂れすぎてる感じもしますよ。これ言うと人間性が看破されそうですが、残り物の値下げケーキやチキン、イベント時期の店舗割引キャンペーン。クリスマス商戦に脇役としてでも見事に乗せられてしまってますけど、楽しんでいるのでこれはこれで勝ち組だと思ってます。

一見気が強そうに見えますが、口元の吊り上がり方や手の添え具合からして気丈を装っている風に見受けられます。

上は可愛らしく下はシックに地味よりにまとめ、髪型で豪奢さを出し素足でひきつける。

ちょっと行儀が悪い座り方ですけど、これ何気にお姫様だっこに近い体勢なんですよね。

高層ビル張りの高所だからか、この姿で窓際に立つなんて、スイッチがオンになってます。

何気に装いを純白フリル系で統一している辺り、容姿よりも純情なのかもしれません。


神田るな

ぐるナイ「ゴチ」で国分さんが遂にクビになりましたね。今日ニュースでまだ視聴率15%もとっていたことを知って驚きました。どんな時代になってもグルメ系のジャンルは強いのかもしれません。矢部さんはこれから裏方などでサポートしながら1年後に復帰しそうですが、国分さんはジャニーズ事務所なので裏方みたいな意識の低い仕事はさせてもらえなそうです。国分さんがいなくなった後は、ジャニーズ枠として他の方が事務所から来るのでしょうか?月曜から夜ふかしの司会をしている関ジャニ∞の村上信五さんはトークもしっかり出きるので後釜に良さそうです。アナウンサーの羽鳥さんもそろそろ見飽きてきたので、彼もクビ候補に入れてみてはいかかでしょうか?あと、気になったのは矢部さんの顔色です。めちゃイケに続いて自分の出演する枠が減ることにもしかしたら焦りを覚えているのかもしれません。結果発表まで間にCMを何度も挟んで先延ばししていたので、あまり露骨に先延ばしするのはやめてほしいです。リアルタイムで見ていましたが、録画してCMを全部飛ばしながら見るほうがベストかもしれません。

おじさんに着てもらうよりも似合っていて目の保養になります。

足までしっかりとサポートされている衣装は、冷え性の女性にもおすすめです。

思わぬ高所からのアングルだったので、ドローンで撮影したのかと勘違いしました。


咲乃柑菜

日本の情報化社会の一端を支えている…と勘違いしているわけでもなく、そう言い張っている現代の巨悪イラネッチケー。何やらようやく一般の市民感情を少しは汲み取ってくれたのか、または地味な汚名払拭に走りたいのか、このたび「受信料の負担軽減策」を検討するとの話が挙がってきました。知りませんでしたが元より生活保護や福祉施設利用者などの対象には、半額ないし全額の免除があるそうで、云わばこの対象をより広めると言う案になっているとの話。具体的には、支払いが経済的に困難な視聴者が対象になるそうです。…さてここまで何事も無く流してきましたが、逆を返すと「金が無くても少しは払えや!」という徴収根性丸出しの強奪案でしかありません。綺麗に言い換えると「こっちは譲歩したんだから、お財布事情厳しくても、ちゃんとこっちの支払いを優先してね」って内容です。ゼロよりはイチの方がまだ金が入る見込みがあるって理屈。しかしこれが通ったらイチで済ますはずも無く、「困難な経済状況の証拠」の提示を迫られ、難癖つけて全額払わせようとしてきそうな未来しか見えないのですが?

美人系なのに無邪気で愛らしいピースサイン、それもダブルでお得感増し増し。

当たり前の様に陽光照り返す中での薄着だと、それが一体どういう用途の服装なのか違和感がなくなってしまいますね。

濃いピンク色と言うのは使いどころを誤ってしまうと急にくどさが増し、痛々しさに包まれてしまうのですが、これはセーフ。

意外と表情としっくり来たおとなしく柔らかなイメージの私服。髪型に惑わされそうになりますが、素は結構若々しいです。

手の大きさを見る限り、相手は男性の方ですよね。本業ネイリストで練習に付き合ってもらっているのでしょうか?


観月奏

よくもまあ思いつくなと感心させられるナントカ大賞。最近発表された中には「アンガーマネジメント大賞」なんてものがありまして、意味としては「怒りの管理」という、怒りを予防し制御を促す為の心理療法プログラムなんだそうです。その大賞って言われると、如何にプッツンせずに受け流せるかって意味だとは思いましたが…。なんとその逆「感情コントロールに失敗し、やらかした有名人」を決める不名誉大賞だったわけです。670人の一般男女に254人の専門家による栄え無きナンバーワンとは!?…この一年を振り返って思い出したくも無い声が脳裏に響いてきましたが、その通りの豊田真由子元衆院議員が選ばれてました。怒り狂った失敗人はまだまだ候補には挙がってきますが、堂々と善人を演じていたという意味では紛れも無く、天罰が下った類の人じゃないでしょうかね?

関節が柔らかいとマンネリした際には色々と面白いチャレンジが出来そうです。

健全っぽく新体操の練習のようなイメージですが、如何せん着ている衣装が全然違います。

柔軟の基本ですが、直立体勢では気づき難い嫌なお肉を実感させるだけに評価としてはマイナス。

驚くほど瞳が大きく見開かれているので、漫画の人物のように見えます。

両手でハートを作る仕草って角度を間違えると、意図さえ伝わらず痛々しさだけが漂います。


仲間あずみ

まだやっているのかという大相撲界の暴力問題。貴ノ岩は「示談に応じる気持ちになれない」と強気な姿勢を見せていて、このままだと来年まで引きずりそうですね。土俵の上だけでなく貴乃花親方も貴ノ岩も頑張ってほしいという意見が続出しています。報告書が今の段階になってやっと出たのは、これまでに頑なに拒否していた貴乃花の意思に変化が出たのかもしれません。貴ノ岩が示談に応じないだろうということは初期の段階から知っていたみたいなので、親方として最後まで弟子を守る姿勢を貫くのかもしれません。自分の地位が揺らごうとも、どんな犠牲を払ってでもという姿勢は最高の師弟愛かもしれません。もしかしたらこの二人に感化された腐女子が冬コミに向けて相撲の薄い本でも描いているかもしれませんね。最初の報道では大した怪我ではないなんて言われていましたが、だんだん大事になっている気がします。

リラックスできるマッサージ施設に欠かせない一輪の花。異性から羨望の眼差しを浴びています。

圧倒的ボリュームの胸部装甲は、どんな攻撃も跳ね返すと言う意思を感じられます。

ここまでしてくれるのかというサービスはお客さんの癒しを重点的に考えているからです。


美月るな

学校ごとに異なる教師と保護者のパワーバランス。当然双方健全な子供の育成に適している教育機関もあるでしょうが、両者とは別に生徒同士のトラブルに発展した際の対応も良き現場かどうか問われることになるんですよね。自分の学生時代の頃は教師が厳しすぎて、それでも親御さんらが恐らく「良い教育になる」と考えていたのでしょう。大人に対して畏怖と威厳と尊敬の念を持てることが出来、教師に対して怒りに触れることは出来ませんでしたよ。さて昔話は置いといて、岩手県よりひと波乱。12日に起きた不祥事ですが、こちらでは悪い意味で教師の威厳が保たれていたようです。平たく言うと体罰に暴言のコンビネーションが炸裂しました。所属は分かりませんが、部活動の最中に何らかの事情で説教。部員3人に平手打ちをお見舞いし、同じことをしたら「ぶっ殺す」と吐き捨てたそうです。更なる問題としてそのうちの1人が鼓膜を破れてしまいました。生温い調子に乗った子供が育つ環境よりも、昭和世代のキツさがあった時代の方が教育としては適していると感じてますが…トラウマに近い恐怖を植え付けるのは、やはり教師どころか人間として行き過ぎた行為ですね。

放課後のヒトトキなれど明らかに人気の無い青春を感じさせる場所。

何気ない仕草に見えつつも、握りこぶしにこの人差し指に注目です。

シットリとした髪が丸で雨に濡れたかのような色気を醸し出してます。

綺麗さの中に緊張と期待のムード。これぞ若さだけに許された一つの芸術かと。

上気した頬に吸い込まれそうな眼差し。薄っすら残った日焼け跡が逆に終わった季節を感じさせてくれます。