チケキャン運営元社長ら書類送検 詐欺容疑で京都府警

胡散臭いダフ屋と転売屋とチケキャンと並べると、結局出品者が転売目的で販売しているのでどれも同じだと思っていました。カテゴリーを分けると転売の斡旋ということで、やぱり相当なグレイゾーンですもんね。耳にタコができるほどCMが流れている過払い金のアディーレなどもそうですが、功罪相半ばするような業種でラジオやテレビでガンガンCMを流しているところは何かしらすねに傷を持っているんじゃないでしょうか。そろそろヤフオクも取締りの目が向けられるべき?なんていう意見もあります。中古なのに送料を含めれば新品と同じくらいの商品が売っています。わたしも自転車を購入したことがありましたが、写真ではわからないようなところがボロボロで買い物を失敗しました。「欲しいものが値段が理由で買わないなら買う、値段が理由で欲しいなら買わないほうがいい」という格言もあるとおり、変な安物買いの銭失いをしたくはないものですね。

 国内最大手のチケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」で高額転売するため、安室奈美恵さんのコンサート入場券を不正に入手したとして、京都府警サイバー犯罪対策課と西京署は11日、詐欺の疑いで、東京都渋谷区の同サイト運営会社「フンザ」の元社長(38)=千代田区=と、大阪市に拠点を置く転売業者グループの33~42歳の男3人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。
 チケット転売仲介サイトを巡っては、2020年に東京五輪・パラリンピックを控える中、チケット価格の高騰を招いているとして批判が強まっている。インターネットを通じた転売行為に関連し、サイト運営会社のトップや転売業者が書類送検されたのは初めて。

シェアする

フォローする