「動く抗うつ剤」「ストロングゼロの擬人化」―― バーチャルYouTuber輝夜月(かぐや・るな)を見て今年も元気にやっていこう

声がその辺の声優さんよりも可愛いし、見ていて面白いですね。初音ミクなどのボーカロイドのMMDが一時期台頭したことがありましたが、その延長線にある作品だと思います。電脳少女シロ、ミライアカリ、のじゃおじ、キズナアイ、輝夜月など電脳系ユーチューバーも増えてきました。ヒカキンなどを真似して極端なことをする動画に飽きてきたユーザーが流れているのかもしれません。キャラデザの3D制作を依頼して、それを動かすハイスペックなPCを用意すると、数百万単位でお金が必要なんて言われています。顔出しするデメリットのなく個人のブランド力を高めることができるので、これは新しい方法ですね。数十分や数時間の再生時間だと見るのに疲れてしまうことがありますが、長くても数十秒くらいなので簡単に見れるのもいいですね。

2017年12月9日にスタートし、登録者数21万(2017年12/31現在)、動画再生回数ミリオン連続という輝夜月(かぐや・るな)が、Twitterやpixivなどで人気大爆発中です。人間も含めたYouTuberの12月22日から28日のチャンネル登録者上昇ランキング1位。冬コミではコスプレも薄い本もあったらしいぞ。

人気に火がついてから広まるのが、極端に早い爆弾娘です。まだ動画数本しかないのにね。

そもそもバーチャルYouTuberってなんだよとか、なんで人気なんだよとか考える前に、見ましょう。お願い、3分半だから!

この有無を言わさぬテンションの高さ。もうバーチャルとかYouTuberとか、そんなのどうでもよくなる。押し切られて最後まで見てしまう。声質がくせになる。わちゃわちゃ動くキャラかわいい。トークがいい意味で雑。

シェアする

フォローする