真菜果

予約に2000万円という家でも変えそうな金額の頭金が必要になる先進自動車のテスラです。わたしにそんな大金があったら、300万の車に建売を買っちゃいますね。当初2万台を予定としていた生産ラインが、まだ300台に届かないほどしか生産されていないという問題が急浮上してきました。良質な品質を求める予約していた富裕層からは、工数を減らして質を落とすんじゃないかと心配する声も上がっています。売り込みは大成功でしたが、それに見合う生産体制が整っていなかったのかもしれません。夢を語ることは大切ですが、期待を煽って実行できなければ詐欺と変わりません。どこかの大手の傘下に入ったらいいんじゃないだろうか?なんて意見も聞かれる中で、どれだけ踏ん張れるのかが今後の焦点になります。ピンチはチャンスの顔をしてやってくるなんて言葉がありますが、この状況を乗り越えれば車業界でも頭角を現してくることでしょう。

どれだけ待たせるの?なんて言葉が飛び出しそうですが、彼女の全身から立ち上る好意オーラは色をどんどん濃くしています。

シェアする

フォローする