<晴れ着トラブル>被害総額は数千万円か 東京と神奈川

晴れ着レンタルのトラブル、当日の予定が狂ってしまった人は気が気でない時間を過ごしましたね。業者は騙そうと思ったのではなかったという意識で倒産したようですが、それならなぜ注文を受けてお金を受け取ったのでしょう。せっかくの成人の日がこんなトラブルに巻き込まれてしまい、不安を感じていると思います。わたしは男性なので持っていたスーツで出席しましたが、女性の場合はあまり使用しない晴れ着は借りたほうがお財布に優しいという意見の人が多いと思います。当日に間に合わなくて、お母さんやお姉ちゃんの持っていた着物を着て出席したなんて意見もネットで見ました。かなり悪質な詐欺に近い業者だと思うので、徹底的に責任を追及して欲しいです。倒産得なんてことにしてしまったら、これからも同じような業者が出てくるはずです。

晴れ着のレンタル・販売会社「はれのひ」(横浜市)と契約した新成人に振り袖が届かず、連絡が取れなくなった問題で、神奈川県内の警察署に「代金を払ったが店と連絡が取れない」などの相談が少なくとも60件寄せられた。被害総額は東京都内も合わせると数千万円に上る可能性もあり、神奈川県警は実態把握に乗り出した。

県警によると、被害は横浜、川崎、相模原の各市などで確認され、9日朝現在で60件に上る。晴れ着の購入費や着付け料金など、被害額は1人数十万円に上るとみられる。

シェアする

フォローする