神田るな

最近JR蘇我駅の男子トイレでシンプルながら画期的なアイデアが実装されました。大きなイベントなどに行くと、開催前付近のトイレには大勢の列が出来てたりしません?すると混雑解消のために、「大待ち列」と「小待ち列」が出来ていて、場合によっては最後尾看板まで作られていることもある盛況っぷり。まあ大規模な催しになると、近くのコンビニじゃあ下手すると混雑解消のために使用禁止になっていたりしますし、一部目に見えて利用できるところに人が集まってしまうのは仕方ないことなんですよね。場合によっては早朝どころか前日から…なんてケースもあるでしょうし。個人的には列に戻るまでに間に合うのであれば、電車に乗ってその区域から脱することをオススメしたいところ。さて派手に横道に逸れてしまいましたが、この蘇我駅では万が一の場合でも先程の大小看板は必要なくなる形になりました。それは、丸で道路の車線の様に、三本のラインで区切られているのです。ほら病院で目的地に対して方向指示がされていたりするでしょう?あれと同じで大小に出口を引かれた形に工夫されてましたよ。

優雅な酒の席と油断すると昨今、お持ち帰りが定例になってしまっている紅一点の酒盛りの場。

顔色には変化は薄いものの、早くも出来上がってしまっているようです。

脇と上着の間の僅かな隙間が気になって仕方ありません。

実はコップの中身が微動だにしていない事実。寄ったふりして狙っているのは彼女の方?

この期に及んでも男二人だけの世界に浸っているバックが気になって仕方ありませんが、もしかしたら気づいてないかも。

シェアする

フォローする