如月ジュリ

本当に働けない人にとっては命綱にも等しい生活保護。このたび政府が3年の間になんとか約160億円削減しようという方針を打ち立てました。何やら段階的に一部世帯で下げていくとか…。その一部と言うのがどのあたりの基準なのかもう少し明確にして欲しいところですね。自分としては削っても大丈夫と思われるような人間ならば、いっそのこと叩き切るべきだと思うのですが…。まず政府が優先すべきはそんな体裁のような削減案ではなく、受給するべき人間のハードルを再設定しなおして、不正ないしそれに近い人間への保護を打ち切ることです。色々話に聞いてると、これ徹底するだけで維持費が半分は吹き飛ぶのでは?と頭を抱えずにはいられません。少なくとも日中から保護費でパチンコ打てる人間には不要でしょう。手首指先が動いて店舗に向かう為の足が動きます。ついでに長時間座りっぱなしも出来、周囲に人がいる環境や騒音に耐えることも可能です。一体何が身体的に問題があり、どんな理由で遊び暮らしが許容されているのでしょう?

懇願するような瞳で誘惑を仕掛けている、割と男の扱いに慣れた類。

少々困惑したご様子なれど、太ももを前面に出す辺り余裕はありげ。

吸い込まれそうな瞳を向けつつ艶めいた唇。

どうしようもない彼氏にやれやれと呆れたような表情。何だかんだで尽くしてくれる系でしょうか。

順序を踏んだ流れも何処かで失敗してしまったのか、挑発するようなポーズを取りつつも呆れられたようです。

シェアする

フォローする