二宮ナナ

昨日カードショップへ初めて行ってみたのですが、ポケモン、ドラゴンボール、デュエルマスターズやアイドル系のカードなどたくさんの種類がショーケースに並べてありました。素人の私からすると、どのカードにプレミアがついていて、どのくらいの値段が相場なのかもわからないのですが、タダのカード一枚に数千円の値がついているものを見ると、なんだか住む世界の違いを見せられているようです。店内には宇宙語で話すオタク集団がカードについて真剣に話し合いをしていました。我が子の将来が急に不安になってきました(笑)

ぴちっとしたトップスにたいとなスカート、この洋服を着熟せるのは相当スタイルに自信があるということでしょう。

それもそのはず、このプレミア級に整った形のいいヒップをみたら、誰も文句はいいません。

無駄のない体の全てのパーツが集まってできたのが、一人の女性です。

縦に伸びたへそは、無駄な贅肉がお腹についていないことを知らせるサインですね。

何でもないソファに彼女が横たわっているだけで、そこは急に神聖な場所であるかのような錯覚を起こします。


発達障害、初診待ち最長10カ月 総務省が改善勧告

小学校、中学校に通っているとクラスの中に数人発達障害カナ?と思える人がいます。なかには、ただ落ち着きが無かったり元気すぎるだけの人もいるのかもしれませんが、そのボーダーラインは難しいですね。今子供が通う幼稚園の中にも、全体行動できちんと整列ができない子や、急に大声を出す子がいますが、果たしてその子供の親はどれだけ自分の子が発達障害であることを疑っているのでしょうか。もしかすると事実から目を反らしたいという思いで、ずっと病院を診察することを避けている人もいいるかもしれません。ただ子供のためにもきちんと診断をしてもらって、これからのことを前向きに考えていけた方がいいでしょう。

総務省行政評価局が、発達障害のある子どもの診断をしている医療機関の受診状況を調べた結果、半数以上の機関で初診までに3カ月以上待たされていることがわかった。中には約10カ月以上待たされる機関もあった。総務省は20日、厚生労働省に改善を勧告した。

行政評価局は昨年8~11月、子どもの自閉症やアスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などの発達障害を診断できる医師がいる全国約1300の医療機関のうち、主要な27機関について調べた。

その結果、高校生以下の受診者が初診を受けるまでにかかる期間は、1カ月以上3カ月未満が6機関、3カ月以上半年未満が12機関、半年以上が2機関あり、そのうち1機関では約10カ月かかっていた。

初診を待つ子どもの数は10~49人が9機関、50~99人が4機関、100人以上が8機関だった。


中村蒼 一般女性との結婚を発表 6年愛実らせた

イケメン俳優として知られる中村蒼さん、本当に顔立ちが整っていて、堀の深い顔は日本人は慣れしていますね。彼が一般女性との結婚を発表したようです。これだけチヤホヤされて周りからイケメンだともてはやされても、長く交際を続けていた一般女性と籍を入れたということは世間的に見ても好印象ですね。少し前に滝沢英明さんと共演したドラマではライバル敵の関係でしたが、個人的にはタッキーよりも中村蒼さんとを選ぶだろうとずっと思っていました。愛するよりも愛されていたい、尽くすよりも尽くされていたい(笑)

俳優の中村蒼(25)が21日、自身のブログを更新。一般女性との結婚を発表した。

中村は2005年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得し芸能界入り。翌年から俳優として活動している。

中村が更新したブログの内容は以下の通り。

いつも応援して下さっている皆様へ

突然のご報告となり、申し訳ございません。

この度、私事ではありますが、かねてよりお付き合いをさせて頂いていた一般女性の方と入籍を致しましたのでご報告をさせて頂きます。

お相手の女性とは6年ほど交際をさせて頂き、自分の事を陰ながら支えてくれました。

その中で自然と結婚を意識するようになり、お付き合いを始めて6年目の記念日となる1月21日に入籍させて頂くことを決めました。

まだまだ未熟者ではございますが、これからもより一層役者として精進していく所存でございます。

皆様には温かい目で見守って頂けたら幸いです。

今後とも宜しくお願い致します。

平成29年1月21日

中村蒼


桜井心菜

『メメント』という記憶が10分ほどしか保てない男の話の映画を見ました。事故にあってから新しいことを覚えることができなくなってしまったので、事故を起こす前の記憶はきちんと残っています。朝起きて自分がどこで何をしていたのか記憶できていないので、体中に大切なことは墨を入れてあります。またメモを残すことで、次にやるべきことを把握していくのですが、実際にもこういった障害がある人はいると思います。ただ映画を見終わって思いましたが、何を信じるかは自分次第ですね。残されたメモだって確実に正確な情報ではありません。その時々自分の受け方によっては同じ文章でも意味がかわってきます。記憶だって月日が経つにつれ曖昧なものになるでしょう。何が正確で、何が不確かなものなのか、なんだか映画を見ていて不安になってしまいました。

日中家にいることの多い奥様だって、体のメンテナンスは欠かせません。

専業主婦だからって久しぶりに会った友人に劣化したなんて言われないためにも見えない努力があるのです。

出産したばかりの体形は多少崩れるかもしれませんが、子供を育てるためにふくよかになった胸は自慢です。

普段からキッチンは整理整頓されて、とても使いやすい彼女のテリトリーとなっています。

たまには疲れた旦那さんの体を気遣って、肩をもむこともあります。こういった小さなことが仲のいい夫婦でいる秘訣でしょう。


のべ1万人以上に不要な採血

たまに病院に行って、これって本当に必要な検査なのかな?と思うことありますよね。向こうも必要に応じて、色々と検査をしておくことで便利に使えることもあるのかもしれませんが、検査費用だって保険を適用しても3割は自己負担です。出来る限り無意味な検査は避けたいところですね。後よく思うのが、経過を見るために病院に呼び出される行為です。確かに完治したかどうかを調べるためには、もう一度見せに行かなければならないのかもしれませんが、そのために予約をとって、長い時間待合室で待たなければならないのがどうしても納得いきません。気になる人は完全に治ったかどうかを確認したいと思うかもしれませんが、私の場合ほぼ経過をみせに行ったことはありません。

大阪市から集団健診を受託した社会医療法人が、本来は必要ない採血をのべ1万人以上に対して行なっていたことがわかりました。

本来必要のない採血を行っていたのは、大阪市から国民健康保険の集団健診を受託した社会医療法人「愛仁会」です。健診では採血管2本分の血を採りますが、医師が必要とした場合に限り貧血検査用に約2CCが追加で採血されます。

愛仁会はおととし5月から去年9月までの間、全ての受診者に対して貧血検査用の採血を行なっていたということです。のべ1万1500人分、計算上約23リットルの血液が採取され、貧血検査もせず処分されたことになります。

「(貧血検査用の血液の)採り漏れを防ぐために、(全員から)3本採血をしなさいという形でマニュアルを作ってしまった」(社会医療法人愛仁会 松原正明本部局長)

「愛仁会」は、枚方市や尼崎市の健診でも同様の採血を行なっていたということです。


たんすから“お宝”発見 菅原道真描いた「天神縁起絵」の掛け軸 「トップクラスの保存状態」

昔、乳が好きだったので、よくお宝鑑定団のテレビを一緒に見ていたのですが、毎回家からの掘り出し物で、よくこんなにも眠っているお宝が続々と見つかるモノだなと感心していました。私の実家を隈なく探したところで、こんな古びたお宝は眠っていないでしょう。やはり代々継がれた古くからあるお家は持っている家宝も凄そうです。こんな掛け軸なんて見たことがありません。たまに骨董品屋で見つけてきたというお宝を持ってきた人が数百円程度の値がつけられてがっかりして帰っていきますが、骨董品屋でお宝を見つけるのは、相当な目利きでなければ見つけられないでしょう。

「天神さま」として信仰される菅原道真を描いた「天神縁起絵」の掛け軸が福岡県小郡市で見つかった。掛け軸形式の天神縁起絵は全国で十数件しか確認されていないという。江戸時代に描かれたとみられるが退色がなく、識者は「全国でもトップクラスの保存状態で大変貴重な資料」と評価している。

掛け軸は2幅あり、いずれも縦185センチ、横64センチ。昨年4月、同市稲吉地区で老松神社の氏子が代々管理するたんすから発見された。顔料などから江戸時代作成と推定されている。

掛け軸は、11段に区切って計46の場面を描写。道真が京から大宰府に左遷され天へ無実を訴え続けた生涯を描く第1幅と、道真の怨霊が京を襲い天神として祭られる過程を描いた第2幅。

縁起絵は鎌倉時代以降、天神信仰を広げるため、道真を祭る全国の神社で絵巻が作られた。南北朝時代以降、より多くの人に絵を見せるため掛け軸形式に発展したとされる。掛け軸形式は福岡県内では太宰府天満宮所蔵の2件しか確認されていない。他の天神縁起絵では確認されていない母子を描いた場面もあり、同天満宮文化研究所の味酒安則主管学芸員は「今後の調査で新たな発見の可能性もある」と話す。


加護範子

プリントパックという印刷専門の企業があるのをご存知ですか?データはあるけど、印刷枚数が多かったり、自宅のプリンターでは印刷できないタイプのモノを代わりに印刷してもらうことができます。料金の中に印刷代や紙代も含まれているのですが、意外と格安にお願いすることができるので、会社のチラシや、イベントのフライヤー、名刺など色々なタイプの印刷を請け負っています。今回チラシの印刷をお願いするために色々調べていたのですが、本機公正という本印刷の前に確認用に一枚だけプリントアウトするオプションがあるのですがそれが異様に高くて腑に落ちません。本刷りの印刷は格安なのに、どうして確認用の印刷だけがこんなにも高額なのでしょうか。

ふわっふわの髪の毛はまるでお人形さんのようですね。小さい頃に色々なヘアセットをしてよく遊んでいました。

セーラー服に付けるリボンの色が緑なのも珍しい、この色が自由に選択できるようになれば、この学校を志望する生徒数も増えるでしょう。

女子高生のスカート丈は短すぎるくらいがちょうどいい、だってこの年齢の頃にしか生足をこんなにも出して生活する機会はないんです。

家ではノーブラが鉄板。締め付けらえることが大嫌いな彼女はいつも開放的なルームウェアを好みます。

しかし光りと服の色が相成ってまるで天使が舞い降りてきたかのようですね。

 


結婚、男女とも「18歳以上」に=今国会に民法改正案

十数年前に、十五歳の母というテレビドラマが放送されて、話題になりました。中学生で妊娠出産、確かに普通では考えられないような出来事ですが、報道されていないだけで小学生でも妊娠出産するケースもあるようです。当時は女性の結婚は16歳から籍を入れることができましたが、法律で18歳からに改定されるようです。確かに年齢が低ければ低い程、離婚率やネグレクトをしてしまう母親が多くなるので、ある程度の経験や年齢は必要だと思います。母親になる前に、自分自身がまず大人になるのが先ですね。子供が子供を育てられないように、色々な世界を見て経験して、学ぶことで知識や教養を広げて欲しいです。

政府は21日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案に、結婚が可能な年齢を男女とも「18歳以上」に統一する規定を盛り込む方針を固めた。

結婚年齢の下限は現在、男性18歳、女性16歳とずれがあり、国際機関などから「不平等だ」との指摘が出ていた。今通常国会に提出して早期成立を図り、2021年にも施行したい考えだ。

結婚年齢の下限は民法731条で規定。男女間で身体発達の早さが異なるとの理由で、女性の方が低く設定された。国連の女子差別撤廃委員会は03年に不平等な規定だとして、男女で統一するよう勧告。日弁連も是正を要求していた。

成人年齢を18歳に引き下げ、結婚下限年齢を現在のままにした場合、男性は成人にならないと結婚できず、女性だけが未成年の段階で結婚できるという事態が生じる。このため、「18歳成人」と合わせる形で男女の下限を統一し、未成年での結婚をなくすことにした。現在、未成年者の結婚には父母の同意が必要と定めているが、こうした規定は不要となる。


<裁判>「育休で昇給消えた」大学教員が提訴

ただ考えるよりもやはり相手の立場に実際に立ってみることで見えてくることもたくさんあると思います。いくら相手の気持ちを考えても、やはり体験してみないことには物事の辛さや楽しさなども体感できません。男が女の、女が男の仕事を変わることで、それぞれのいい面や悪い面を体験することができます。一時的でも体験することにより、今後相手を思いやる生活をすることができるので、とてもいい機会だと思います。一日中家にいて家事や育児をしている女性は、外に出て働く大変さを、外で仕事だけしていて家のことを全くやらない男性は、朝から晩まで家にいて家事育児を体験してみる、どちらが大変なのか、競い合いをしているわけではなく、お互いの大変な部分を理解しながら歩み寄れたらいいなという話です。

関西地方のある私立大学で、育児休業を取得した男性教員が大学を提訴する事態が起きました。育休を取ったことで昇給の機会を失ったという男性は、「育休取得を理由とした不利益な取り扱いにあたる」として、昇給分の給与を賠償するよう求めています。いったい何が問題とされているのか、明治大商学部の藤田結子教授(社会学)が報告します。

育休を理由とするハラスメント(嫌がらせ)防止の措置を会社に義務づける改正育児・介護休業法が、2017年1月1日に施行されました。法律整備は着実に進んでいます。しかしながら、男性が育児休業を取得することへの理解はあまり広がっていません。男性中心の企業社会で、育児は女性の仕事という考え方や、育休取得が昇進や昇給に影響することを恐れる風潮が、まだまだ強いからでしょう。

◇「子育てに関わりたい」と9カ月の育休を取得

大学教員の佐藤健一さん(40代男性、仮名)は、妻に4人目の子供が生まれた15年秋から9カ月間、育休を取得しました。男性の育休取得期間は「5日間未満が約6割」ですから、珍しい長期取得のケースです。

佐藤さんは育児分担の理由をこう語っています。「もともと子供が好きでした。仕事ばかりで十分に子育てに関わらないのは、教える仕事をしている身としては本末転倒だと考え、取得することにしたのです」

育休を申し出る前に、大学の就業規則と育休規定を確認しました。すると、おかしな点があることに気づきました。

給与規定によると、教職員は通常、毎年4月1日に昇給します。昇給対象者は4月1日時点の在職者で、前の年度の12カ月間すべてを勤務した人と規定されていました。つまり、前の年度に育休を取得して仕事を休むと、昇給対象から外れる、ということです。

また、就業規則の中の育休規定には、育休期間を昇給に必要な期間に算入せず、昇給は復職後12カ月勤務した後の直近年度に実施する、と書かれていました。

佐藤さんは、それまで加入していなかった教職員労働組合に事情を相談し、大学人事課に話し合いに行きました。すると担当者は「他の病休と同じ扱いです。育休だけ特別不当な扱いではありません」と回答しました。

釈然としないまま育休に入り、9カ月間育児と家事にどっぷりつかって職場に復帰しましたが、佐藤さんの9カ月の育休は複数年度にまたがっていたので、規定に従った場合、その2年プラス1年間の勤務後まで、昇給がないことになります。

しかも、いったん昇給が遅れるとその後ずっと遅れ続け、基本給をベースとする諸手当、ボーナス、年金に大きく影響します。教職員労組は大学に規定の是正を求めましたが、回答はありません。

◇子どもを持てば持つほど昇給が遅れる仕組み

この規定に従うと、育休を取るほど、子どもを持てば持つほど昇給が遅れてしまいます。育休を取ることで賃金面の不利益をこうむるなら、男性はおろか女性教職員でさえも育休取得をためらってしまうでしょう。

そもそも育児・介護休業法第10条は、育休取得を理由として、従業員への不利益な取り扱いを禁じています。以下はその抜粋です。

解雇すること▽契約を更新しないこと▽労働契約内容を(悪条件に)変更すること▽自宅待機を命ずること▽降格させること▽減給、または賞与などの不利益な算定を行うこと▽昇進・昇格の人事考課で不利益な評価を行うこと

大学の規定は、明らかにこの条項に抵触しています。

大学との話し合いが進まなかったため、佐藤さんは教職員労組の協力を得て、裁判所に判断を求めることにしました。「不昇給は育児・介護休業法第10条が禁止する不利益取り扱いにあたり、関連就業規則も公序に反して無効である」として、昇給分の損害賠償を求めています。

◇最高裁で確定した病院敗訴の判決も

過去の同様の裁判では、京都市の病院に勤務していた男性看護師が、3カ月の育休取得を理由に昇給・昇格を認めないのは違法だとして、病院を訴えた例があります。

病院の就業規則には、育休を3カ月以上取ると、翌年度は職能給を昇給させない規定がありました。また、翌々年度の昇格試験の受験資格も認めていませんでした。裁判所は「昇給・昇格で育休取得者を不利益に扱っている」と認めて原告勝訴の判決を出し、15年12月に最高裁で確定しました。

佐藤さんの大学では、すべての教職員に毎年昇給が認められています。佐藤さんと労組は「育休取得者が欠勤者と同じように扱われて昇給できないうえ、昇給がいったん遅れると回復できないのは、より悪質な不利益取り扱いに当たる」と訴えています。

◇1人で悩まず労組やNPO、労働局に相談を

厚生労働省によると、結婚や妊娠、出産で不利益な取り扱いを受けた労働者からの相談は15年度2650件、育休取得による不利益取り扱いの相談は1619件にものぼっています。おそらく、この数字は氷山の一角でしょう。

もし、このような取り扱いに直面したら、1人で悩まず誰かに相談しましょう。佐藤さんは労組に頼りましたが、周囲の信頼できる人やNPO、厚労省の各都道府県労働局に相談する選択肢もあります。育児は会社の仕事に劣らず重要な仕事です。育休を取ったことを後悔せず、胸を張ってください。

佐藤さんはこう話しています。

「育児をすることで、社会についてたくさんのことに気づきました。何よりも、子どもたち全員に笑顔が増えました。裁判をすることで後に続く男性の育休取得を手助けしたいと思っています」


北極圏の海底から謎の音、動物も消えた? カナダ軍が調査へ

深海から謎の音が聞こえるという住民の声、そして今までいたはずの野生の動物たちの数が一気に減ったようです。これが意味していることは何なのでしょうか。動物には野生の感があるので、危険を察知するとすぐにその場を移動する習性があります。もしかするとこの謎の音に反応して既に移動したのかもしれません。私たち人間にはあまりこういったセンサーのような勘が働かないので、気付かないうちに取り残されてしまったのかもしれませんね。宇宙人が海底に眠っているのか、それとも地底でのマグマの動きに異変があったのか、何が理由なのかわからなところがまた恐ろしいですね。

【AFP=時事】海洋動物の鳴き声か、外国の潜水艦か、それとも幻聴なのか──北極圏に位置するカナダ北東部の沖合で、海底から複数回にわたり奇妙な音が確認され、地元住民を困惑させている。異音の発生後に地域に生息する動物の姿が見えなくなったとの報告もあり、軍は19日、パトロールの実施とともに音響の専門家らを派遣し、調査を実施すると発表した。

異音が確認されたのは昨年末。イグルーリック(Igloolik)村に暮らす先住民イヌイット(Inuit)の猟師らが、北西航路(Northwest Passage)とハドソン湾(Hudson Bay)の間に位置するフューリー・ヘクラ海峡(Fury and Hecla Strait)の沖合でビープ音を複数回耳にした。

この海域では通常、イッカクやホッキョククジラ、ワモンアザラシ、アゴヒゲアザラシなどが頻繁に姿を現すが、猟師たちによると昨年から動物たちの姿が見られなくなったという。

地元ヌナブト準州(Nunavut)のポール・クアッサ(Paul Quassa)議員は、「動物がまったくいなくなった」と述べ、異音が原因との見方を示した。

最初に異音を報告した猟師らと共に現場を視察したクアッサ議員によると、正体が何であれ、音は「海底から聞こえ」、また大きかったという。

カナダ軍は昨年11月、センサー装置を搭載した哨戒機を出動させたが、異音は確認されなかった。しかしイヌイットからの懸念の声を受け、軍は音響の専門家2人を現地に派遣し、今月25日から2月2日まで実施される予備役兵によるパトロールに参加させるという。【翻訳編集】 AFPBB News